« 簡単にエフェクト | メイン | 定年を迎える団塊世代を狙い打つ »

VOX利用レポート ――― 「今日の質問」編

シックス・アパート社の次世代ブログサービス「VOX」の招待状が届いたので、早速アカウントを作ってみました。

VOXとはブログとSNSの良いとこ取りのサービス。

事前の情報で「これは良いな」と思ったのが「今日の質問」という機能でした。

なにはともあれ、まずはこの「今日の質問」機能を使ってみることにします。

※以下の写真はクリックするとポップアップで大きな画像が見られます。


↑VOXのトップページです。

ここにお目当ての「今日の質問」があります。

画面右の青いエリアが「今日の質問」です。

「本を書くとしたらどういう本を書きますか?」という質問に回答します。

「回答」ボタンをクリックすると、下の画面が表示されます。

↑VOXの投稿ページです。

「今日の質問」の「回答」ボタンから遷移してきたので、タイトル欄には「QtoD:処女作」、本文欄には「本を書くとしたらどういう本を書きますか?」の文字があらかじめ入力されています。これらの文字は変更することができます。

さらに、この記事のタグとして、「私の本」「my book」「今日の質問」「QtoD」のタグがデフォルトで指定されています。マウスカーソルをそれぞれのタグの上に移動すると、「×」マークがタグの横に表示され、これをクリックすることで、そのシステム設定のタグは利用しないという指定ができます。

投稿欄の特長として、記事の公開範囲とコメント許可範囲、そして検索対象に含めるかどうか、という設定ができます。

記事毎にこれらの設定をできるところが一番の特長で、「友達だけに公開したいことはSNSで、それ以外はブログで」なんて使い分けをしなくても大丈夫のようです。

というわけで、質問に対する回答を入力して、「保存」ボタンを押下します。

↑「成功」ということで、無事に保存ができました。

↑ブログの表示はこのようになります。

プロフィールやご近所さん情報が表示されるのがSNSっぽいです。

もちろんプロフィールも細かく公開範囲の設定ができます。例えば、Yahoo!IDは全体に公開してOKで、Google talkは友達まで、のように。

また、Ajaxを利用したU/Iがいたるところに採用されていて、上のイメージにあるように、タグの上にマウスカーソルを合わせると、「VOXでこのタグを検索」として、検索対象に記事やフォトなどを選択できるコントロールが表示されます。

「今日の質問」に対して回答するだけで気軽にエントリーが増やせ、かつ、質問に答えることで自分自身のプロフィールができあがっていくという過程はなかなか魅力的。

ヒットの予感がします。