« mash up award 2nd | メイン | Windowsキーを活用しよう »

Eclipseを使い始める人がまず押さえるべき10のショートカット

近頃話題の「リンクベイティング」っぽいタイトルにしてみました。

タイトルの通り、Eclipseを使い始める人がまず押さえるべきショートカットです。

"Ctrl + C"のようなWordやテキストエディタでも使うショートカットははずしています。

  1. "Ctrl+Space" --- コンテンツ・アシスト
  2. "Ctrl+Shift+F" --- フォーマット
  3. "Ctrl+Shift+O" --- インポート宣言の編成
  4. "Ctrl+D" --- 次の行を削除
  5. "F12" --- エディターをアクティブにする
  6. "Alt+Shift+J" --- Javadoc コメントの追加
  7. "Ctrl+H" --- 「検索」ダイアログを開く
  8. "Ctrl+Shift+S" --- すべてを保管
  9. "Ctrl+Shift+W" --- すべて閉じる
  10. "Ctrl+1" --- 即時修正

コンテンツ・アシストは基本中の基本ですね。これがあるからかなり楽ができます。

フォーマットもまた基本中の基本。ソースを書いた後は、"Ctrl + F" → "Ctrl + Shift + O" → "Ctrl + S"の手癖を付けておくと良いでしょう。

"Alt+Shift+J"を覚えておくと、Javadocを書く手間が1つ減るので、若干ですが面倒感が減ります。

"Ctrl+H"は検索ダイアログ。"Ctrl + F"ではそのファイル内の検索/置換ダイアログが開きますが、ファイルをまたがっての検索はこちらが便利。

一旦エディタを閉じて整理したいときは、"Ctrl+Shift+S" → "Ctrl+Shift+W"のコンボで。


その他のショートカットキーは↓こちらを参照。
ショートカットキー - EclipseWiki