« 2006年11月 | メイン | 2007年1月 »

2006年12月 アーカイブ

2006年12月31日

2006年の個人的振り返り

2006年の個人的IT系トピックを振り返ってみます。

・RSSリーダを使い始めた。

Google Readerを使い始めましたが、これで情報収集効率がかなりアップしました。ネタ集めという意味ではブログの更新にも役立ってます。

・wikiを使い始めた。

職場にwikiを導入して、情報共有ツールとして使ってみました。新しいものを広めるにはかなりパワーが必要だったので、他人に利用を促すという点では上手くいきませんでしたが、個人的に情報をまとめていくツールとして役立てることができました。
使ったwikiの種類は、FreeStyleWiki、PukiWiki、HikiWiki、そしてTracに標準で付いているwikiです。

・Ajax(の実装)を覚えた。

Ajaxという言葉を知ってから、AmazonのWebサービスを使って、prototype.js周りの実装方法を勉強しました。非同期通信やデスクトップアプリに近いユーザインタフェースなど、既存のWebアプリの常識を覆す技術に興奮したのを覚えています。

・Ruby on Railsをかじった。

これはほんとにかじった程度。それでも、簡単にさくさくとアプリが作れるという体験はできました。

・PHPを覚えた。

PHPにも挑戦しました。オブジェクト指向を取り込んだPHP5はまだ使いこなせませんが、軽量言語としてサクサク作ってサクサク動かせるというのを体験できたのは大きかったです。

・Google Maps APIを覚えた。

上記のPHPと絡めて、Google MapsアプリをPHPで作りました。地図というものが持つ魅力に取り憑かれちゃいました。

・ソーシャル・ブックマークを使い始めた。

del.icio.usという海外のソーシャル・ブックマークを使い始めました。これまたブログのネタ集めや、家と仕事場を結ぶ情報共有のツールとしても大活躍。Webページの保存はソーシャル・ブックマークに、というのは当たり前のことになっちゃいました。

・scuttleを職場に導入した。

オープンソースのソーシャル・ブックマークであるscuttleを職場のサーバにインストールして使ってみました。各人が見つけた面白いWebページを共有できれば、と思い始めてみましたが、使ってくれる人は数名だけでしたね。ただ、参照している人はそこそこいたらしく、「おもしろいと思ったものは共有すべし」という考えは間違っていないことが分かりました。

・tracを使い始めた。

ソース管理をCVSからSubversionに切り替えたのを機に、プロジェクト管理ツールであるTracにも手を出してみました。プロジェクトで役立てるというところまでまだ進めてませんが、かなり良さそうだということは分かりました。


振り返ると、2006年はこれまでになく色々なことにチャレンジできた年だったと思います。

子供が産まれて時間が取れない中結構がんばれたかなと。

2007年は、同じように色々なことに挑戦しつつ、RoRやTracなど、ちょっとだけかじっている系のものをもう少し深堀りしていきたいと思います。

2006年12月30日

2006年の印象深いニュース

2006年に印象に残ったIT業界関連ニュースを3つ選んでみました。

1.ホリエモン逮捕

年明け早々、ホリエモンが逮捕されちゃいましたね。

ブイブイ言わせていたライブドアの信用が急落して、株価やインターネットサービス業界等々色々なところに影響が出ました。

その後、ライブドアに残った社員達が奮闘して、ライブドアリーダやライブドアクリップなど、評判の良いサービスを提供しているのは、個人的に好感が持てます。


2.Googleの新サービスが次々とリリース

ラボも含めると、spreadsheets(その後Docs and Spreadsheets)やnotebook、Calendar、Readerの刷新などなど、毎月ニュースページをにぎわせてくれました。

サービスを乱発して、サービス間の連携や整合性が取れていないなんて批判もあるようですが、2006年はそういう年だったのでしょう。2007年もこのままの勢いで行くのか、それともサービス間の連携を深めてシナジー効果を発生させるのか、はたまたその両方か。Google Watcherとしては2007年も楽しみな一年になりそうです。


3.SNSの利用者急増

mixiが利用者をぐいぐい伸ばして、それにつられるように色々なSNSが乱立しては消えていった一年でした。mixiも上場したり、個人情報がそこから流出したりと、これもまたコンスタントにニュースを提供してくれたと思います。

2007年は企業内SNSの分野がもっと伸びてくれると良いなぁと思っています。

2006年12月29日

Gmailに届いたYahoo!メールのアイロニー

先日、Gmailの受信トレイに↓こんなメールが届いてました。


061229_01.jpg


おもしろい点が2つ。

1つは、見事Gmailの強力なスパムフィルターをくぐり抜けて、こんなスパムメールが届いちゃったのですが、メール末尾のYahoo!が自動挿入する広告欄に「"Tired of spam? Yahoo! Mail has the best spam protection around " スパムメールに嫌気がさしてないかい? Yahoo!メールは強力なスパム対策が施されているよ!」と書かれている点。

もう1つは、スパムフィルターが強力だと言っているYahoo!メールからスパムメールが送られてきている点(受信は気にするけど、送信は気にしませんなのか?)。

なかなかシュールなメールでした。

2006年12月28日

いよいよ楽天2.0

楽天、「ネット商品情報」を開放 米アマゾンに続き-ITニュース:イザ!

6月の連結決算発表の中で「楽天2.0」というキーワードを出して、三木谷さんは楽天のWeb2.0戦略を発表していたので、いつか出るだろうなと思っていたら、やっぱり出ました。楽天のAPI公開です。

Amazonは、自社APIをいち早く公開することで、ネット上での仮想Amazon支店を増やすことに成功しましたが、さて、楽天はどうなるでしょうか。

Amazonと楽天は同じネットショッピングができるサイトとは言っても、その性質が結構異なっています。例えるなら、スーパーマーケットと商店街と言ったところでしょうか。スーパーの方が勝っている、ということはなくて、どちらもメリットがあればデメリットもあるわけで。

両者のAPIを組み合わせることで、また一段と面白いMash up サイトが登場してくれることを期待しています。

2006年12月27日

手軽で使い勝手の良いCompact Calendar 2007

Compact Calendar 2007

David Seah : Compact Calendar for 2007
David Seah : My Compact Calender Excel Sheet

Excelで作られたメモ的に利用できるコンパクトなカレンダーです。

左側に1年のカレンダーがあって、右側に大きく余白が取られています。

プロジェクトのマイルストンや長期計画を立てる際、メモ替わりにどんどん書き込んで、後でまとめるのにも使えます。

Excelで作られていて何枚でも印刷できるので、気兼ねなく使えますね。何枚か持ち歩いて、議論の際のワークシートとしても使えそうです。

↓日本語版を作ってみたので、ご利用下さい。

CompactCalendar2007日本語版をダウンロード

2006年12月26日

2007年のGoogleの新サービス予想

Googleの2007年は!?新サービス7大予想! | p o p * p o p
≫ Google Predictions, 2007 | Googling Google | ZDNet.com

2007年のGoogleの新サービスを予想しています。

GDriveはありそうですが、来年中というのは果たしてどうでしょう。

面白そうなのはHealth Scrapbookですね。

自分の病歴や飲んだ薬の記録を付けられるというシステム。

薬局でおくすり手帳をもらうのですが、たまにしか病院にいかないのでなくしちゃうんですよね。ただ、どの薬が効いて、どの薬が効かなかったとか、この薬は飲んでいて副作用が辛かったとか、そういう記録を残していければ、かなり役立ちそうな気がします。病院の先生にもURL1つで自分に合った薬を提示できたりして便利かも。

2007年は携帯電話関係の動きも激しそうなので、携帯上で利用できるGoogleのサービスが充実すればいいなぁと思ってます。

2006年12月25日

2011年までのトレンド展望

野村総研、2011年までの国内IT主要市場の規模とトレンドを展望 - CNET Japan

NRIが、2011年までの国内IT市場の規模とトレンドの予測を発表しました。

成長の主軸は、PCから携帯電話に移ってきており、なかでも消費者向けインターネット通販(BtoC EC)、音楽配信、インターネット広告などは、携帯電話向けサービスの成長が著しいとみている。

やはり「携帯電話」というのは一つのキーワードになるんですかね。

以前から注目はされていましたが、技術の進歩に伴って、PCで出来ていた機能や操作感を携帯端末上で再現できるようになっていくのでしょう。更に、GPS情報やアドレス情報など携帯電話ならでは情報と、SNSの仕組みが融合していくような気がします。

ブログ・SNSの市場規模も予測されていますが、ビジネス分野への広がりはどうなんでしょうか。

記事を見てもあまり考慮されていないので、ブログ・SNSのビジネス分野への展開はあまり期待されていないんですかね。

個人的には、サイボウズなどのスケジュール管理ツール系の分野へ、ブログ・SNS群がジワリと侵攻していく、或いは融合していくと思っています。

さて、予想はどこまで当たるのでしょうか。

2006年12月24日

SOAP is DEAD

グーグル、「Google SOAP Search API」の新規顧客への公開を打ち切り - CNET Japan
Seven Degrees: GoogleがSOAPにトドメを刺した日

SOAPが注目され始めたとき、「これからはSOAPだ!XMLだ!」と沸き立ったものですが、時は流れ、気が付くとSOAPはすっかり廃れてしまいました。

「XMLで電文をやりとりする」或いは「受け取る」という手法は、そこかしこで見かけますが、「そこにわざわざSOAPヘッダをつけなくても、ねぇ」という感じで、有名無実化しています。

XMLで通信するという発想は良かったと思いますが、作り込みの手間とかを考えると、「帯に短し、たすきに長し」感はぬぐえませんでした。

そんな状況の中、GoogleがSOAP Search APIのニュースですから、これはもうSOAPは死んでしまったと言っても過言ではないでしょう。

XMLのことを勉強するきっかけになったのが、SOAP通信であり、Google SOAP Search APIだったので若干の寂しさは残りますが、これもまた時代の流れなんですよね。

2006年12月23日

プログラムの美しさ

304 Not Modified: プログラマの美意識
404 Blog Not Found:美しいプログラムの美しくないソース

「美しい」という価値基準は、時代や場所、組織、ひとそれぞれで異なるものです。流行もあるので、昨年「美しい」とされていたものが、今年になると「美しくない」と評価されることもあるでしょう。

システム開発に従事している仲間で話をしていると、ときおり「プログラム(ソースコード)の美しさ」についての話題になることがあります。

その中で、「あそこの協力会社は良いものを作ってくる」とか「あの会社のソースは汚い」とか、そういった会話が出てきます。

ここで気を付けなければいけないのは、ここで会話をしている人それぞれがそれぞれの「美しさ」の価値基準を持っているということ。

あるプログラマは、「コードは短ければ短いほど良い」と考え、あるプログラマは、「コードは共通化されていればされているほど良い」と考え、あるプログラマは、「コードは読みやすければ読みやすいほど良い」と考え、あるプログラマは、「不具合が少なければ少ないほど良い」と考えていたりするわけです。

そういう場での会話では、それぞれがどういう価値基準を持っているかを確認することなく、会話が進み終わってしまうことがよくあります。

多種多様な言語が活躍し、コードを書くプログラマの数も膨大になった今、一つの美意識に固執し、「自分以外みんなダメ」的な発想に陥ってしまうのは非常に危険です。そのプログラマ自身の成長も止まってしまうし、そのプログラマの下についた若手のプログラマにとっても変な価値観を植え付けてしまうことになります。

「美しい」という言葉を使うとき、プログラマ(エンジニア)は自分が思う「美しさ」を説明できなければいけないと思います。

僕自身も、他人の作ったプログラムを評するときに「美しい」「美しくない」という言葉を使ってしまうことがあるので、まなめさんのように自分の考える「美しいプログラム」とはどんなプログラムなのかをよく考えてみることにします。

2006年12月22日

ゲームの開発をお手軽に

手軽にゲームソフトの開発環境を - マイクロソフトが国内でもXNAを提供開始 (MYCOMジャーナル)

XNA Game Studio Expressは、マイクロソフトが提唱する次世代ゲーム開発環境で、Windows XPとXbox 360向けのゲーム制作を同一の環境で行えるアプリケーションだ。Visual C# 2005 Express Editionと.NET Compact Frameworkを基盤としており、制作に必要な各種ツールも統合化されているという。ダウンロードはMSDNサイトで可能で、Windows XPユーザーなら誰でも無償で提供されている。

WindowsXP上で手軽にゲーム、しかも家庭用ゲーム機で動くものが作れるのは魅力的ですね。

プログラマの間で話題になって、このツールで作られたゲームがいくつかヒットすれば、次世代ゲーム機争いで苦戦しているXBOXも盛り返すことができるかもしれません。

2006年12月21日

美しいシステムとは

404 Blog Not Found:美しいプログラムの美しくないソース

弾さんのエントリより。

実装が美しいけどツカエないプログラムと、実装は醜いがツカエるプログラムとどちらがよいかといえば、後者の方に決まっている。もちろん実装も美しくかつツカエるプログラムというのもありで、プログラマーは皆それを目指しているのだけど、プログラマー側の美と、ユーザー側の美と、どちらかの選択を迫られたら、迷わず後者をとるのが私にとっての美しいプログラマーの定義だ。

まったくもって同意。プログラム、ソースのもう一つ上の視点で考えると、SIerにとっては顧客に提供できるものが「美しいシステム」であれば良いのであり、その中身が美しくなくとも良いのだと思います。

中身の美しさにこだわり、顧客にとっての「美しさ」を否定して、強弁にエンジニアの美意識を押しつけるのは、もはやオナニーであり、ある意味レイプといっても過言ではありません。

とはいえ、こだわりのないエンジニアは、それはそれで困ったもので。結局、「なにごとも中庸」というごくごくありきたりな結論に達してしまうのです。

顧客と「美意識」を共有できる。或いは、始めはまったく異なる美意識だったもの同士が、互いに歩み寄り新たな価値観を作り上げていく。そんな仕事の進め方をしたいものです。

2006年12月20日

外国人SEから見た日本人SE

外国人のホンネ「ソコがヘンだよ!日本人エンジニア」/Tech総研

中国、インド、アメリカのSEが、日本人SEの「ヘン」な部分を色々と指摘されています。

的はずれな意見もあれば、的確な意見もあり。

僕が「そうだよなぁ」と納得したのは、以下の意見です。


日本人は命令が苦手。相手を気づかうあまり、とかく語尾を問いかけ調にしてやわらげる。「こうしたほうがいいんじゃない?」と上司に言われたチャンさんは「やってもやらなくてもいい」と受け止め、結局やらないほうを選択してしまった。

確かに命令されることって少なくなりました。

上司はともかく先輩から「こうしろ」「ああしろ」という口調はまず聞かれません。だから悪いというわけではなく、日本人の同じ世代の人は、だいたい似たような共通体験がバックボーンとしてあるので、ある程度柔らかい言葉遣いでも、それが「マスト」なのかそうでないのかを判断できるんだと思います。

だから、全く背景が異なる人(例えば外国人)と接するときは、ここを注意しましょう、ってことですね。


インドではプロジェクトが終わると、次のプロジェクトまで暇な時間が与えられ、2週間ほどバカンスをとることも可能だ。「バリバリ元気に働き続けるためにもバカンスは大切」とヴァールさん。勤務時間が長すぎるため、平日は仕事だけで終わってしまうことに寂しさも感じている。

プロジェクトが終わった後のバカンスは、すごく賛成!

勤勉な日本人は、それほど仕事がないときも、なんとなーく会社に来て、ちょろちょろ仕事をして、インターネットで時間を潰して帰る、なんてことがしばしば見うけられます。そんな感じだったら、いっそ休んでしまってぱーっと羽を伸ばした方が良いんじゃないでしょうか。


仕事の効率を重視するピーターさんにとって日本企業はインフラ投資をおろそかにして、安い給与で長時間働かせる労働力に頼って見える。そこで一言「スパルタン!」。アメリカで同じやり方をしたら「みんな辞めてすぐに潰れる」と話した。

企業はインフラ投資をおろそかにしてますよねー。

うちの会社は大手IT企業ですが、社内からインターネットを見る速度が遅い遅い。インターネットで調べものをしても、ストレスが貯まる一方です。特に、新しいソフトウェアとかをダウンロードするときは、ストレスが頂点に達します。

社員に生産性を上げろと命令する前に、まずはその基盤となるインフラを整備することに手を付けて欲しいです。


ピーターさんの考えでは、日本人はメールに頼りすぎ。大量のメールを読むだけで時間が過ぎてしまう。「まずは電話で話して、その後に確認してメールを使うべき」と話す。プロジェクト管理をすべてメールで行うのも非効率と感じている。

メール!

大規模プロジェクトがメール文化に染まると、悲劇以外のなにものでもありません。一日休むと未読メールが300通なんて状況はフツーにありえますからね。

Googleさんは、メール文化ではなくブログ文化だそうで。情報はPUSH型ではなくPULL型にするほうが、重要な情報はちゃんと着信されると思います。が、それは若い世代に取っての話で、どっぷりメール文化に染まりきっている世代の人たちを、どうやって意識改革させるかというのが、若いSEに課せられた使命なんじゃないかと最近は考えてます。


日本にはお酒の席で親交を深める「飲ニケーション」文化がある。宗教的理由から飲酒の習慣がないインド人にとっては未知の文化。また、アメリカ人のピーターさんによれば、「こうした慣習を受け入れない若い日本人が増えはじめ、先輩と部下の絆が弱まり、技術の継承がない」と分析した。

仕事以外の付き合いって重要なんですよね。それは同意。

じゃあそれが「飲み」や「プライベートの遊び」だけなのかと聞かれると、NOだと思います。

SEがホワイトカラーで、成果だけを問われるのであれば、業務中にももっと仕事以外のコミュニケーションがあっても良いはず。だからこそ、いけてるベンチャー企業には、ビリヤード台があったりダーツがあったりするんでしょう。

「もっと呑みに行け」とプライベートの時間を使うよう促す前に、もっと業務中に打ち解けあえるような工夫をしていきたいですね。まあ、これは僕が子持ちで、家に早く帰りたいからというのもあったりするんですが。

2006年12月19日

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する

「グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する」を読みました。

Googleのすごさを具体的な例を挙げて書いてあるだけあって、「ウェブ進化論」よりも「Googleってすごいなぁ」と思える一冊です。

商売がどん詰まりになっていた、駐車場やメッキ工場が、Googleの力を借りる(利用する)ことで、苦境を乗り越えるストーリは、ちょっとした感動すらあります。

とはいえ、単に「ラッキーでした」というお話ではなく、Googleの仕組みをよく理解し、自分たちの商売の先行きをよく考えて行動した結果であって、誰でもGoogleを利用すればハッピーになれるというのがミソ。

本書は、2006年4月に発行されており、文中には、

しかし、残念なことに、実際の提携記者発表では、オープンオフィスのAjax版開発という話は、少しもでなかった。かなり限定的な内容の提携にとどまり、このため人々の期待は急速にしぼんでしまった。

とあるのですが、その後、Google Spreadsheets(ウェブ上での表計算ソフト)が発表され、さらに、Writly(ウェブ上でのワープロソフト)と統合されて、Google Docs & Spreadsheetsとしてサービスが開始されています。

本の発表から半年も経たない内にこのような大きなサービスをリリースしてしまうところからも、Googleが既存の企業にはないスピード感と技術力を持っていることが良く分かります。

この本の良いところは、「Google万歳」で終わっていないところ。

検索結果から除外されてしまう「Google八分」や、広告の大量クリックによりアカウントが停止されてしまう「Adsense狩り」「Adsenseアカウント停止」についても触れられていて、いわばGoogleのダークサイドについて知るのにも適しています。

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)
佐々木 俊尚
文藝春秋
売り上げランキング: 449

2006年12月18日

「あなたが知らない(かもしれない)Googleコマンドまとめ」の補足

あなたが知らない(かもしれない)Googleコマンドまとめ | p o p * p o p

pop*popでGoogleコマンドのまとめが公開されていましたが、日本語へのフォローがなかったので補足しておきます。

【3】 単位を計算をする

1 meter in feet

は、「1メートルは何フィート?」で検索。

1 cup in teaspoons

は、「1カップをティースプーンで」で検索。

100 usd in euros

は、「100ドルをユーロで」で検索。これは「100ドルを日本のお金で」のように、国名を指定してもOKです。


【4】 辞書をひく

これは手間がひとつ多くなりますが、以下のように検索して、検索結果TOPの英辞郎リンクをクリックすればOK。

英和 defenestrate

英和の部分は和英でもいけます。


路線を調べる

これは僕がよく使っている検索です。

検索ウィンドウに以下のように「<駅名>から<駅名>」で検索すると、検索結果TOPに乗り換え案内へのリンクが出てきます。

田端から品川

2006年12月17日

If programmers have make a plane

もしプログラマが飛行機を作ったら・・・というCMです。



飛んでいるはずの飛行機は、胴体はスケルトンだし、座席は取り付けられていないし・・・。飛行機にしがみつきながら、必死で組み立てていくプログラマ達。

ベータ版でサービスをリリースして、不具合を修正しながら運用していく様を例えているのでしょうか。

VTR最後のメッセージを読むと「顧客のビジネスと共に成長していきます」みたいなことが書いてあって、そういうメッセージを伝えるのに、飛行機に例えたらまずいんじゃないですかね。人の命が関わっているだけに、制作者の意図とは異なったものが伝わりそうです。

2006年12月16日

Railsレシピ

「Railsレシピ」を購入しました。

「はじめに」に、

筆者が料理本を買うときには、野菜の切り方やフライパンの使い方が書いてある本は選びません。そのような情報は料理本以外から取得することができるからです。

とあるように、あくまでRailsの基本的な使い方を知っている人向けの、文字通り「レシピ」集です。

「同一画面でフォームを編集したい」とか「ドラッグアンドドロップでリストをソートしたい」といった「○○がしたい」という要求があるときに、手元にあると問題がさくっと解決しそう。

こういう本が手元にあると開発の時に効率が全然違いますよね。

自分なりのレシピを開発する前に、まずは教科書に書いてあるお手本から真似していくのは、大抵の学問の常套手段です。

Railsレシピ
Railsレシピ
posted with amazlet on 06.12.17
Chad Fowler 長瀬 嘉秀 永田 渉 株式会社テクノロジックアート
オライリー・ジャパン
売り上げランキング: 3096


Rails初心者の人は、↓こちらの本をお薦めします。

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発
前田 修吾
オーム社
売り上げランキング: 51843
実践 Ruby on Rails Webプログラミング入門―無駄なく迅速な開発環境
伊尾木 将之 長瀬 嘉秀 倉貫 義人 松本 哲也
ソーテック社
売り上げランキング: 98291

2006年12月15日

Tracの使い方が載っている雑誌

仕事で今度Tracを使おうと思って、本を探してみたんですが、まだ1冊まるごとTracという形では出版されていないようです。

というわけで、雑誌の特集で載っているものを探してみました。

買ってきたのは以下の2冊。

Software Design (ソフトウエア デザイン) 2006年 12月号

「Subversion+Tracでできるバージョン管理+バグトラッキング」と題して特集が組まれています。

  1. Subversion+Tracによるプロジェクト管理入門
  2. Subversionによるバージョン管理/構成管理
  3. Subversion+Tracの導入
  4. Tracの機能詳細と使い方
  5. Tracの実践テクニック
  6. TortoiseSVNによるSubversionクライアント導入と使い方
  7. SVKによる分散バージョンコントロール

上記のように、特集も40ページ以上に渡って、導入から実践テクニックまで幅広く押さえられています。これはなかなかよさげ。


開発の現場 vol.006

こちらは「Tracによるソースコード管理」として10ページ程度の特集が組まれています。

ページ数が少ないですが、上の「Software design」の内容をよりコンパクトにまとめた印象で、「Tracってどんなのなの?」という人が概要を知るためには良いかもしれません。

また、別特集で「CVS/Subversionの利用」という記事も掲載されており、バージョン管理のなんたるかが分かりやすく解説されています。

開発の現場 vol.006
開発の現場 vol.006
posted with amazlet on 06.12.17
SE編集部
翔泳社
売り上げランキング: 5205

あと、「WEB+DB PRESS vol.32」でも紹介されていたようですが、ちょっと前の本だったので本屋で見つけることができず。

「Software design」の内容だけで十分だったので、こちらは機会があれば参照してみる程度にしておきます。

2006年12月14日

thunderbird 2.0がタグに対応

ITmedia Biz.ID:メールにタグ付け、ブラウザのように閲覧――Thunderbird 2.0 β1

Thunderbirdが2.0版で、メールのタグ付けに対応するそうです。

これでインターフェースがGmailに近づいたことになるんでしょうかね。

Thunderbirdはメールの検索も早いので、これまでのメーラのように、差出人やカテゴリごとにメールを振り分けて管理、なんてことはせず、とりあえずどんどん「すべてのメール」フォルダに放り込んで、重要なメールだけタグをつけて管理。そして、メールを探すときは、まず検索、とGmail的な使い方をすることができます。

正式なリリースが楽しみですね。

2006年12月13日

動画を投稿するモチベーション

Metacafeの『Producer Rewards』で稼ぎまくる世界の10人! | p o p * p o p
Metacafe 窶錀 Serving the World's Best Videos

動画の共有サイトと言えば、YouTubeがだんとつの人気を誇ってます。

YouTubeの人気をうけてあちこちに似たようなサービスが登場している中で、Metacafeは投稿した動画が一定回数再生されたら投稿したユーザにお金が入る仕組みがある点が異色。

多い人はここで250万円以上も稼いでいるのだとか。

アフィリエイトの仕組みが登場して、小遣い稼ぎのためにブログを書く人が増えたように、これでまた動画を投稿する人が増えていきそうな気がしますね。

GoogleVideoには投稿した動画を販売する仕組みがあるので、YouTubeにもGoogleAdsense的な仕組みが組み込まれてもおかしくないですね。

その日のために、おもしろい動画を作る練習でもしてよ。

2006年12月12日

Googleが弱点を補完中

ITmedia Biz.ID:“Google Office”との連携進むGmail
ITmedia Biz.ID:Gmailで外部メールの受信が可能に 一部英語版でテスト開始

今年新サービスを続々開始したGoogleが、今度は各サービスの弱点を強化し始めました。

克服した弱点は、Gmailの外部メールとの連携と、GmailとGoogle Docs and Spreadsheetsの連携。

Gmailは、外部のメールサービスにPOPでアクセスすることができるようになりそうです(まだ、英語版の一部のユーザだけにしか公開されていません)。

Gmailのインターフェースで、外部のメールを読むことができれば鬼に金棒。PCを買い換えたときのメールの移行の手間や、複数の環境からインターネットにアクセスすることを考えると、メーラーはクライアント型ではなく、Gmailで統一したくなってしまいます。

GmailとGoogle Docs and Spreadsheetsの連携については、Gmailに添付されたWordファイルやExcelファイルを1クリックで、Google Docs and Spreadsheetsの画面で閲覧/編集できるようになったというもの。これまた、クライアント側にWordやExcelがインストールされているかを気にすることなく、文書などの閲覧/編集が可能になりました。

逆にDocs and Spreadsheetsを、1クリックでGmailで送信することはできていないようです。共同編集/閲覧機能があるから、それほど緊急に実装しなくても良いという認識なのでしょう。

そういえば、WordやExcelのツールバーに「メールで送信」ボタンがあります。もう何年も前から見ていますが、未だに使ったことがありませんでした。WordファイルやExcelファイルを頻繁にメールでやりとりする人にとっては便利な機能なんでしょうかね。

さて、次はどのアプリとどのアプリの連携が強化されるんでしょうか。

2006年12月11日

MSもドメインに関するサービス開始

ITmedia Biz.ID:MS、Office Live 日本語版の無償サービスを開始

なんかこれ、Google Apps for your domainのパクリにしか見られないんですが。

ドメイン名を無料で持てる、という点はアドバンテージがありますが、使い勝手の良いWebアプリを提供してくれるGoogleの方が若干魅力的かなぁ。

気になるのは、Windows Liveの展開といい、最近のMSがGoogleのサービスの後追いばかりしているような印象を受ける点。

MSは嫌いですが、あれはあれで、彼らが信じる方向へ突っ走って欲しいなぁと思うわけです。

Googleの台頭で、Web2.0だ、Ajaxだ、オンラインアプリだと騒がれていますが、「いや、うちらには関係ないから」という態度でいて欲しいなぁと。

猿まねが上手くいけば良いですが、逆に色々手を広げすぎて、サービス全体にまとまりがなくなったら、被害をうけるのはエンドユーザですからね。

なんてぶつぶつ書いちゃいましたが、ええ、もちろん利用させていただきます。なんてったってただですから。

2006年12月10日

どうなるワンセグビジネス

「ワンセグ」新ビジネス続々 幅広い波及効果期待-ITニュース:イザ!

携帯の進化はとどまるところを知りませんね。

ウェブブラウザになったり、メーラになったり、おさいふになったり、音楽プレーヤーになったり、ゲーム機になったり。そんでもってテレビまで見られちゃうわけです。機種によっては録画もできるそうで。

「例えば、放送中のドラマで、出演者が着ている衣装や持っている小物、雑貨をリアルタイムで調べることができる上、携帯電話などで視聴している場合は、その場でオンラインショッピングサイトに移動し、購入することもできる」

ワンセグの登場で、新しいビジネスが生まれそうな気配がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

騒がれている割には、電車の中や町中で実際にワンセグを視聴している人をあまり見たことがありません。

ワンセグ対応の携帯を買ったけど、実際はあまり使ってない人、多いんじゃないですかね?

ワンセグの視聴率はどうなんだろうと調べてみたところ、どうやらワンセグには「視聴率」という概念が存在しないらしいのです。

“視聴率”なきワンセグで儲ける方法とは?【前編】 / デジタルARENA

表示された回数が分からないというのは、広告ビジネスにとって大きな打撃になる気がします。

となると、直接的な商品購入の手数料収入が期待されるのですが、「ドラマで○○さんが着ているから、携帯でそのまま購入しよう」というお手軽さは、逆に視聴者の商品に対する興味をなくしてしまうんじゃないでしょうか。

ああいうのって、「品薄」で「なかなか手に入らない」からこそ、人気がでるんじゃないですかね。

そう思うと、今のワンセグ人気って、「ケータイでテレビが見られるんだって!」「なんかすごくね?」というノリだけで騒いでいるような気がしてならないのです。

今はまだ地上波と同じ内容しか放送できないそうですが、ワンセグ独自の番組放送が解禁になったとき、どういう展開になるのか。大手IT系の会社の動向も含めて興味深いところです。

2006年12月 9日

XBOX360のゲーム「カルドセプトサーガ」が大変なことになっているらしい

痛いニュース(ノ∀`):【Xbox360】「カルドセプトサーガ」で、プログラマーがランダムなサイコロを作れなかったことが発覚
痛いニュース(ノ∀`):カルドセプトサーガのプランナー、mixi内バグだらけのソフトに懺悔と自社批判

カルドセプトと言えば、カルト的な人気を誇るボードゲーム。

僕もPS2版を持っていて、結構はまって遊んでいました。

その最新作がXBOX360で発売されたのですが、その品質があまりにも悪すぎて、ユーザから不満続出なのだとか。挙げ句、ゲームを作った会社のプランナーがmixiで心情を吐露してしまう始末。

ユーザは、↓こんなブログを作成して必死でバグを潰しているようです。

カルドセプトサーガ不具合情報

それにしても信じられないバグが続出のようです。

ランダムなサイコロの目が出せなかったり、コンピュータの操作が無限ループに陥ってしまったり。どう考えてもテストをした品質とは思えません。

このゲームがオンラインゲームであるという点から、「納期に間に合わない」→「テスト工程を短くする」→「テストが充分でない」→「パッチをあてればなんとかなるだろ」という思惑が制作者サイドにあったんじゃないでしょうか。

それにしても、YouTubeの登場で、「ほら見て、こんな不具合が」というバグ報告のやり方が大きく変わりましたね。手軽だし、分かりやすいし。動画を共有できるメリットが活きているシーンだと思いました。

通常のシステム開発のテストも、こういうノリで動画でエビデンスをためることができたら、やりやすいかもしれません。

2006年12月 8日

システムの価値はどうやって測る?

システムの価値はどうやって測る?

[R30]: コンテンツ品質とIT活用のコストはタダではありません
仙石浩明CTO の日記: なぜ人月見積もりが優れているのか
音極道茶室: 首相官邸WEBサイト+メルマガで7億2千万はありえない(2006/12/10追加)

はてなブックマークで上の2つのエントリを読んで、ちょうど最近、ソフトウェアの値ごろ感について色々考えていたので、自分の考えをまとめる意味でもこの問題について書いておこうと思います。

最初に僕の立ち位置をはっきりしておきます。この問題は、その人が会社の経営者なのか、管理者なのか、普通の社員なのかで大きく変わってくると思うので。

僕は、大手SIerの入社5年目(中堅社員の入り口)で、入社以来Webアプリの新規構築の仕事を主にやってきました。役職は特にありません。

まず最初に、社民党が指摘している首相官邸HPとメルマガに7億円使っている問題について、その額が妥当かどうかという点から。

過剰広報予算:小泉メルマガ、官邸HPに年間7億円超-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

社民党は、「1日当たり200万円になる。税金を使ってジャブジャブと自分たちの政策を垂れ流している」と批判しているようですが、これは割り算の方法で色んな印象になる数字ですよね。

1日当たり200万円ということは、1週間で1,400万円。このメールを200万人(今は160万人)が読んでいたわけですから、1人1通あたりの負担金額は7~10円負担なわけです。

さて、首相官邸メールは、国の政策や大臣が考えている(とされている)ことが書かれていて、手を抜いているなぁと言う印象は受けず、「首相官邸」メールとしての役割は充分に果たしていたと思います。

過去、これほどダイレクトに国民に対してメッセージが届けられることがあったでしょうか。若者はNHKの放送なんて見ていないし(政治関係のニュースもね)、民放の報道は結構バイアスがかけられているわけで。

そんな中、1通7~10円、年間50通来るとして年500円の負担は大きいのでしょうか?

単純にメルマガの価値から考えると、僕は「格安」価格だと思います。この辺りの感じ方は人それぞれだとは思いますが。

7億円の中には、首相官邸HPのコンテンツ保守・運用費がのっかっていると思うので、実際のメール1通当たりの値段はもっと下がることになりますしね。


一方で、じゃあ7億円の使い道はどうだったのか、という話もあります。

PGやSEの単価をならして月100万円とします(あくまで見積上の単価です。PGやSEの手取り月収じゃありませんよ)。

7億円を割ると、700人月になります。12ヶ月で割ると、1ヶ月あたり約60人が関わっている計算になります。人月から計算するとtoo muchのような印象を受けます。

まあこれは単価が100万円で計算しているんで、倍にすれば関わる人数も半減するわけです。


気になるのは、初年度以降多少の変動はあるものの、それほど大きな額の変化がない点。

おそらく初年度はハードウェア一式等を納入したはずで、その分他の年よりも高くなっているんじゃないかと思うわけです。

逆に言うと、2年目以降は、初年度よりも割と安く運用できるはず。それが、大体毎年同じ予算でやっているというところに、「予算を減らさないように色々調整する」役所独特の慣習が働いてるんじゃないかなぁと。


まとめると、こんな感じです。

  • メールを受け取る個人的感覚だと、メルマガ、官邸HPに7億円は、そのものの価値から考えると「格安」だと思う。
  • 工数から割り算していくと、割高感がある。(個人的にはもっと安く押さえられると思います)
  • 官公庁にありがちな「予算を使い切らなきゃいけない」という思惑の中で、実際の経費と異なる部分がありそう(これは完全に推測ですが)。


さて、これを踏まえて、人月見積もりについての考えはまた別のエントリで書くことにします。

2006年12月 7日

ココログ、メンテの甲斐なくバックデート

ココログ53時間の大規模メンテナンス終了、だが負荷は改善されず - GIGAZINE

昨日書いたココログのメンテナンスの件ですが、53時間にも及ぶメンテナンスの甲斐なく、負荷が余計に高まってしまったため、バックデートしたそうです。

お粗末なお話だなぁとは思いますが、大量にデータを保有したシステムのシステム/データ移行の難しさは僕も業務で経験済みなので、「なにやってんだ!ばかやろー!」というよりは「大変ですねぇ」という思いのほうが強いです。

まあ、既にココログから撤退しているからってのもあるんでしょうけど。

これで他のブログサービスにユーザは流れるのかなぁ。

それが原因で他のブログサービスまでレスポンス問題が発生したりして。JUGEMとか、サービス開始当初似たようなレスポンス問題が発生しているだけに、ちょっと心配ですね。

2006年12月 6日

またココログが停止してるんだって

@niftyのココログが53時間連続の大規模メンテナンス中 - GIGAZINE

ココログがまたしても大規模メンテナンスを実施しているそうです。

僕は度重なるココログでのレスポンス問題とその後の対応に腹を立て、ドメインを取得してサーバをレンタルしてブログを移行しちゃったくちなので、こういうことが起こると「やっぱりまた起こったか」と思ってしまいます。

どこかに、ココログのレスポンス問題の原因は大量に送信されてくるトラックバックスパムであると書いてあった気がします。

確かに、こうして個人サイトでブログを運営していても、いつの間にか迷惑トラックバックがどんどん送信されてきていて、それが原因で若干サーバが重くなっている気がします。

ブログ、トラックバックの仕組み上、なかなかこの辺の問題を解決するのは難しいのでしょうが、それにしてもココログは「エンドユーザにサービスを提供している」という意識があまりにも薄すぎます。

ブログを長く続けている人(つまり@niftyのお得意様)ほど、「毎日書きたい」という欲求があるわけで、そんな中2日間も「エントリが書けません」「コメント・トラックバックもNGです」、しかも「サービス料金の返金はありません」なんてよくもまあ言えたものだなと。

以前に、サーバメンテナンス時間を少なく見積もりすぎて、作業時間を大幅にオーバーしてしまいユーザの反感を買った経験からこんな計画になっているのでしょうが、ちょっと停止時間長すぎじゃないかなぁ。

こういう多くのユーザが利用することが想定されるサービスは、本当に最初の設計が大事だなぁと思いました。

<関連エントリ>
レスポンス問題 (でぃべろっぱーず・さいど)
ココログのこと。 (でぃべろっぱーず・さいど)

2006年12月 5日

Google Docs & Spreadsheetsの使い道

昨日の別ブログのエントリ「早生まれは損なのか? 野球選手も調べてみました。 (くりす流)」で、Google Docs & Spreadsheetsを使ってみました。

やったことは、スポーツ選手の生まれ月を調べて、ちょっとした表形式にまとめること。

Google Docs & Spreadsheetsのspreadsheetsに数字をまとめて、グラフは↓この方法で書きました。

Excelでウルトラシンプルなグラフを作成する方法 | i d e a * i d e a

で、出来上がったspreadsheetsをHTMLにembedして終了。

なんかspreadsheetsの使い道が一つ分かった気がしました。

こういう統計系に強いんですね。でもって、上の「ウルトラシンプルグラフ」と組み合わせれば、HTMLの表組み以上のことができちゃうわけで。

これからも重宝しそうです。

2006年12月 4日

web上で簡単にページ作成&お絵描き

web上でチャットしていて、言葉だけじゃ上手く伝わらないときってありませんか?

絵が描けたらもっと分かりやすいのに・・・、とほぞをかむこともしばしば。

そんなとき、このnotaがあれば便利そうです。

wikiライクにブラウザ上で図や文字の編集ができます。

Flashベースのアプリなので、Ajaxベースの技術に比べてブラウザの壁はさほど気にしなくてもよさそうですし、独自の記法の習得が必要なwikiと違って、GUIで編集ができるのも魅力です。

欲を言えば、notaの上でGoogle Docs & Spreadsheetsのように、編集しながら「チャット」ができれば申し分ないのですが、まあそれは他のインスタントメッセンジャーで代用すれば問題ないですね。

Web会議としての用途の他に、nota上で編集して生成した絵を、HTML形式で公開することもできちゃうので、CMS的な使い方もできるようです。

Webベースでグラフィカルなホームページが簡単に作れちゃうのは良いですね。

コードが配付されていたので、早速サーバにインストールしてみました。

↓こんな感じになります。(上がFlash版、下がHTML版です)
NOTA - NOTAの編集を自由に楽しむページ
NOTA - NOTAの編集を自由に楽しむページ [HTML]

2006年12月 3日

データを自動で大量生成

瞬時にテストデータを大量生成してくれる『Data Generator』 | i d e a * i d e a

システム開発のテスト時に、いつも頭を悩ませるのが「テストデータ」の作成です。

特に最近はパフォーマンス要件の確認のために、大量のデータを積み上げる必要がある案件が多いそうで。

リンク先で紹介されているサイトは、そういうデータを出力してくれる便利なサービス。

人名や電話番号など、ある程度ランダムな値が求められるときは重宝しそうです。

ただし、2006/12/3 23:00の時点では、サイトはデータ転送料の制限にひっかかってサービス停止中のようです。

こういうサービスが社内にあると便利かも。

それほど難しいロジックじゃなさそうなので、余裕があるときに作ってみよ。

2006年12月 2日

Apache+MySQL+PHP+Perlの環境を簡単に構築

Apache projectが配付しているパッケージに「XAMPP」というものがあります。

apache friends - xampp

linux、Windows、Mac OS Xなど、色々なOS用のパッケージが用意されていて、これを利用することで、簡単にApache+MySQL+PHP+Perlな環境が構築できます。

プログラミング時に、意外と敷居が高いのが「環境構築」なんで、手軽にWebアプリを作ってみたい人には良いかも知れません。

ただ、あんまりこういうのに頼りすぎると、いざ、本当に一から環境構築しないといけないときに、何をどうすれば良いのか分からなくなっちゃうので、注意が必要。

基本はちゃんと押さえた上で、ちょっと楽したいときに使う、くらいが良いのかもしれません。

ちなみに、日本語化されたパッケージも配付されていますが、英語版のものを使う場合、WinXP上で文字化けが発生する可能性があるようです。

愛と苦悩の日記: XAMPP上のPHP+MySQL文字化け解決

2006/12/3追記
日本語のサポートサイトもあるようです。
XAMPPの日本語化&24時間サポート開始:phpspot開発日誌

2006年12月 1日

角丸四角形を基本図形にしたスティーブ・ジョブスの感覚

teatimelogic - Why RoundRect-X?

マッキントッシュでは、角丸四角形(ラウンドレクト)が基本図形(プリミティブ)になっているそうです。

角丸四角形は、最近のWeb2.0の流行の中で、サイトデザインとして注目されている図形。

「縁石や駐車禁止標識などに驚くほどの数の角丸四角形があることを示して翻意を促した」とあるように、確かに角丸四角形のデザインは、なんとなく優しく自然なイメージを与えてくれます。

Appleが作っているiTuneは、ウィンドウデザインが角丸四角形になってますが、Windows上でああいう形のウィンドウを作るのは、実は結構大変なんですかね。iTuneが重く感じるのは、もしかして、ああいうデザインをウィンドウズ上で再現しているからかもしれません。

それにしても、角丸四角形を基本図形に入れるって、結構それなりの直感がないとできない技ですよね。僕だったら、「角丸四角形なら、丸と四角形を組み合わせて作れるんで、基本図形にしなくても良いんじゃないですか?」とか言ってそう。

Windows vistaではどうなってるんでしょうね。基本設計の部分だから、やっぱり角丸四角形は基本図形に入っていないのかな。