« SOAP is DEAD | メイン | 2007年のGoogleの新サービス予想 »

2011年までのトレンド展望

野村総研、2011年までの国内IT主要市場の規模とトレンドを展望 - CNET Japan

NRIが、2011年までの国内IT市場の規模とトレンドの予測を発表しました。

成長の主軸は、PCから携帯電話に移ってきており、なかでも消費者向けインターネット通販(BtoC EC)、音楽配信、インターネット広告などは、携帯電話向けサービスの成長が著しいとみている。

やはり「携帯電話」というのは一つのキーワードになるんですかね。

以前から注目はされていましたが、技術の進歩に伴って、PCで出来ていた機能や操作感を携帯端末上で再現できるようになっていくのでしょう。更に、GPS情報やアドレス情報など携帯電話ならでは情報と、SNSの仕組みが融合していくような気がします。

ブログ・SNSの市場規模も予測されていますが、ビジネス分野への広がりはどうなんでしょうか。

記事を見てもあまり考慮されていないので、ブログ・SNSのビジネス分野への展開はあまり期待されていないんですかね。

個人的には、サイボウズなどのスケジュール管理ツール系の分野へ、ブログ・SNS群がジワリと侵攻していく、或いは融合していくと思っています。

さて、予想はどこまで当たるのでしょうか。