« システムの価値はどうやって測る? | メイン | どうなるワンセグビジネス »

XBOX360のゲーム「カルドセプトサーガ」が大変なことになっているらしい

痛いニュース(ノ∀`):【Xbox360】「カルドセプトサーガ」で、プログラマーがランダムなサイコロを作れなかったことが発覚
痛いニュース(ノ∀`):カルドセプトサーガのプランナー、mixi内バグだらけのソフトに懺悔と自社批判

カルドセプトと言えば、カルト的な人気を誇るボードゲーム。

僕もPS2版を持っていて、結構はまって遊んでいました。

その最新作がXBOX360で発売されたのですが、その品質があまりにも悪すぎて、ユーザから不満続出なのだとか。挙げ句、ゲームを作った会社のプランナーがmixiで心情を吐露してしまう始末。

ユーザは、↓こんなブログを作成して必死でバグを潰しているようです。

カルドセプトサーガ不具合情報

それにしても信じられないバグが続出のようです。

ランダムなサイコロの目が出せなかったり、コンピュータの操作が無限ループに陥ってしまったり。どう考えてもテストをした品質とは思えません。

このゲームがオンラインゲームであるという点から、「納期に間に合わない」→「テスト工程を短くする」→「テストが充分でない」→「パッチをあてればなんとかなるだろ」という思惑が制作者サイドにあったんじゃないでしょうか。

それにしても、YouTubeの登場で、「ほら見て、こんな不具合が」というバグ報告のやり方が大きく変わりましたね。手軽だし、分かりやすいし。動画を共有できるメリットが活きているシーンだと思いました。

通常のシステム開発のテストも、こういうノリで動画でエビデンスをためることができたら、やりやすいかもしれません。