« よくある英語の間違い | メイン | 2つあると良い »

Javaの専門誌がなくなった理由

JavaWorldが廃刊になり、Javaの専門誌がなくなりました。

最近立て続けに起きたJava専門誌の廃刊。時代の流れだとは思いつつも、その理由を考えてみました。


1.業務において"最新の"Javaの技術を利用することはなくなった。

先日、Java6が発表され、「Scripting for Javaの使いどころがわからないが、なんだかおもしろそうだ」なんて熱い技術者の間では話題になっていますが、実際のシステム構築業務において、"最新"のJavaの技術はもはや必要なくなっています。

「Javaのバージョンは1.4系だし、Webアプリ構築ならstrutsでしょ」という妙な暗黙の了解があります。

システム構築の現場には、「いくらがんばって新しい知識を身につけても、実践で使う場がない」という閉塞感が漂っています。

当然、安くない専門誌をわざわざ買って勉強しようと言う若いエンジニアは少なくなっていきます。

そんな状況なので、1.4系のことしか知らない技術者・プログラマ達に、急に「5系を使って構築してみて」と言ったところで、「GENERICS? メタデータ? Annotation? 何それ?」の世界になっちゃうのは仕方ない話です。


2.Java1.4系の技術のお話ならネット上にいくつも情報がある。

で、求められる知識がJava1.4系のもの(しかも基礎レベル)であれば、ネット上に情報は腐るほどあるわけです(実際腐っているものもありますが)。


3.開発環境の向上(Eclipseなど)により、詳しい知識がなくても簡単に動くものが作れるようになった。

さらに、ソース補完や構文チェック、自動ビルドを行ってくれる統合開発環境のおかげで、詳しい知識がなくてもプログラミングできて、動くものが作れてしまう時代になってしまいました。結果、わざわざ雑誌を買ってまで調べなくても良くなってしまいます。


上記の内容を要約すると、技術力がない技術者でも簡単に「動くもの」が作れるようになってしまった、ということです。

いわゆる「専門誌」は、かなーりできる上級の技術者と、初心者~中級者の技術者をつなぐメディアだったわけです。その「つなぎ」がなくなることで、上級者とそれ以下の技術者の技術力格差はどんどん広がる一方です。

Javaもいつかは廃れていくのだとは思いますが、まだもうしばらくは一線でがんばっていける言語なわけで。優秀な技術者を育てるという意味でも、最新のJavaのバージョンで、最新の機能を使ったアプリをどんどん作っていけるような環境を作っていかないとなぁと思いました。

コメント (20)

ひろゆき:

初めて拝見しました。高2でCを一通り勉強しましたひろゆきといいます。これからも見たいのでブックマークしときます。

>実際のシステム構築業務において、"最新"のJavaの技術はもはや必要なくなっています。

・・・。各所にてCの次は何にしようか?(もともとCは古いのでどうしようか迷っていた+Cを勉強したのは通過点にしか限らない)と質問したところJavaがよいということでした。しかし、必要ないのですね。。。僕は将来SEになりたいので、いろいろな言語に勉強しておこうと思っているのですが、今はCをしといたほうがいいのですかね?雑文ですいません。

ひろゆきさん、コメントありがとうございます。

結論から言うと、Javaの勉強はしておいた方が良いと思います。

私の稚拙な文章で誤解を招いたかもしれないと思います。
思うところを↓このエントリに書いてみましたので、またご意見いただければと思います。
SEを目指す若者へ (でぃべろっぱーず・さいど)

ちなみに、Ruby もおすすめの言語ですよ。

ひろゆき:

お忙しい中返答ありがとうございます。僕はJavaをプログラミング言語Java第4版という本で勉強していたのですが、オブジェクト指向がなかなかのみ込めず、くじけました。いちおうCを勉強していたのである程度はのみこめたのですが・・・。なのでもっと違う本で勉強してみます。Rubyも興味があるので文型などを少し見てみます。

オブジェクト指向でくじけちゃいましたか。
Javaの本ではなく、オブジェクト指向についての本(例えば「オブジェクト脳のつくり方」とか)で雰囲気をつかんでみるのも良いかもしれませんね。

ひろゆき:

まつもとゆきひろさんにじきじきJavaかRubyかという質問をさせていただきました。そこでのメールをコピーしておきます。僕が質問したのは、JavaかRubyかということです。

(※まつもとゆきひろさんからのメールの文章はコメント投稿者了承の元削除しました。2007.5.22)

おお、まつもとさんに質問したんですね。すごいなぁ。
真摯な回答をいただいたようでなによりです。

実は僕自身、Ruby を勉強しようとしているところだったりします。これまではずっとJavaをやってましたし、仕事では今もJavaを使っています。
Ruby は何かと可能性を秘めた言語ですので、勉強して損をすると言うことはないですよ。

※まつもとさんとしては、ひろゆきさんだけに読まれることを想定してメールを書いていると思いますので、こういうコメント欄に貼る場合でも確認を取っておいた方が良いと思いますよ。
もし公開して欲しくないということであれば、コメントを非公開にしますので、その旨ご連絡ください。
※※あと、ひろゆきさんの本名とメアドは伏せさせていただきました。事後連絡になってすみません。

ひろゆき:

どうも勝手にコメントを載せてしまいすいません。しかも本名も消していただき本当に迷惑をかけてすいません。少し興奮していた(まさか返事が来るとは思わなかった)ので張ってしまいました。管理人さんに読んでいただきたかっただけですので、消していただいて結構です。

いえいえ。
メールの部分は削除しておきましたね。

>少し興奮していた(まさか返事が来るとは思わなかった)ので張ってしまいました。管理人さんに読んでいただきたかっただけですので、消していただいて結構です。

その気持ち、分かります。
Rubyの作者から返事が来たら興奮しちゃいますよね。

ひろゆき:

一応、まつもとゆきひろさんへ(今の心境のいろいろな言語があり迷っているとの)返答メールを送りましたが(本当に迷惑なことをしてしまいましたが)、「お暇なときに」返答をください、と付け加えておきました。返信が待ち遠しいです。僕は今日Rubyの本を読みにいくと、WebからGUIアプリまで通用する、というほんの記事を見てびっくりしました。ともかく、Rubyも勉強してみようかな?と思ったりもしますが・・・。ところでふと思ったことなのですが、スクリプト言語はいちいちパソコンと対話する(のが僕には感動的で大好き)のですが、保存して再度実行するときはもう一回書き直さないとだめなのでしょうか?

まつもとさんからお返事あると良いですね(とはいえお忙しい方だと思うので、返事があったらラッキーくらいに思っておいた方が良いかも)。

> 保存して再度実行するときはもう一回書き直さないとだめなのでしょうか?


>スクリプト言語はいちいちパソコンと対話する
対話型のRubyのお話ですね。
実行する内容をファイルに保存しているのであれば、そのファイルを呼び出すだけで良いと思いますよ。
# ruby hogehoge.rb
みたいな感じで。
(上記ではhogehoge.rbというファイルを実行しています)

ひろゆき:

そうですね。。。まぁまつもとさんに連絡を取ったおかげで方向性が決まったような気がします。

いや、僕が質問したのは、一回実行しながらソースをコーディングしていって、保存してまた読み込んでまた実行しなおす、というのはできますか?一回実行したから再度、それも一回実行したファイルから読み込み、実行するのは大丈夫なのか?ということです。

んー、ちょっとやりたいことが上手く分からないかなぁ。
まあ、それほど大変なことじゃなさそうなので、とりあえずPCにruby をインストールして試してみてはどうでしょ?

ひろゆき:

変なコメント書いてすいません。来月の小遣いでRubyの入門書を買う予定なので、それから試してみます。

そういえば、ひろゆきさんは高校生でしたね。
小遣いでプログラミング本を買うなんて、うちの会社の若手にも見習って欲しいもんです。
頑張ってね。

ひろゆき:

はい!あくせくがんばってお金ためてます。来月にはRubyの258のクックブックと同じような本のチュートリアルのような内容の本を買います!

ひろゆき:

でも迷ってます。。。すいません。オブジェクト指向の本+C言語の復習できる本のセットもいいかなぁと思ったりしているのですが・・・。そうなればJavaを主に勉強することになります。しかし、Rubyでオブジェクト指向を勉強しながら次にJavaへいくか・・・。迷います。本代が小遣いなので余計迷います。。。

お小遣い使うとなると、迷うよねー。
(僕もよく迷いますよ)
まあ、一生懸命考えた結果なら、何を買っても自分のためになりますよ、きっと。

ひろゆき:

報告です。今日、C言語の復習のような本(速習C言語入門)を買ってきました。これは偶然小銭を集めていく+図書券をもらったので買えました。小遣いではどうしましょうか・・・。Ruby本かオブジェクト指向系の本か・・・。

難しいねぇ。
まあ、言語系の情報はネット上で見つけやすいので、本はオブジェクト指向系の本を買ってみたらどうでしょ。

ひろゆき:

決めました!そうします。オブジェクト指向の本を買うことに決めました。