« がっちりマンデーにGoogle登場 | メイン | QRコード使います? »

Googleの3年後を予測する

ここのところずっとGoogleのことばかり追いかけているので、たまにはちょっと未来のGoogleのことを考えてみようかと。

検索サービスに始まり、ブログ、地図、広告、さらにはワープロ、表計算ソフトと、実に色々なサービスを展開しています。3年前にはちょっと想像がつかないくらいの壮絶な進歩具合。

それでもやっぱり軸はあって、今は「全ての知識をGoogleに」的な知識の集約系のサービスであると言えます。

じゃあ、こうやって集めた情報・知識をどうするのか。

今から3年後は、"Google Future Search"とか登場しているんじゃなかろうかと。

"value oil 3hours later"とか入力して検索すると「3時間後の原油の価格」を予想して計算してくれたりとか。

"population world 5years later"と入力して検索すると「5年後の世界の人口」を予想してくれたりとか。

"weather 2010.5.15 tokyo"と入力して検索すると、2010年5月5日の東京の天気を予想してくれたりとか。

集めた情報を元に次の情報を産み出す、みたいなことになってるんじゃないかなぁ。

昨日のエントリじゃないけど、ますますGoogleで働いてみたくなってきたなぁ。