« Gmail を活用した au のウェブメール au one メール | メイン | gihyo.jp でredMineの連載開始 & Tech 総研に登場 »

チームラボがケータイのコンセプトモデルを発表

オモロ 検索エンジン SAGOOL サグール」でおなじみのチームラボがケータイのコンセプトモデルを製作したそうです。

KDDI、ケータイがケータイし忘れていたもの展を開催 - コンセプトモデル公開 | 携帯 | マイコミジャーナル
Japan.internet.com 携帯・ワイヤレス - KDDI、チームラボなどが手がけた新コンセプトモデル展示会を開催
チームラボが考えると、ケータイはどうオモロくなる?:モバイルチャンネル - CNET Japan


ケータイの中に街を作ったり、操作に応じて水墨画の模様が変わったりと、相変わらず独特な世界観で攻めていますね。

「コミュニケーションという本来の目的を忘れるようなものにしたい。『街を育てたいから○○さんにメール打たなきゃ』というようになったら面白い」(猪子氏)

この「操作に応じてインターフェースが変化する」というコンセプトは、おもしろいですね。

好きな人からメールが来たら街が成長するけど、システムの障害連絡メールが来たら街が滅びるとかね。

チームラボは先日、経済産業省の情報大航海プロジェクトに採択されたというビッグ・ニュースがありましたね。

巨人Google がいる検索業界に敢えて戦いを挑んでいる姿勢が好きなので、チームラボにはこれからも活躍してほしいです。

コメント (2)

オケムラ:

ラボかあ。
僕は自作映画の上映のため、オフィスを訪れたことがあります。

今思うと不思議なつながりだ。

2年前かな、ラボが出展したスヌーピー展は面白かったよ。

へー、オフィスに行ったことあるんですね。
今ラボは、オフィス2.0という提案もしているみたいですよ。
おもしろい会社だなぁ。