« Amazonの新サービス「ビデオ販売」画面ショット流出 | メイン | パスポート1冊に1600万円って! »

WritelyでMovableTypeに投稿

Googleが買収したオンラインワープロソフトの「Writely 」が、最近になって新規ユーザの登録が可能になりました。

Writelyは以前に触ったことがあったのですが、そのときよりも心なしか軽快に動く気がします。

と、編集画面の上部に「Blog」の文字が。どうやらここで編集した内容を直接ブログへ投稿できるようです(多分前からできていたんでしょうが、今更気が付きました)。

これは便利かも、ということでやってみることに。

Writelyの編集画面で、上部タブの「Blog」をクリックして設定画面を開きます。

僕のブログはMovableTypeなんで、MovableType APIを選択して、サーバのmt-xmlrpc.cgiへのURLを入力。

ユーザIDにブログの投稿者のIDを、そしてパスワードには、ブログへのログインパスワードではなくて、MovableTypeの編集画面で、「投稿者」→「ユーザ名」の「Webサービスのパスワード」を入力します。(※非表示になっているので、新たにパスワードを設定するか、入力欄横の「内容を表示」で確認してください)

ここで、複数のブログを持っている人はブログIDを入力すれば良いらしいのですが、ここで躓きました。

何度設定しても、自分の希望したブログへ記事が反映されません。かならずブログIDが「1」のブログへ投稿されてしまいます。

もう少し詳しく調べようかと思ったんですが、今日はタイムアップで断念。

ただ、書いたものをHTMLに出力できるようなので、装飾に凝った文章を書きたいときは、Writelyで編集して、HTMLソースを貼り付け、というフローでしばらく頑張ろうかと思います。

テキストエディタだと味気ないし、かといってWORDを使うにはToo Muchな文章を作成するときに重宝しそうです。

コメント (2)

Anonymous:

最近、Solodox(http://www.solodox.com)というサイトを知りました。Writelyと似ていますが、日本語を対応しているようです。早速使ってみましたが、Writelyとあまり変わらないような気がしますが。

ちょうどGIGAZINEでも取り上げられていましたね。

プロジェクト管理可能な日本語対応オンラインワープロ「solodox」 - GIGAZINE

writelyはGoogle spreadsheetsと統合され、Google Docs and spreadsheetsというサービスになりました。
操作感はそれほど大きく変わらないと思うので、Googleブランドが好きな人はGoogle D&Sを、プロジェクト管理機能を使いたい人はsolodoxを使えば良いのではないでしょうか。

最近の記事では、Googleはユーザのデータを人質に取るようなことはしないというような発言をしているので、Google D&Sを利用して、気に入らなかったらデータをsolodoxに移行するというのも手かと。