« パスワード管理サービスが流行るかも? | メイン | 番号ポータビリティ対策の陰で »

米国で映画のダウンロード販売が急伸

米国 映画DVD消滅!? ダウンロード販売が急伸 - CNET Japan

アメリカのiTuneで始まった映画のダウンロード販売がDVD業界にプレッシャーを与えているようです。

記事を読むと、DVD販売が如何に利ざやが薄く、時には逆ざやも覚悟しなければならない薄利多売な商売かということが分かります。そういうところに格安でお手軽なダウンロード販売が始まったら、確かに打撃は大きいですよね。

この流れを読んで米Amazonでも、ドラマを中心とした映像コンテンツのダウンロード販売を展開したのでしょう。

さて、これと同じ事が日本でも起こりうるのかどうか。

日本はアメリカと違って、街がこぶりだし、身近な店にDVDが置いてあるので、お店で買っても手間的にはそれほど変わらないかと。あと日本人独特の物質的なものに執着するという性質があるので、それほど大きな変化はないのかなぁと思っています。

とはいえ、僕(20代後半)の下の世代は、ケータイで1曲300円も出して楽曲をダウンロードするような世代ですから、映画もダウンロードで見るというのが当たり前になるのかもしれません。

その頃はアップルの隠し球「iTV」(パソコンでインターネットからダウンロードした映像コンテンツをテレビで見るシステム)が登場していれば、よりその可能性は高まりそうです。