« Web3.0の姿 | メイン | Google Maps の「マイマップ」がすげぇ! »

Web2.0時代の選挙対策

選挙法が時代に合っていないことは以前から指摘されていましたが、動画サービスの普及でいよいよ無視してもいられなくなってきたようです。

ITmedia News:“泡沫候補”浮上させるYouTube 選管も困惑
選管困惑…都知事選“泡沫候補”がYouTubeで浮上 Web2.0が選挙を変える?-ITのニュース:イザ!

政見放送は、放映時間や回数が厳しく規定されており、ネット上で自由に投稿・再生される事態は想定外。公職選挙法ではネットを使った選挙運動を禁止しており、候補者や支援者が選挙を優位に進める目的で政見放送をYouTubeに投稿すれば、同法違反に問われる可能性もある。
明らかに選管が時代の流れを読んでなさすぎでしょう。

これだけ違法アップロードが問題になっているのに、政見放送はその対象にはならないと勝手に考えたのでしょうか。「おもしろい」コンテンツがあれば、それが一般ユーザの手によって、様々な手段で多くの人に伝えられていく仕組みが出来上がっています。

とすると、その間隙を狙った外山恒一氏の作戦は成功したんじゃないでしょうか。

「選挙は年寄りのもの」「どうせ若者は選挙に無関心」と自分たちに都合の良い選挙を作り上げてきたご老人たちは足元をすくわれるかもしれませんね。

まあ、外山氏が当選する確率は低いと思いますが。

って、プロフィール見たら我が郷土鹿児島出身だって。

ぎゃふん。

この一件をきっかけに、選挙でもっとネットを活用できるようになれば、また色々と面白くなりそうです。