« Google が始めた音声による新検索サービス | メイン | Google Maps ライクに操作・設置できる timeline »

ブログのネタ提供サービス

ブロガーに立ちふさがる「ネタ切れ」という壁。

その壁を克服することを手助けするサービスが、最近模索されているようです。

下記で紹介されている「Blogch.jp(ブロッチ)」もその一つ。

これでブログのネタに困らない?--アイシェア、ブログ情報チャンネルを公開 - CNET Japan

ブロッチは、個人ブロガーがブログを書くネタを集めるための、ブログ情報サイト。地域性や興味深い意見を見つけてブロガー同士がつながる、ブログ本来のサービスのほか、自身のブログを多くの人にアピールできるポータル機能や、ブロガーのニュースをピックアップして配信するブロガー記者ニュース、アンケートデータの開示など、ブログの「ネタ」を提供する集合メディアサイトとしてオープンする。

そう言えば、シックス・アパートの次世代ブログシステム「VOX」も、今日のお題として、ブログのネタが提供されることをウリの1つにしていました。

おもしろいものを記録することが目的だったブログが、いつの間にか「更新すること」が目的に素変わっていくと、本末転倒のような気もしないでもないですが、どうなのでしょうか。

ユーザが見つけてきた、個々のおもしろいものが、ソーシャルブックマークなどの仕組みを使って、集合知として形成されていくのがWeb2.0の醍醐味かと思っていましたが、ネタを提供されてそれについて書かされるのでは、そういう醍醐味が失われてしまうのではないかと心配です。

とかなんとか偉そうなことを言う前に、まずは試してみなければ。