« しょうもないことですが・・・。 | メイン | 日曜プログラミング »

悪魔に心を売っても納期を守る!帳尻あわせの裏技術/Tech総研

悪魔に心を売っても納期を守る!帳尻あわせの裏技術/Tech総研

納期を守るための裏技(?)集です。

「分割リリースにする」「正常系のテストしか行わない」「べた書きソース」と、デスマPJにありがちな項目がずらり。ニワトリと卵の話じゃありませんが、こんなことをするからデスマになるのか、デスマだからこうなるのか。

僕は大手SI会社に勤めてるので、こういう現場をいくつか知ってます。僕の会社だけじゃなかったんだなぁと安心する反面、この状況をうまく回避する決定的な方法がないことに無力感を覚えたりも。

コメント (4)

なにが原因でデスマってるのか?どうしたら改善できるのか?という分析って言わずもがな、大切な最初の一歩だと思うけど、どうでしょ?じゃなきゃいつまでも徒労ですよ。

難しいのは、デスマってるPJは登場人物が多いこと。
少人数のPJが上手く行くのは、意思統一がしやすいからだと思うんだよね。
デスマってると、みんな疲弊しているし、その場をやりくりするだけで精一杯(と考えているよう)な人が多いから、現状を分析して改善しようとするのって半端なく難しいよ。
分析まではできても、色々なことを変えて行くには相当なパワーを要するからね。
はぶさんのページでは、「デスマはある意味産業だ」みたいなことが書いてあって、それはある意味真実だよなぁと思ったり。
あ、でもデスマはデスマのままで良いと言っている訳じゃないよ。
やっぱものごとは良い方に倒していかないとね。

icchi:

ふぅ~やっと帰ってきた。

そもそも改善が簡単だったら、デスマることも少ないかもね。
しかも一人が頑張ったところでどうにもならないのがデスマ(逆にノイローゼになる、危険あり)。
だけど、2年も3年もデスマってるプロジェクトがあるとすれば(あるとすればね)、やっぱり異常かな。
そんなのやる暇ない!というのは当然わかる。
一人や二人から始まるものではなく、組織的な手当てが必要なんだと思うな。

遅かったねぇ。お疲れ様です。

デスマっている人たちにその状況を改善しろと言っても大変だよね。
外部から色々とフォローしてあげるといいんだろうけど、それはそれで内部の人からは余計なお世話と取られかねないし。
難しいねぇ。