« mash up award 3rd 開催! そして「つくるぶ」公開! | メイン | IPA セキュア・プログラミング講座 改訂版 »

Google がガジェット開発者に投資

Google がガジェット開発者に投資を始めるようです。

Google、ガジェット開発者への投資を行うGoogle Gadget Venturesを開始 | ネット | マイコミジャーナル

Google Gadgets Venturesによるガジェット開発者への投資は、以下の二種類に分けられている。

  • 開発の補助金(Grants)
    ガジェット開発者に対し、ガジェットの更なる改善を目的として交付される。交付される金額は$5,000。参加資格は、「Google Gadgets Directory」内にガジェットを作成し、週250,000ページビュー以上を記録すること、となっている。希望者は、1ページからなる提案書をメールする必要がある。提案書には、希望者のメールアドレス、GoogleガジェットのURL、アイデアの詳細、ガジェットの改善に必要な時間の見積もりを記載する。こちらは、年に20件から40件程度の採用を予定しているとのことである。
  • 起業への投資(Seed Investments)
    Googleガジェットプラットフォームを基盤として、新たなビジネスを立ち上げようとする者に対し、$100,000の投資が行われる。こちらを希望する場合は、ガジェットを使用したビジネスプランについての詳細をメールする必要がある。新規企業、既存企業に関わらず、上記の開発補助を受け取ったことのある企業が参加資格を得る。年に2件から5件程度の採用を予定しているとのこと。


ガジェットを作成済みで、そのガジェットが週に250,000ページビューを獲得していなければ、開発の補助金$5,000(60万円くらい?)はもらえないんですね。

国籍は不問のようですが、結構ハードルは高そうです。

一方で企業の方は、アメリカで起業できなければ融資は受けられないみたいです。

そういえば、Google Developer Day 2007 のときに、「今年はガジェットの年です」とか言ってました。

日本での iGoogle ガジェットコンテストもその一環なんでしょうね。

海外では利用者が多いガジェットですが、日本ではまだ今ひとつ盛り上がっていない気がします。

一発打ち上げるなら今かな。

コメント (1)

~起業を目指す開発者・技術者を大募集!~


開発者・技術者特化型の事業支援プロジェクト
『サマー・テック・キャンプ』(STC)の運営開始!

突然のコメントで失礼致します。ALITO株式会社の井上と申します。
弊社は、8月1日より起業家支援プロジェクトの一環として、ネット関連のプログラマー、エンジニア、開発者、技術者を対象とした支援事業を展開しております。こちらは、開発者及び技術者がこれまで培った技術を活用し、自分が作りたいサービスを思う存分2ヶ月間で開発して頂くために、当社が最大限に支援するプロジェクトとなります。支援内容は、生活支援・開発環境支援・資金支援となります。

詳細は、
http://www.alito.co.jp/project/stc/index.html
になります。

是非、一度ご覧下さい。よろしくお願い致します。