« ページを分割して表示するFireFoxのプラグイン | メイン | Googleのサーバエラー画面 »

エラーハンドリングこそしっかりと。

プログラムを作成するときはエラーハンドリングこそしっかりしましょう。

納期に迫られ、焦ってくると「とりあえず動くものを」と焦って、エラーハンドリングもそこそこにしてしまいがちですが、そこはぐっとこらえて、エラーハンドリング部分はしっかりと作り込みましょう。

その後の、結合テストやシステムテストフェーズで、必ず役に立ちます。

逆に言えば、エラーハンドリングを適当にすませて単体テストレベルのスケジュールを守ったところで、必ず後でつけがまわってきます。