« 普段使いのアプリを持ち歩く | メイン | slowriderの次回公演Flash »

機械的に処理したものを人がフォローする仕組み

Googleの翻訳ツールに追加された『suggest a better translation』 | P O P * P O P

過去に「楽しく情報をまとめあげる方法」というエントリで、GoogleがGoogle Image Labelerというサービスを使って、イメージ検索の精度を高めようとしているということを取り上げました。

すべての情報を機械的に処理していくことが多いGoogleにしては、珍しいサービスでしたが、またしても人の手を使って情報の精度を高めるというサービスを開始したようです。

今度は、Google Translatetという翻訳サービスでの取り組み。

機械的に翻訳されたページの中で、訳したい部分をクリックして表示されるテキストボックスに、訳を入力していく形のようです。

ボランティアで翻訳の精度を高めていくということで、なんとなくWikipediaのスタンスに似ていますね。

そのうち検索結果自体も、人為的な作業で順位を変動させるような仕組みができるかもしれません。