« インターネット回線料の価格 | メイン | Excel を快適に使う小技 »

NetBeans で Ruby on Rails --- 環境準備編

倉貫さんに「Rails 勉強するなら NetBeans 使ってみると良いかも」と紹介されたので、早速ダウンロードして試してみました。

NetBeans が Ruby on Rails をサポートし始めたのが、NetBeans IDE 6.0 Preview (M7) から。

2007/5/12 の時点では、NetBeans IDE 6.0 Preview (M9) が最新版でした。


NetBeans IDE 6.0 Preview (M9) Information


上記サイトの「Download Preview」からダウンロードページへ。

Basic、Standard、Full の3種類があって、デフォルトでRuby on Rails をサポートしているのはFullだけなので、これをダウンロード(※Basic、Standard でも、後からplugin を追加する形で利用できます)。


インストールの時には、このページの Required Software に下記のように書いてあるように、Java SE Development Kit (JDK) 5.0 Update 11 (version 1.5.0_11) 以降の JDK をあらかじめインストールしておく必要があります。

Before you install the IDE, the Java SE Development Kit (JDK) 5.0 Update 11 (version 1.5.0_11) or newer must be installed on your system.


ダウンロードしたインストーラでさっくりインストールできました。

これで準備はOK。

Java における Eclipse ばりのデバッグ機能やソース補完機能が利用できるので良い感じです。

ただ、NetBeans 自体、PCのスペックを要求すると思うので、古めのPCを利用している人は厳しいかも。

また、NetBeans を利用して Rails アプリを作るデモが下記リンク先で動画で紹介されているので、操作方法が分からず途方に暮れることもなさそうです(ただし、全編英語ですが)。

Created by Camtasia Studio 3