« Eclipseを使い始める人がまず押さえるべき10のショートカット | メイン | ページを分割して表示するFireFoxのプラグイン »

Windowsキーを活用しよう

del.icio.usで↓こんなエントリを見つけました。
Useful Keyboard Shortcuts in OS X

Mac OS Xの便利なショートカット集だそうです。

残念ながらWindows使いなので、今日は普段あまり使うことのないWindowsキー(Windowsのロゴマークが付いているキー)を利用したショートカットを紹介します。

  1. "Windowsキー" --- [スタート] メニューを表示するか、または非表示にする
  2. "Windowsキー + Break" --- [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示する
  3. "Windowsキー + D" --- デスクトップを表示する
  4. "Windowsキー + M" --- ウィンドウをすべて最小化する
  5. "Windowsキー + Shift + M" --- 最小化したウィンドウを元のサイズに戻す
  6. "Windowsキー + E" --- マイ コンピュータを開く
  7. "Windowsキー + F" --- ファイルまたはフォルダを検索する
  8. "Ctrl + Windowsキー + F" --- コンピュータを検索する
  9. "Windowsキー + F1" --- Windows ヘルプを表示する
  10. "Windowsキー + L" --- コンピュータをロックする
  11. "Windowsキー + R" --- [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開く
  12. "Windowsキー + U" --- ユーティリティ マネージャを開く

4.5.は知っていると、便利です。

人に見られたくない作業(なんだそれ)をやっているとき、不意に人がやってきたら迷わず"Windowsキー + M"ですね。

あと、離席するときは"Windowsキー + L"が便利。

マイコンピュータを開く機会も割と多いので、"Windowsキー + E"も活用できそうです。