« 機内でもiPodを | メイン | Webページをぴったり印刷する »

ウェブインデックス作成機能の共通化

グーグル、ヤフー、MSが提携--ウェブインデックス作成機能を共通化へ - CNET Japan


Google sitemapのプロトコルを、YahooやMSでも採用するというお話。

最近は何かと対立の構図ばかりが報道されていますが、こういうユーザにとってありがたい話もあるんですね。

「Google、Yahoo、Microsoftは本日、「Sitemaps 0.90」のサポートを発表した。これは検索エンジンのウェブ巡回プロセスを向上させるための、初めてのオープンな取り組みである。ウェブサイトの所有者は自分のウェブサイトに関する情報を検索エンジンに通知し、これまでより包括的かつ効率的にインデックスに情報を無料登録できる。その結果、検索インデックスへの登録内容もより適切なものになっていく。一方、利用者には、品質がより高くて、より新しい検索結果を提供できるようになる」

Googleにとっては、自身がYahooやMSから一歩先を行っていると自負している検索の分野の情報を提供するわけで、いわば敵に塩を送るような形になり、この気前の良さはちょっと驚いてしまいます。

ブルーレイ、HD-DVDで規格争いをしている次世代DVDの分野も同じような動きを見せて欲しいですね。