« 金額に反比例する信用 | メイン | ホワイトカラー・エグゼンプション »

「Google Apps for Your Domain」の今後

グーグルに聞く、企業向けサービス「Google Apps for Your Domain」の今後 - CNET Japan

<関連エントリ>
「Google Apps for Your Domain」で見え隠れするGoogleの戦略

思った通り、「Writely」や「Spreadsheets」のサービスの展開も考えているようですね。

この手の「無償」サービスは、サポートが手ぬるかったりするのですが、果たしてGoogleはどうなんでしょうか。

「無償」でのサポートが良すぎると、有償にするメリットがあまり感じられませんし、かといってサポートをおろそかにすると叩かれますからねぇ。その辺のさじ加減が難しいところでしょうか。

「有償」版の特典としてシングルサインオンを予定しているようですが、これは便利そうですね。いちいちユーザ名とパスワードを入力するのは手間ですから。

そういえばもうすぐWindows Vistaが発売され、それに合わせて新しいバージョンのOfficeも発売されます。この時点で、「Writely」や「Spreadsheets」の完成度が今よりも高いものになっているのならば、もしかすると思っている以上に多くのユーザがGoogleユーザになっちゃうかもしれません。

この業界の勢力マップがどうなっていくのか想像するだけでわくわくします。

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 「Google Apps for Your Domain」の今後:

» グーグル、企業向け統合ソフトでマイクロソフトと対決 送信元 IT羅針盤--Googleに挑む
 グーグルは企業向けに提供すると発表した新ソフトウエアサービス、「グーグル・アップス・フォー・ユア・ドメイン(Google Apps for Your D... [詳しくはこちら]