« WindowsマシンにTracの環境を構築してみる --- その1 | メイン | Yahoo! Pipe すげぇ »

WindowsマシンにTracの環境を構築してみる --- その2

WindowsマシンにTracの環境を構築してみる --- その1 (でぃべろっぱーず・さいど)

というわけで、昨日の続き。

今日はSubversionをインストールするところから。

Subversionのページから印スーラをダウンロード。僕がダウンロードしたのは、svn-1.4.2-setup.exeでした。

で、そのままインストール。

続いてSubversionのリポジトリを作成。

今回は、Dドライブの直下にprogrammingフォルダを置いて、その下にsvnとtracフォルダを作ることにしました。

D:\programming\svn\repos
D:\programming\trac\main

コマンドプロンプトを起動して、

svnadmin create D:\programming\svn\repos

これでリポジトリ作成完了。

さて、いよいよtracのプロジェクトを作成。

コマンドプロンプトを起動し、一応Cドライブ直下で作業します。

python C:\Python25\Scripts\trac-admin D:\programming\trac\main initenv

後は表示される質問に答えていけばOK。基本デフォルトで良いんですが、リポジトリの設定のところだけは先ほど作ったsvnのリポジトリを設定しましょう。

Project Name [My Project]>
Database connection string [sqlite:db/trac.db]>
Repository type [svn]>
Path to repository [/path/to/repos]>D:\programming\svn\repos
Templates directory [C:\Python24\share\trac\templates]>

さあ、tracdで起動して画面を確認。

python C:\Python25\Scripts\tracd -p 8000 D:\programming\trac\main

tracdサーバを起動して、http://localhost:8000/にアクセスすると画面が…、見えない!

ログを見るとclearsilverが見つからないと言われてます。

ん?

clearsilverはインストールしたはず。

インストールしたのは"clearsilver-0.9.14.win32-py2.4.exe"。

py2.4?

あ、WindowsのPathにPython2.5の方を通してた。

ぎゃっ。やり直さなきゃ。

WindowsのPathにPython2.4の方を設定して、tracをインストール。ログでちゃんとPython2.4のフォルダにインストールされてることを確認。

さあこれでOKだ。

もう一回、tracのプロジェクトを作成…、あ、なんかエラーが。

今度はsqliteが入ってないって。

あー、そういやPython2.5からsqlite3が標準モジュールとして組み込まれたんだった。

というわけで、pysqliteのページからpysqlite-2.3.3.win32-py2.4.exeをダウンロードしてインストール。

これで、もう一回tracのプロジェクトを作成。

Congratulations!

やった!

ん? なんかワーニング出てるよ。

Warning:

You should install the SVN bindings


python C:\Python24\Scripts\tracd --port 8000 D:\programming\trac\main

でサーバを起動して、見てみると、Oops…とか言われているし。

ログを見ると、

TracError: Unsupported version control system "svn"

だって。どうやらpythonからsvnの名前が紐付けられていないのが原因っぽい。

Google先生に聞いてみても、出てくるのはLinuxの事例ばかり。うーむ。

今日はここまでかな。

コメント (2)

kato:

バージョンの組み合わせが悪いんだろうねえ。

僕も会社で導入しました。
Solaris10で大変苦労しましたが、快適に動作しています。

Trac良いよねー。
会社のfedora linuxにはそれほど苦労せずインストールできたんだけどね。
でもまあ、こういう苦労も勉強のうちだと思ってがんばるよ。