« 2006年の印象深いニュース | メイン | Webページにコメント付き付箋を貼ってURLを送れるサービス »

2006年の個人的振り返り

2006年の個人的IT系トピックを振り返ってみます。

・RSSリーダを使い始めた。

Google Readerを使い始めましたが、これで情報収集効率がかなりアップしました。ネタ集めという意味ではブログの更新にも役立ってます。

・wikiを使い始めた。

職場にwikiを導入して、情報共有ツールとして使ってみました。新しいものを広めるにはかなりパワーが必要だったので、他人に利用を促すという点では上手くいきませんでしたが、個人的に情報をまとめていくツールとして役立てることができました。
使ったwikiの種類は、FreeStyleWiki、PukiWiki、HikiWiki、そしてTracに標準で付いているwikiです。

・Ajax(の実装)を覚えた。

Ajaxという言葉を知ってから、AmazonのWebサービスを使って、prototype.js周りの実装方法を勉強しました。非同期通信やデスクトップアプリに近いユーザインタフェースなど、既存のWebアプリの常識を覆す技術に興奮したのを覚えています。

・Ruby on Railsをかじった。

これはほんとにかじった程度。それでも、簡単にさくさくとアプリが作れるという体験はできました。

・PHPを覚えた。

PHPにも挑戦しました。オブジェクト指向を取り込んだPHP5はまだ使いこなせませんが、軽量言語としてサクサク作ってサクサク動かせるというのを体験できたのは大きかったです。

・Google Maps APIを覚えた。

上記のPHPと絡めて、Google MapsアプリをPHPで作りました。地図というものが持つ魅力に取り憑かれちゃいました。

・ソーシャル・ブックマークを使い始めた。

del.icio.usという海外のソーシャル・ブックマークを使い始めました。これまたブログのネタ集めや、家と仕事場を結ぶ情報共有のツールとしても大活躍。Webページの保存はソーシャル・ブックマークに、というのは当たり前のことになっちゃいました。

・scuttleを職場に導入した。

オープンソースのソーシャル・ブックマークであるscuttleを職場のサーバにインストールして使ってみました。各人が見つけた面白いWebページを共有できれば、と思い始めてみましたが、使ってくれる人は数名だけでしたね。ただ、参照している人はそこそこいたらしく、「おもしろいと思ったものは共有すべし」という考えは間違っていないことが分かりました。

・tracを使い始めた。

ソース管理をCVSからSubversionに切り替えたのを機に、プロジェクト管理ツールであるTracにも手を出してみました。プロジェクトで役立てるというところまでまだ進めてませんが、かなり良さそうだということは分かりました。


振り返ると、2006年はこれまでになく色々なことにチャレンジできた年だったと思います。

子供が産まれて時間が取れない中結構がんばれたかなと。

2007年は、同じように色々なことに挑戦しつつ、RoRやTracなど、ちょっとだけかじっている系のものをもう少し深堀りしていきたいと思います。