« 世界のディズニーランドのマイマップ | メイン | 良い判断だと思う »

struts のタグのstyleClass

ほんと今更感のある話ですが、今日改めて「そうかー」と納得したので。

struts のタグを使ってimgタグを書き出すときは以下のように指定します。

<html:img src="hoge.jpg" />

でもって、この画像タグにclass属性を付けてstyleを指定したいときは、class ではなく、styleClass属性に指定します。

<html:img src="hoge.jpg" styleClass="moge"/>

なんでclassじゃだめかというと、classがJavaの予約語だから。

上記タグの指定だと、strutsのImgTagクラスで、getStyleClass が実行されるわけです。当然styleClassプロパティもあります。

これがclassだと、getClass とか、class というプロパティとかが存在することになって、それってNGですよね。

ほんと何を今更的な話ですが、strutsのタグ周りのソースを眺めていてなるほどなぁと感心。

stringbufferとかでベタにimgタグを作って書き出す部分とかあったりして、生々しいなぁと。

フレームワークって便利なんで、ただ使うだけってことになりがちですが、、ちゃんとソースを見るってのも重要ですね。

---

トラックバックスパムの量があまりに酷いのでトラックバックを一旦閉じました。