« XBOX360のゲーム「カルドセプトサーガ」が大変なことになっているらしい | メイン | MSもドメインに関するサービス開始 »

どうなるワンセグビジネス

「ワンセグ」新ビジネス続々 幅広い波及効果期待-ITニュース:イザ!

携帯の進化はとどまるところを知りませんね。

ウェブブラウザになったり、メーラになったり、おさいふになったり、音楽プレーヤーになったり、ゲーム機になったり。そんでもってテレビまで見られちゃうわけです。機種によっては録画もできるそうで。

「例えば、放送中のドラマで、出演者が着ている衣装や持っている小物、雑貨をリアルタイムで調べることができる上、携帯電話などで視聴している場合は、その場でオンラインショッピングサイトに移動し、購入することもできる」

ワンセグの登場で、新しいビジネスが生まれそうな気配がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

騒がれている割には、電車の中や町中で実際にワンセグを視聴している人をあまり見たことがありません。

ワンセグ対応の携帯を買ったけど、実際はあまり使ってない人、多いんじゃないですかね?

ワンセグの視聴率はどうなんだろうと調べてみたところ、どうやらワンセグには「視聴率」という概念が存在しないらしいのです。

“視聴率”なきワンセグで儲ける方法とは?【前編】 / デジタルARENA

表示された回数が分からないというのは、広告ビジネスにとって大きな打撃になる気がします。

となると、直接的な商品購入の手数料収入が期待されるのですが、「ドラマで○○さんが着ているから、携帯でそのまま購入しよう」というお手軽さは、逆に視聴者の商品に対する興味をなくしてしまうんじゃないでしょうか。

ああいうのって、「品薄」で「なかなか手に入らない」からこそ、人気がでるんじゃないですかね。

そう思うと、今のワンセグ人気って、「ケータイでテレビが見られるんだって!」「なんかすごくね?」というノリだけで騒いでいるような気がしてならないのです。

今はまだ地上波と同じ内容しか放送できないそうですが、ワンセグ独自の番組放送が解禁になったとき、どういう展開になるのか。大手IT系の会社の動向も含めて興味深いところです。