« 入門 UML 2.0 | メイン | Tracのtemplateをいじってみる »

TracのwikiにGoogleAjaxSearchを表示するwiki-macro

PythonとTracのmacro作成の練習がてら、GoogleAjaxSearchをTracのWiki上に表示するmacroを作ってみました。

ファイルをダウンロード

上記ファイルを、Tracプロジェクトのwiki-macrosに入れればOKです。

あと、Google Ajax Search APIのKeyが必要になるので、ここで取得しましょう。

これで、TracのWiki上で以下のように記述すればOKです。

[[GoogleAjaxSearch(APIKey)]]

wikiのTopページとかにあると便利かもしれません。

//でも使いどころ限られるのでいらないかな・・・。

↓wikiページの"Edit this page"をクリック。
Trac002.jpg

↓表示させたい場所に[[GoogleAjaxSearch(APIKey)]]のように記述。
Trac003.jpg

↓こんな風に表示されます。
Trac004.jpg

↓検索した結果はこんな感じです。
Trac005.jpg

コメント (2)

あちーじゃん!コレ。
明日会社で入れてみよ。

おー!ありがとう。
ちょっとアプリなんで、まあお遊び程度に使ってみてよ。