« くだらない会議の処方箋 | メイン | 視力回復マッサージ »

仕事で使う情報を検索する

ITmedia Biz.ID:仕事で使う情報が多過ぎると感じる社員は3分の2――米調査

企業ユーザー135人を対象に実施したこの調査では、デスクトップ検索ツールを利用している人は95%に上ったものの、それでも4人に1人は、週のうち5時間以上を情報検索に費やしているという。また、必要な情報を得るためにドキュメントのリポジトリ(保管場所)を5カ所以上探している人が約半数に上った。

抱えている悩みはどこも同じなんですね。

うちの会社でも、情報があちこちに散らばっていて、検索にものすごく時間がかかります。

特にいけていないのが、Notes。DBを探すだけでも時間がかかるし、検索機能が添付ファイルの中身まで見てくれないので、なかなか目的のものが見つかりません。

こういう場合って、Googleの検索サーバとGoogleデスクトップを導入してくれるだけでも格段に違うと思うんですけどね。

Googleデスクトップ単体でもかなり強力ですが、やはりサーバ側のインデックスを持っていた方がより効率が良さそうですし、Notesに添付されたファイルとかも探してくれそうです。

便利なものならさくっと導入すれば良いじゃんって話なんですが、会社もそこそこ大きくなると、そういう判断をするのが遅くなりがちです。願わくば、Googleサーバの導入事例がどんどん増えて、僕の会社でも「じゃあ、うちもやるか」と重い腰を上げるだけの実績が早くできあがって欲しいものです。