« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月 アーカイブ

2006年11月30日

Google spreadsheetsのGoogleLookup関数とWebページへのembedを試してみる

ITmedia Biz.ID:Google Docs & Spreadsheetsの5つの新機能を試す

Google spreadsheetsの新機能のうち、GoogleLookup関数とWebページへのembedを試してみました。

↓こちらが、GoogleLookup関数で計算しているシート(セル)をembedしているものです。


(※「東京の人口」と指定しても、日本の人口が出てしまっているようです)


GoogleLookup関数は、結構面白いです。

まだ英語版のほんの少しのデータしかないので、使い所は限られますが、応用次第ではかなりおもしろい使い方が出来る予感がします。

また、embed機能を利用することで、その利用価値はかなり高まりそう。

GoogleLookup関数は、GoogleLookup("人名","属性")という使い方ができるんですが、GoogleLookup("Ichiro Suzuki","batting average")とか書いてイチローの打率をページに表示したりできちゃうわけです。(実際に試してみましたが、この値は登録されていませんでした)

しばらく遊んでみようかな。

2006年11月29日

改善 or not ?

余剰人員2300人…“トヨタ方式”じわり浸透 郵政公社-ITニュース:イザ!

「改善」するのは難しい (でぃべろっぱーず・さいど)」で書いたトヨタ方式の郵政公社への導入結果の報告があったようです。

郵便区分けや配達作業などの基本動作に加え、局内レイアウトの見直しなどで、最も忙しい年賀状シーズンだけをみると生産性は約20%も向上。平成17年度は約30億円のコスト削減効果があったという。

ということですが、「最も忙しいシーズンだけ」を見ない場合はどうなるんでしょうか。平成17年度の30億円のコスト削減効果も、全体の額が分からないとなんとも評価しようがないですね。

ただ気になるのが、「ただ、余剰人員は生産方式を伝授する専門指導係に配置され、実際の人件費削減は進んでいない」というところ。

結局、働く部署が変わっただけだったら、実はあまり改善されている部分はないんじゃないかと。

報告で挙げられている数字も、色々なところの数字をやりくりした結果何じゃないかと疑ってしまいます。

無駄をなくして、効率を高めようという動きは素晴らしいので、これが正直な報告であることを願います。

2006年11月28日

バグを指摘されたときは

Geekなぺーじ:バグを指摘されたプログラマの返答ベスト20

バグを指摘されたときのベタな返答集だそうです。

1位が「私の環境では動作する」というのは納得。僕も良く聞きますし、良く言ってました。

デスマってるPJで僕が聞いたことあるのは、

「その程度はバグじゃない」

「そんなバグよりもっと大事なバグを見つけてくれ」

「とりあえずバグ票書いておいて」

「・・・はぁ(ため息)」

「そのバグは直しました!(怒)」

こんな感じですかね。

人は失敗したときにこそ本性が出ると言いますから、プログラマの方はバグを指摘されたときの作法を身につけておいた方が良いかもしれませんね。

2006年11月27日

モチベーションが高いうちに

ITmedia Biz.ID:「1人で作るなら、一気にやるのが重要」SimpleAPI・伊藤まさおさん

「モチベーションに関して重要なのは、まず『モチベーションは長く続かない』と意識することではないでしょうか。『あ、作りたいな』と思っても、しばらく経ったら人は飽きてしまう」

確かにその通り。「こんなアプリ作りたいなぁー」とぼーっと仕様を考えていると、作りたい熱がどんどん高まっていくんですが、ある時期を過ぎると急速に作りたい熱が冷めていくのを、僕も何度か経験しています。

思い立ったが吉日とばかりに、とりあえず手を動かした方が、新しい技術や知識を身につけることができて楽しいです。

とはいえ、仕様を考えるちょっとした「タメ」の時間も必要かなと。「タメ」の時間を過ぎてもまだ作りたい熱が冷めないものはGO、冷めちゃったものはアイデアのメモを残してしばらく寝かす、ということをしています。これは何かのサービスを作るということではなく、何か新しいことを始めるときにも当てはめているメソッドです。

この「タメ」の時間の感覚は、経験でしか掴めないので、人に説明するのが難しいのですが。

2006年11月26日

徹夜はやっぱりしちゃいけない

小野和俊のブログ:徹夜をしてはいけない理由

だいぶ前のエントリですが、面白かったので。

徹夜をしてはいけない理由が書かれています。

「個人の精神的症状」のところがよーく分かります。

・恩着せがましくなる
例: 朝のミーティングで「先ほどやっと完成しました」

・先のことを考えている人間に対する怒りが芽生える
例: 「そんなこと言っている時間があったらちょっとは手伝ってよ」

・被害者意識を持つ
例: 「この会社でまともに仕事している人間は自分しかいないわけですから」

確かにそうなんですよね。徹夜して脳の活動が弱くなっていくと、視野と心がが狭くなっちゃうんですよね。で、最後はグチグチと恨み言を言うようになって。

徹夜でやらなきゃいけないときもありますが、それはあくまで最終手段と思わないといけませんね。

2006年11月25日

Plaggerの実行環境を構築する際の注意点

Plaggerに手を出すべきかどうか (でぃべろっぱーず・さいど)」で書いたとおりPlaggerを試してみることにしました。

で、WindowsのActivePerlの環境構築をする際に詰まってしまった点があったので、注意点としてメモ。

僕がインストールしようとした時点の最新のバージョンが"5.8.8.819"だったのですが、このバージョンだと「Charsbar::Note - PlaggerをWindowsにインストールするときの注意点」に書かれているようなrepositryの操作ができません。

Plaggerを利用する環境を作る場合は、Index of /ActivePerl/Windows/5.8から5.8.8.817以下の(というかずばりこのバージョンの)ActivePerlをインストールして使うようにしましょう。

いやはやまさかppmがGUIメインになり、repコマンドからupの操作がなくなっているとは思いませんでした。

2006年11月24日

文字コードの解説

404 Blog Not Found:Unicodeは文字集合か符号化方式か

小飼弾氏が文字コードについて解説されています。

僕の職場でもIT企業であるにも関わらず(というかこういう場所でしか話題に出ないか)、UnicodeとUTF-8を混同して使う人多いんですよね。まあ僕もその一人だったんですが。

勉強になりました。ちょうど仕事で多国語対応の話が出ていたので、タイミング良かったです。

電脳社会の日本語」読んでみようと思います。

電脳社会の日本語
電脳社会の日本語
posted with amazlet on 06.11.25
加藤 弘一
文藝春秋
売り上げランキング: 3008

2006年11月23日

電子ブック

ワーズギア、書籍や動画などが楽しめる文庫本サイズの読書端末を発売 - CNET Japan

動画や音楽も楽しめる読書端末が発売されるそうです。

商品に連動したサイト「WordsGear(ワーズギア)で始まる『最強☆読書生活』」も公開され(しかもタレントが真鍋かをりという周到さ)、なかなか楽しそう。

本好きな僕としては結構魅力的な商品だったりします。

本って買った後かさばるのが難点なんですよね。あと、ハードカバーの本は持ち運びも大変だし。

これで価格が安かったら良いんですけど、41,790円ってのはちょっと高めですよねぇ。この価格ならPSP買っちゃいますよ。

あと、ソフト(本)の価格も、紙媒体のものとそれほど変わらないのもいけてない点の一つ。

映画がVHSからDVDに変わったとき劇的に価格が下がったように、本もそれくらいの価格の変更があった方が利用者をひきつけることができるはずなんですけどね。まぁ、映画などの映像メディアに比べてデータ量が少ないので、複製、海賊版の心配はより大きいってのもかんけいしているんでしょう。

ひとまずネットでの評判を待つことにします。

2006年11月22日

GooglePageCreatorを使ってみた

ITmedia Biz.ID:Google Page Creatorに新機能

Google Page Creatorに新機能が追加され、Googleアカウント名以外のページ名も最大5つまで使えるようになったので、試しにページを作ってみました(これまではGoogleアカウントのアカウント名がページ名になっていたので、なんとなく使ってませんでした)。

もう一つのブログに最近「オイルヒーター」で検索してくる人が多くなったので、オイルヒーターのページを作ってみることに。

ページ名「oilheater」はすんなり取得できました。

ページは「home」というページがデフォルトで作成されていて、どんどんページを追加していく形になるんですが、注意点が一つ。ページを作成する際に日本語を入力すると、URLエンコーディングされたページ名になり、ページ名が長くなってしまいます。ページ名が長くなりすぎると、ページの編集画面のデザインが崩れてしまうので、「英語名でページを作成」→「ページの編集画面でページタイトルを日本語に変更」で、日本語のページでもURLを短くすることができます。

GoogleAdSenseのJavaScriptやGoogleAnalyticsのコードもちゃんと貼ることができました(HTML編集モードで)。

ただ、使用感が若干重たいのが気になるところ。FireFox2.0を使って編集していましたが、途中で落ちちゃいましたし。

↓作ってみたページはこちら。

oilheater - オイルヒーターについてのあれこれ Everything about oil-heater

適当に作った割にはそれっぽくなりました。

2006年11月21日

Plaggerに手を出すべきかどうか

一足早く「Plagger」の便利さを実感してみよう - @IT

このPlaggerの記事を読んで、巷で話題のPlaggerとやらにちょっと手を出してみようかなと思いました。

ちょうど、「週刊アスキーの最新号の内容を配信してくれるRSSがないかなぁ」と探していたところだったので、このPlaggerを使って、週刊アスキーのホームページ(ブログではない)の内容をRSSフィードに変換しようかと。

しげふみメモ:Windowsで簡単にPlaggerをインストールする方法
Charsbar::Note - PlaggerをWindowsにインストールするときの注意点

上記のページを確認しつつ、ActivePerlのインストールをしたところで、RSSリーダに次のような記事が飛び込んできました。

ITmedia Biz.ID:好きなサイトのRSSを作れる――「gooフィードメーカー」

おっと、これはまさしく今作ろうとしていたものじゃありませんか。

うーむ、gooは良いところに目を付けましたね。

要ははてなの「アンテナ」をRSSに拡張したものなんでしょうが、上手く使うととても便利な気がしてなりません。

はて、とりかかったPlaggerは一旦最後までやり遂げるべきか、それともgooフィードメーカーを使いこなす道を選ぶか。難しいところです。

2006年11月20日

ブログに書いたコメントを記録する

ブログにつけたコメントの「その後」がわかるcoComment - CNET Japan


ブログにコメントを残したとき、そのコメントに返信がついたかどうかは気になるところ。

でも、多くのブログにコメントを残す人は、このコメントを追うのだけでも大変です。

そんなとき役立ちそうなサービスが、「coComment」。

ブログにコメントを残したときに、FireFoxのプラグインやブックマークレットを利用して記録を残すことで、自分が書いたコメントを一元管理することができ、返信の通知もやってくれるそうです。

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)では同様の機能があるが、ブログを対象としているのは国内初という。

たしかに、mixiなどを利用しているライトユーザの多くは、コメントの履歴機能をかなり重宝しているはず。SNSの利用者が増えているのは、案外こういうちょっとした機能の利便性が高いからかもしれません。

これで、返信の記録とかもRSSフィードで出してくれれば、RSSリーダ一つで、ブログの閲覧管理とコメント管理ができて便利なんだけどなぁ。こういうときこそPlaggerの出番なんでしょうか。

2006年11月19日

Webページをぴったり印刷する

ITmedia Biz.ID:Webページをぴったり印刷できるソフト ソースネクストから

ソースネクストから、Webページをページの端で印刷が切れることなく印刷してくれるソフトが発売されるようです。

昨日詳細はこちら(ソースネクスト:ぴったりホームページ印刷)のソースネクストのホームページでどうぞ。

複数のページを1枚のページに収めたり、印刷設定したファイルを友達にも送れるというのはなかなかよさげ。

会社か家のどちらかでソフトを購入して、印刷する方へページを送信すれば、2つソフトを買う必要がないというのは嬉しいですね。

価格も1,980円とそれほど高くないのも魅力。

調査等でWebページを印刷する機会の多い人や会社は勝手損はないんじゃないでしょうか。

ぴったりホームページ印刷 (説明扉付きスリムパッケージ版)
ソースネクスト (2006/12/15)
売り上げランキング: 1360

2006年11月18日

ウェブインデックス作成機能の共通化

グーグル、ヤフー、MSが提携--ウェブインデックス作成機能を共通化へ - CNET Japan


Google sitemapのプロトコルを、YahooやMSでも採用するというお話。

最近は何かと対立の構図ばかりが報道されていますが、こういうユーザにとってありがたい話もあるんですね。

「Google、Yahoo、Microsoftは本日、「Sitemaps 0.90」のサポートを発表した。これは検索エンジンのウェブ巡回プロセスを向上させるための、初めてのオープンな取り組みである。ウェブサイトの所有者は自分のウェブサイトに関する情報を検索エンジンに通知し、これまでより包括的かつ効率的にインデックスに情報を無料登録できる。その結果、検索インデックスへの登録内容もより適切なものになっていく。一方、利用者には、品質がより高くて、より新しい検索結果を提供できるようになる」

Googleにとっては、自身がYahooやMSから一歩先を行っていると自負している検索の分野の情報を提供するわけで、いわば敵に塩を送るような形になり、この気前の良さはちょっと驚いてしまいます。

ブルーレイ、HD-DVDで規格争いをしている次世代DVDの分野も同じような動きを見せて欲しいですね。

2006年11月17日

機内でもiPodを

機内でも「My iPod」どうぞ 航空6社が対応サービス-ITニュース:イザ!

アップル・コンピュータと、航空6社(ユナイテッド、デルタ、コンチネンタル、エールフランス、エミレーツ、KLMオランダ)が提携して、機内でもiPodが利用できるようになるようです。

日本の航空会社も対応して欲しいですよね。

まあ日本人の場合、妙に理屈っぽいところがありますから、「iPodはOKでZune(或いはSonyのネットワークウォークマン)はなんで駄目なんだ!」と言ってごねて、飛行機の出発を遅らせる乗客とか出てきそうですけど。

こういう対応ができるなら、機内でPlaystationやゲームボーイなどのゲームも出来るようにしたら良いのに。

機内での電子機器の利用が制限されているのは「航空機器に影響を与えるおそれがあるため」なんですけど、本当に影響を与えることがあるんでしょうか。「おそれがある」程度だったら、何度も実験・検証をして、問題がない(或いは「ある」でも)ことを確認して欲しいです。

2006年11月16日

インターネットの従量課金?

コスト誰が負担? ネット回線拡充に業界悲鳴-ITニュース:イザ!

最近の動画ブームでネット回線がパンクしているとか。

確かにこの半年で、YouTubeを始めとした動画サービスが人気を博し、ヘビーユーザだけでなく、一般のライトユーザもネットで動画を見るのが当たり前になっています。

そうした動画のストリーミング配信がネットワーク上を多数流れることで、ネットワークがパンクしかけているとか。


 こうした中、事業者の負担にとどまらず、利用者への料金転嫁論議も浮上している。個人で映像配信などを行うヘビーユーザーから利用対価を徴収するもので、従量課金制の議論も行われる見通しだ。オブザーバー参加メンバーであるIIJの鈴木幸一社長も「電力料金も10アンペアと50アンペアで基本料金が違う」と指摘しており、定額料金の見直しに前向きだ。


従量課金はやってほしくないですが、そもそもこの問題は従量課金にしたところで解決する問題なのでしょうか。

ネットワーク回線の利用料金の負担が大きくなっているのと、回線がパンクしそうなのはまた別の話だと思うのですが。従量課金にしたら動画を見る人が減るとでも思ってるんでしょうかね。

それとも単に料金を値上げする口実にしようとしているのか。

2006年11月15日

GoogleMapsAPIとRico.js

GoogleMapsを使ったちょっとしたアプリを作っていたのですが、map上をクリックしたときに、マーカを表示して吹き出しも表示するところで、FireFoxだけでエラーが出てうまくいかず。

IEでは上手くいくので、色々と原因を探ってみたところ、結局、rico.jsの読み込みをなくしたら動くようになりました。

まあ、アプリ上で使ってなかったので、そんなもん読み込むなよって話ですが、JavaScriptは奥が深いですね。

2006年11月14日

コンセントからインターネットに

電力線通信いよいよ実用化 松下、国内初の家庭向け機器を発売-ITニュース:イザ!

だいぶ前から言われていた「電力線通信」がようやく実用化されるようです。

「実用化する」と言われてから結構長いこと時間が経ったので、僕の中では「リニアモーターカー」扱いになってましたよ。

コンセントだけでネットができるなんて素敵、と思っていたらどうやらそういう訳にもいかないようです。

海外では屋外の電線もPLCに利用し、電線を引くだけで高速ネットができるが、日本では屋内限定での解禁のため光ファイバーやADSL(非対称デジタル加入者線)に加入する必要がある。

光ファイバーやADSLに加入しないといけないんだったら、あんまり旨みがないなぁ。いや、家の中のネットワークの配線を今より自由にできるから良いのか? 外もPLCにするよりも、外は光の方が速度的にいけてるんでしょうか? 

まあ、一番のうりは、パソコン以外の家電製品がインターネットに接続して色々なサービスをやりやすくする、と言う点にあるんでしょうね。

思いつくままに挙げると、


  • 携帯からメールするだけで録画(もうある?)

  • 冷蔵庫の中身が少なくなるとメール

  • 冷蔵庫の中身をWebカメラで公開

  • 携帯から湯沸かし

  • 家に到着する10分前くらいに携帯から暖房/冷房をON


こんな感じでしょうか。

こんなサービスが実際に始まったとしても、使うかどうかは分かりませんが、なんとなくおもしろそう。

その分、セキュリティの問題もよりクローズアップされるので、メーカーは大変そうですね。

ノートンとかマカフィーとかは、家電用のセキュリティソフトとか作ったりするのかな。

2006年11月13日

GoogleEarthに時間軸を

≫ Google Earth in 4D | Googling Google | ZDNet.com
POLAR BEAR BLOG: 大江戸 Google Earth
404 Blog Not Found:4th Dimension of Google Earth

GoogleEarth上で古地図が見られるようになったそうです。

いいなぁ、こういう発想。またGoogleEarthを眺める時間が長くなりそうです。

どうせなら、時間軸をずらすことで、Map上にその時代に起きた歴史的な出来事がアニメーション(3Dキャラ)とかで表示できるようになれば良いのに。

最近なにかと話題の「必須科目」である世界史の授業に取り入れたりして。

僕も世界史を選択していたんですが、「ある国でこんな出来事が起きていた一方、こちらではどんなことが発生していたか?」系の問題にめっぽう弱かったんですよね。というのも、世界史の授業の半分過ぎるまで、歴史の出来事は教科書に登場する順番に起きたんだと思いこんでいたから。

当時、こういうツールがあれば、もっと楽しく覚えることができたかもしれません(言い訳か?)。

2006年11月12日

PS3の画質を見て思ったこと

PS3発売に盛り上がる、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaで、SCE佐伯雅司氏に聞く - CNET Japan

ちょっとした買い物のために、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaへ行ってきました。

用事を済ませた後、そういえばPlaystation TVなるものをテレビCMで放送していたなぁと思い、ゲームフロアまで足を運んでみました。

すると、ゲームコーナにPlaystation TVとして50型弱のテレビが3台並んでたんですが、その前には黒山の人だかりが。本体は売り切れていて買えやしないんですが、皆話題のPS3の画質を見ようと集まっているわけです。

で、遠巻きに見てみたんですが、確かに綺麗ですわ。

これはPS3のソフト開発技術が小慣れてきたらかなりスゴイ映像になるんじゃないかと思います。

ただね、気づいちゃいましたよ。

家の場合、PS3の前に、その画質を十分楽しめるだけのテレビが必要だと言うことに。

多分今の普通のテレビでプレイしても魅力半減ですわ。

あー、買う前に気づいて良かった。

ということで、PS3を入手するのはしばらく先の話になりそうです。

2006年11月11日

iBATIS

仕事でDBへのアクセエスにO/Rマッピングを使おうと言うことになって、色々と検討した挙げ句iBATISを使うことにしました。

O/Rマッピングと一口に言っても、実装の種類は結構たくさんあって、以下のような製品があります。

O/Rマッピングツール 特徴
iBATIS SQLMapsとDAOFrameworkという2つのフレームワークで構成されている。SQL文をマッピングファイルに記述する点が特徴。
Torque Generator(開発環境)とRuntime(実行環境)にモジュール分割されており、SQL文を記述せずにデータベースを操作することができる。
Hibernate 機能が豊富にあり、オブジェクトクエリ言語の「HQL」や、シンプルで扱いやすいAPIを提供する。
PriDE 軽量で、高速なO/Rマッピングツール。Active Recordパターン(エンティティがO/Rマッピングツールの基底クラスを継承する)に基づいているのが特徴)。
Cayenne データベースのエンティティをJavaのオブジェクトとして扱うことができ、GUIツールも提供している。
OJB クラス生成は行わず、すべてのマッピング情報をXMLファイルに定義し、その定義を参照しながらデータベースとやりとりを行う。
O/R Broker 開発者が外部の設定ファイルにSQL文を定義し、その設定ファイルを利用してデータベース・アクセスを行うタイプのO/Rマッピング・フレームワーク。
Mr. Persister 開発者がSQL文を使用してデータベースアクセスを行うタイプのO/Rマッピングツール。
(出典:[ThinkIT] 第1回:O/Rマッピングとは? (3/3)

この中で一番メジャーなのはHibernateだと思うんですが、今回はiBATISを選択しました。

というのも、やはりSQL文を記述しないというのは、結構リスクが高いと思うのです。

DBへのアクセスが頻繁に発生して、かつ利用ユーザ数も多いシステムであればあるほど、DB部分のチューニングが必要になってくるわけで、SQLを記述しないタイプのO/Rマッピングだと、後々のメンテナンスで痛い目にあいそうな気がしたからです。

で、SQLがXMLファイルに直接記述できるiBATISを選択したのですが、正解だったかなぁと思ってます。

今回の構築では、開発期間が短かったこともあり、さらりそしか使ってませんが、もう少しiBATISの勉強をして色々と良さを理解していきたいなぁと思いました。

難点を挙げるとするとまだ日本語のドキュメントがそれほどない点ですね。

O/Rマッピングでどの製品を使おうか迷っている方は、是非検討する製品の一つに加えてみてください。

2006年11月10日

Google VideoがYouTubeに負けたわけ

ユーチューブとGoogle Videoが明暗を分けた理由--グーグル幹部が明かす - CNET Japan

Googleの幹部Marissa Mayer氏がGoogle VideoがYouTubeに後れを取ってしまったわけを語ったようです。

その一番の理由はスピード感なのだとか。Google Videoでは当初、ユーザがUpした動画をチェックしてから公開していたが、YouTubeではそのプロセスがなく、投稿してすぐに見ることができたのが良かったようです。

このチェックのプロセスがないために、YouTubeは違法なアップロードで溢れかえり、そしてそのために、多くのユーザに利用されるようになりました。

YouTubeの成功を受けて、日本でも多くの動画共有サービスが始まりました。テレビ局などのマスコミの参入しています。

ただ、そういう著作権コンテンツを多く保有する会社のサービスは、やはり初期のGoogleVideo同様に、動画の内容を目でチェックして公開するところが多いようです。

コンテンツホルダーとしては、そういう姿勢を取った方が、自分自身の本業のビジネスを守ることになるわけですから、良いのでしょうが、一つのサービスとしてみたとき、やはりGoogle Videoと同じ道を辿るようなきがしてなりません。

今Webのサービスに求められているのは「スピード」だというGoogleの確信を、これからのサービス提供者は肝に銘じておくべきかもしれません(そんなこと言われなくても分かっているんでしょうけど)。

2006年11月 9日

Amazonで送料無料になるような商品を提示してくれるツール

あと一歩を埋める (Filter Item.com) | 100SHIKI.COM

Amazonで買い物をしていて「あと100円で送料無料になるのに・・・」とほぞを噛むことが良くあります。

だからといって、送料無料にするために1000円、2000円するものを買うのはばからしい・・・。そんなときに役立つのがFilete Item.comです。

送料無料になるまでの差額に近い価格の商品を検索してくれるという、かゆいところに手が届く系のサービスですね。(サイトにアクセスしたらなぜか「ページが見つかりません」というエラーが出てしまいますが)

というかこれ、Amazonがやったら良いんじゃないかなと。

「この商品を買った人は以下の商品を買っています」という商品紹介はありますが、ここに「以下の商品を買うと送料が無料になります」みたいなメッセージを出すとか。Amazonがそれをやっていないということは、このサービスを導入するとサイト全体として売上げが下がっちゃうのかもしれませんね。

つーか、これの日本版誰か作ってくれないかしら。誰も作ってくれなかったら自分で作っちゃうか。

2006年11月 8日

見た目で検索

画像認識技術のRiya、イメージ検索サービス「Like.com」をついに公開 - CNET Japan

Like Visual Search - Find things by Appearance with our new Likeness technology


画像情報を元に画像を検索するサービス"Like.com"のサービスが始まりました。

これまでの画像検索は、画像に紐づけられたテキストデータを検索していたのですが、これはそれに加えて画像の色や形を判断して検索してくれるのだそうです。

早速検索してみました。

TOPページの下部にセレブの写真があり、その一部(バッグや靴)が四角で囲われてクリックできるようになっています。ここをクリックすると、そのセレブのアイテムに似ている商品を検索してくれるのだそうです。

試しにトム・クルーズの靴を検索してみました。

画面の左側に、メインの靴が表示され、それに似た靴が一覧で表示されます。

その左側の靴の画像の上でドラッグすると、画像の一部を選択でき、この一部分に「色」や「形」が似ているものを絞り込んで検索できるようです。

僕は靴の金具の部分を選択して検索してみましたが、検索結果はスニーカーとか似てもにつかないものが表示されてしまいました。

アルファ版ということなので、まだまだシステム的な課題は多そうです。

ただ、ファッション関係のアイテムは、「この靴に似ていてもっと安いのがあれば」「こういう形のボタンがついた服が」といったように、見た目を基準にして検索したいというニーズは必ずあるはずなので、近い将来こういう方式の検索がスタンダードになっているかもしれません。

2006年11月 7日

「ハレール」で「サグール」をブログに。そして「ナゾール」で検索を。

チームラボBD、検索エンジン「SAGOOL」でブログパーツを公開 - CNET Japan

チームラボが、検索エンジン「SAGOOL」(サグール)をブログに貼り付けることができるブログパーツを発表しました。

SAGOOLは、独自のアルゴリズムにより、「おもろ」を基準に検索をしてくれる画期的な検索エンジンです。GoogleやYahoo!とはちょっと違った検索結果が表示されておもしろいです。

で、早速このエントリの下の方に貼ってみました。

優れものなのが、マウスでドラッグして文字列を選択状態(反転状態)にすると、自動的にその文字列で検索をしてくれるところ(ナゾール)。

試しに以下の言葉をマウスで反転させてみましょう。

サグール Web2.0 小泉純一郎 ファイナル・ファンタジー

ね? ちょっとおもしろいですよね。

ブログのサイドバーに貼り付けておけば、自分のブログで気になった言葉をささっと検索してもらえそうです。

まあ僕みたいにマウスで反転させながらエントリの内容を読んでいく人には、ちょっといらない機能かもしれませんが。


2006年11月 6日

ブラウザを2つ使う

IE7にfirefox2と新ブラウザが立て続けにリリースされています。

方々のサイトで、使い勝手や機能が比較されていますが、僕のオススメはずばり「2つ以上のブラウザを使う」です。

Google ReaderやGoogle Calendar、Gmail、Google docs & spreadsheetsなど常に表示しておきたいページはfirefoxで、それ以外のブラウザはIEで閲覧しています。

お気に入りの共有ができなくて困る、と言う方は、オンラインブックマークを活用しましょう。

ちなみにこのオンラインブックマークも複数のサービスを使い分けていて、Google Bookmarkは、常にGoogle personalized homeに表示しておきたいサイト(YouTubeやflickrなど)を登録して、deli.cio.usで色々なサイトをクリップしています。

この方法のメリットは、以下の通り。

  1. タブが増えることによって、重要なページ(RSSリーダとかメールとか)のタブが小さくなって埋もれてしまわない。
  2. 仕事場とプライベートでブックマークを共有できる。
  3. ブラウザが暴走したときの影響範囲を切り分けることができる

特にGoogleのサービスはfirefoxと相性が良いようなので、これだけでもずいぶん快適に作業できます。

ちなみに、第三のブラウザとしてOperaをアダルトサイト用に利用していることは内緒です。

2006年11月 5日

ロゴ当てクイズ

ロゴクイズ (Guess The Logo.com) | 100SHIKI.COM
正しいロゴを当てる「Which is the real logo?」 - GIGAZINE

Which is the real logo?

百式とGIGAZINEで紹介されていた正しいロゴを当てるサイトです。

サイトの説明はリンク先にあるので、そちらをご参照ください。

僕もやってみました。中には知らないサービスもあって、さすがにそれは分かりませんでしたが、GoogleやYahoo!など、なんとなく「これかなぁ」と思ったものがことごとく当たっていて、だいぶインターネットにすり込まれているなぁと実感。

これの日本版を作るとしたらどこのロゴになるんでしょうね。

Google日本版、Yahoo!Japan、後はHatenaとか、Jugemかな。なんかこうパンチの効いたサービスがあまり見あたらないのは寂しいですね。

2006年11月 4日

Fedora linux

インストール完全ガイド Fedora Core 6:ITpro

職場に開発・検証用としてPCを購入してもらいました。

で、そのOSとして、Linuxでもインストールしようかと同僚に相談したところ、教えてもらったのがこのFedora linuxです。

ネットからインストールCD用のデータをダウンロードしてCDを作成し、インストールしました。

全部で3G超、CD5枚分です(DVDなら1枚だったんですが、焼くのに失敗したのでCDにしました)。

いやー、最近のLinuxってすごいですね。

デザインとか格好良くてびっくりしました。インターネットを閲覧するだけならLinuxって選択肢も全然ありじゃんと。最近はブラウザ上でワープロも表計算もできちゃいますからね。

僕も次の買い換えはVISTAじゃなくてLinuxにしようかと一瞬思いましたが、妻と共用で使うことを考えるとWindowsにしておいた方が無難かもしれません。或いはデュアル・ブートに手を出すとか?

2006年11月 3日

勘違いされる用語

ハロプロを淡々と記録するよ: ny厨の母親が人生相談」というエントリで、パソコン用語を言葉通りに解釈して奇怪な解答を返した人生相談の相談係の話が紹介されています。

RKBラジオ@福岡でひきこもり人生相談やってるその中の内容の一つに
「息子が通販で漫画やCDを買っている(金はもちろん親持ち)」
「たまにタイトルと出版社を書いた紙を渡されて買いに走らされる」
「でもその漫画を読み終えるとすぐに「パソコンに入れる」などと言ってバラバラにしてしまう」
回答者
「漫画をバラバラにするというのは尋常じゃありません。
「パソコンに入れる」というのは現実世界とインターネットの世界が曖昧になっている傾向。
恐らくストレスと将来に対する不安から精神的恐慌状態に陥っています。
正直、領域外の事なのでカウンセラーに専門的な指導をしてもらうのをオススメします」

もしかすると、この相談員の解釈が当たっているかもしれませんが、その確率は0%に近いはず。

「『パソコンに入れる』などと言ってバラバラにしてしまう」のは、スキャナーで読み込んで画像データをパソコンに取り込むという意味でしょう。

こういう用語の取り違えなんて、色々な局面でありそうですが、例えば野球で「子供が金属の棒を持って外出しては、『見事に盗んだ』『刺して殺した』などと得意げな顔をしています」なんて相談がないのは、それだけメジャーだから。

年配の方々にとっては、パソコンの用語は、まだまだ道の領域なんでしょうね。

Tech総研では、街角で女子高生や女子大生にIT業界の用語の意味を聞いてまわり、その中の珍解答を紹介しています。

渋谷女子高生に直撃☆COBOLの意味わかりますか?/Tech総研
渋谷女子高生が新解釈☆モジュールはフランスの都市!!/Tech総研
お嬢様系女子大生を直撃☆SEの意味わかりますか?/Tech総研
渋谷女子高生が新解釈☆SQLはそんなクイズ楽勝の略!!/Tech総研

COBOLが「超・オレ・ブサイクだけど・おまえが・ラブ」とか、SQLが「そんな・クイズ・楽勝」という解釈は、ある種のセンスを感じます。

2006年11月 2日

ALPSLABの地図スクロール実験

地図上にルートを書いて、Flashでその道をなぞるようにマーカーが動いてくれる「ALPSLAB route」が話題を集めていますが、僕は「ALPSLAB scroll」の方がばかばかしくて好きです。

ALPSLAB scroll:Hammer」は、地図の上でマウスを円を描くように回すと、ハンマー投げの要領でマーカーを投げられるというもの。実用性はまったくもってありません。あ、いや、桃鉄みたいに、誰が何回で目的地まで到達できるかを競うようにすればおもしろいかも。

ALPSLAB scroll:on the road」なんて、地図の上をダブルクリックすると、自動で地図がスクロールして道を書いてくれるわけですよ。簡易ルートマップなんですかね。ちょっとした道順を調べたいときは便利かもしれません。

その他のちょっとしたアプリもユニークなものばかり。やっぱ地図って面白いです。

2006年11月 1日

要らないジョウ司

昨日の「要らないエンジニア」に引き続き、「要らないジョウ司」を考えてみました。

情司:困っていることを相談しても。「気持ちは分かるよ」「そうだよね」と同情するばかりで、何も解決策を出してくれない。
錠司:顔色が悪く、いつも大量のサプリメントや胃薬を飲んでいる。部下を管理する前に自分の体調管理ができていない。
剰司:部下の行動や発言にやたらと過剰に反応する。オーバーリアクションな割に、その後のフォローがない。
冗司:オヤジギャグばかり言っている。「あんたが上司だなんて冗談だろ」という意味も込められている。
乗司:自分に能力がない癖に他人の功績に相乗りすることに長けている。世渡り上手。
城司:席にふんぞり返って殿様気分。そのくせ部下がいないと何もできない。

参考
山旅ブログ: 要らないギ術者一覧
要らないギ術者一覧
要らないエンジニア (でぃべろっぱーず・さいど)