« GoogleMapsAPIを利用して高解像度のパノラマ写真を見るページ | メイン | Pythonでの数値比較 »

Google Readerの新機能 --- personalized trends

GoogleReaderのTOPページを「All Items」にしていたので気がつかなかったのですが、年明け早々に新機能が追加されていたようです。

左のメニューから「Home」を表示させると、New!という赤字の横に「trends」というリンクがあるので、それをクリックすると見ることができます。

GoogleReader042.jpg


"Trends"と名付けられたページには、以下のようになっています。

4つのエリアから構成されていて、それぞれ以下のようなことが書いてあります。


左上

登録しているフィードの数と、過去1ヶ月(30日)の間に読んだ記事の数、スターを付けた記事の数、共有した記事の数を表示しています。

僕の場合は以下のようになっていました。

From your 73 subscriptions, over the last 30 days you read 3,268 items, starred 125 items, and shared 31 items.


右上

GoogleReader044.jpg

日、時間、週ごとに、記事を読んだ数がまとめられています。(タブで切り替え)

これで、自分が何曜日のどの時間にどれくらいの記事を読んでいるのかが大体把握できます。


左下

GoogleReader045.jpg

フィードごとに、読んだ数、星を付けた数、共有している数が分かります。

自分がどういったたぐいのページ(フィード)に興味を持ったり、あるいは人に教えたりしているのかが分かります。


右下

GoogleReader046.jpg

各フィードごとに、一日あたりの更新数と、最後に更新されてからどらくらい時間が経っているのかが分かります。

これは、更新がないフィードを削除するときに使えそうです。


こういった分析系のデータって、改めて眺めてみるとおもしろいですね。フィードを読んでいる時間帯なんか、自分がどういう行動パターンになっているのかを把握することができますし。

ほかのRSSリーダにはなかなか見られないおもしろ機能が追加されました。