« VOX利用レポート ――― 「今日の質問」編 | メイン | 米アマゾンが動画の配信サービス開始 »

定年を迎える団塊世代を狙い打つ

「50、60はハナタレ小僧」--アクティブシニアを対象にした「小僧SNS」本格開始へ - CNET Japan

小僧.com

2007年問題なんて騒がれている、2007年に一斉に定年を迎える団塊の世代。

仕事熱心で、家庭も顧みず、って人が多いのがこの世代の特長ではないでしょうか。

仕事熱心だった人が、定年を迎えて暇になったらどうなってしまうのか。

自分の親のことを考えるとぞっとしてしまいますが、やることがなくてぼーっと毎日を過ごして、段々とボケが入ってしまう、なんてことにはなって欲しくないですよね。

最近の世間の動向から察するに、多くの人が「パソコンでも」とインターネットの世界に飛び出して行くのではないかと思います。会社ではヤフーやMSNのページだけだった、という人が、コミュニティを求めてサービスを利用する。そんな想定の元に、50代、60代向けのSNSとしてスタートしたのが「小僧.com」。

まあ、狙い的には「あり」なのかなぁと思います。

無料会員と有料会員があって、有料会員は月1050円、もしくは年10500円で、以下のようなサービスが追加で受けられるとか。

<サイトより引用>
・ 小僧comの主催するイベントに限定参加もしくはご優待!また、参加費も会員価格に!
・ 小僧comインターネットショッピングも会員価格に!また、限定販売や優待販売も!
・ オリジナルホームページ制作サービスを利用できます!
<ここまで>

この辺の料金設定や、サービスメニューのラインナップも、なかなかポイントをついていそうです。

これからますます増えていく「老人向けサービス」の代表格となれるのか。今後の動向に注目です。

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 定年を迎える団塊世代を狙い打つ:

» シニアへのアプローチ 送信元 BestDesign.org
こちらのサイトは50代・60代を対象とした ソーシャルネットワーキングサービスです。 [詳しくはこちら]

» 家族を大切にd(゚ー゚*)ネッ! 送信元 『団塊の世代』の研究ブログ
仕事をバリバリこなし、 そして家庭よりも仕事・・・・。 そんな生活がメインだったのでは? 2007年から始まる【団塊の世代】の一斉退職、 転職... [詳しくはこちら]