« 外国人SEから見た日本人SE | メイン | ゲームの開発をお手軽に »

美しいシステムとは

404 Blog Not Found:美しいプログラムの美しくないソース

弾さんのエントリより。

実装が美しいけどツカエないプログラムと、実装は醜いがツカエるプログラムとどちらがよいかといえば、後者の方に決まっている。もちろん実装も美しくかつツカエるプログラムというのもありで、プログラマーは皆それを目指しているのだけど、プログラマー側の美と、ユーザー側の美と、どちらかの選択を迫られたら、迷わず後者をとるのが私にとっての美しいプログラマーの定義だ。

まったくもって同意。プログラム、ソースのもう一つ上の視点で考えると、SIerにとっては顧客に提供できるものが「美しいシステム」であれば良いのであり、その中身が美しくなくとも良いのだと思います。

中身の美しさにこだわり、顧客にとっての「美しさ」を否定して、強弁にエンジニアの美意識を押しつけるのは、もはやオナニーであり、ある意味レイプといっても過言ではありません。

とはいえ、こだわりのないエンジニアは、それはそれで困ったもので。結局、「なにごとも中庸」というごくごくありきたりな結論に達してしまうのです。

顧客と「美意識」を共有できる。或いは、始めはまったく異なる美意識だったもの同士が、互いに歩み寄り新たな価値観を作り上げていく。そんな仕事の進め方をしたいものです。