« IP電話は次のMashupの主役となるのか? | メイン | 辞書2.0 »

HD DVDの奥の手?

片面からHD DVDとDVDを読み取れる3層構造の再生専用ディスク--東芝などが開発 - CNET Japan

東芝がHD DVD媒体の新技術を発表しました。

1枚のDVDに3層のデータを持たせ、2層をHD DVDに1層をDVDに割り当てたり、逆に1層をHD DVDに2層をDVDに割り当てることが可能だとか。

しかも、今のDVDの製造ラインを大きく変更しなくても製造することが可能なようです。

これって結構すごいこと何じゃないかと思うんです。

例えば、今のDVDって、普通のテレビだと全然普通に観られるんですが、ハイビジョンテレビで観ると結構荒く映っちゃいます。ハイビジョンでも綺麗に観られるようにするには、HD DVDかBlue-Rayディスクでメディアを作れば良いのですが、DVDがこれだけ普及してしまっている今、わざわざハイビジョン用のメディアを作っても、なかなか売れないんじゃないかと思うのです。

そこに、1枚で普通のテレビ用とハイビジョン用の2つのデータを持つディスクが登場すれば、どうなるか。

DVDの買い換えを見越している人は、これらのディスクを買っていくんじゃないかなぁと。

ソフトの方から攻めていけば、先々シェアがなくなる危険性はかなり減るわけです。

東芝さん、なかなか面白いところに目を付けました。

個人的にはBlue-Rayを推していたんですが、これでまた分からなくなりました。