« ソーシャル検索の向かう先は? | メイン | VOX利用レポート ――― 「今日の質問」編 »

簡単にエフェクト

変わるYouTube映像、ポストプロダクションを意識し始めたクリエーターたち - CNET Japan

i d e a * i d e a - 写真を遊び倒す!ための26の小粋なツール


YouTubeのような動画共有サイトの流行で、動画に対して特殊効果を加えるような編集ソフトが注目されているというCNETのコラムと、画像をWebにアップすることで、切手風にしたりマンガのような吹き出しをつけたりできるサービスを紹介しているi d e a * i d e a の記事です。

i d e a * i d e aの記事は、デジタルカメラが一般的になり、かつブログやflickrのような写真共有サイトの登場で、ただ写真を撮るだけじゃなくて、撮った写真をおもしろく加工したいというユーザの要求に従って誕生したサービスで、まさしくCGMの申し子といった感じです。

Photoshopのような複雑なアプリケーションの操作を覚えなくても良いという点がポイントですね。

これと同じように、動画に対してエフェクトをかけるというサービスがそのうち登場するかもしれません。

複数のファイルをアップロードすると、つなげて1つのファイルにしてくれたり、昔の映画のようなフィルム調のエフェクトをかけてくれたり。

写真と違って動くものなので、「どこからどこまでエフェクトをかける」という処理が難しそうですが、昨今のWebのサービスの進化具合を見るに、1年後くらいには登場してそうです。