« これからのテレビCM | メイン | GoogleがYouTubeを買収!? »

同じ幕末に例えても

先日、「幕末と最近のIT業界」というエントリの中で、Web2.0の波が来ている最近のIT業界を日本史の幕末に例えたばかりなのですが、僕の会社の偉い人も社内イベントの挨拶で同じように、最近の業界動向を幕末に例えていました。

といっても、例え方が微妙に違っていて、インドやベトナム、中国と言った安くてITに強い労働力が自分たちの市場に進出してきていることを「黒船」と例え、これら「黒船」に代表される外国と戦っていかなければならない、という論調でした。

会社の経営者が、「黒船」来航時の幕府の偉い人と同じような考え方をしているのが可笑しかったです。

今後一転して、「海外の勢力と手を結んで」と開国論調になり、社内の保守勢力と争いを繰り広げていくんでしょうか。まあ、そんなに気骨のある人間はあまりいませんから、そんなことにはならないんでしょうけど。

同じ時代で同じ業界にいても、立場が違えば状況の見え方が全く違うんだなぁと思った次第です。