« 世紀の買収劇となるか? | メイン | ヤフーがFlickrに専念 »

YouTube に広告収入を得るプログラム登場

YouTubeにも、動画の投稿者が広告収入を得られるプログラムが登場したようです。

YouTube、人気コンテンツ投稿者に広告収入の道-ITのニュース:イザ!

米Google傘下のYouTubeは5月3日、公式ブログで、新しいパートナープログラムを発表した。このプログラムでは、YouTubeユーザーのうち、作品を多数制作し既に多くの「固定客」を得た投稿者を「ユーザーパートナー」とし、広告収入を得る機会を提供する。


ということで、AdSenseのように誰でも収入を得られるという訳ではないようです。

それなりにYouTubeに貢献していないと駄目ってことですね。

広告の表示も、動画中ではなく動画の外側に表示されるとか。


広告はビデオクリップ内ではなく、「作品の近くに」表示されるという。


CGM系のサイトで、そのサイトの発展に貢献したユーザに収入の道が拓かれるというのは、実はそんなになくって。

これと同じ発想で行くのならば、例えば、はてなブックマークとか、アルファブックマーカとかもはてなからそれなりのペイがあっても良いってことですよね(僕がしらないだけでそういう仕組みはあるのかしら)。

コンテンツを集めるのにはユーザの力が不可欠。そしてそのモチベーションを広告収入から出そうという発想は、間違っていないようですが、逆に金銭でユーザの意欲を買うことでそのCGMサービスが立ちゆかなくなる可能性もあるわけで。

YouTubeで広告収入を得ているユーザの今度の同行は要チェックですね。