« プログラムの美しさ | メイン | 2011年までのトレンド展望 »

SOAP is DEAD

グーグル、「Google SOAP Search API」の新規顧客への公開を打ち切り - CNET Japan
Seven Degrees: GoogleがSOAPにトドメを刺した日

SOAPが注目され始めたとき、「これからはSOAPだ!XMLだ!」と沸き立ったものですが、時は流れ、気が付くとSOAPはすっかり廃れてしまいました。

「XMLで電文をやりとりする」或いは「受け取る」という手法は、そこかしこで見かけますが、「そこにわざわざSOAPヘッダをつけなくても、ねぇ」という感じで、有名無実化しています。

XMLで通信するという発想は良かったと思いますが、作り込みの手間とかを考えると、「帯に短し、たすきに長し」感はぬぐえませんでした。

そんな状況の中、GoogleがSOAP Search APIのニュースですから、これはもうSOAPは死んでしまったと言っても過言ではないでしょう。

XMLのことを勉強するきっかけになったのが、SOAP通信であり、Google SOAP Search APIだったので若干の寂しさは残りますが、これもまた時代の流れなんですよね。

コメント (2)

Web2.0の世界では、終焉を迎えましたな。
業務システムでは生き残っていくと見ていますが。

やっぱサクッとアプリを作るには少々重たいよね。
業務システムでは細々と生き残りそうですかね。