« 上司って難しい | メイン | 新鋭のプログラミング言語 Neko »

Windows Live Revolution?

microsoft が Windows Live を強化する方向性を発表したようです。

Hotmail容量が“Gmailの2倍”に - ITmedia Biz.ID

Windows Liveは、オンラインサービスとソフトをシームレスに利用できるようにし、各サービスのIDを統合して利便性を高める。MSNでは動画などリッチコンテンツを増やして集客しつつ、広告配信を強化する。

うーん。やりたいことは分かるけど、今からで果たしてうまくいくのかしら。

広告配信を強化とか、サービスコンセプトがGoogle の模倣になりつつある気がしますね。

Hotmailの容量は、現在の2Gバイトから、8月にも倍以上に増やし、アンチスパム機能を強化する。Outlook Express後継のメールソフト「Windows Live Mail」も秋にリリース。Gmailなど他社のWebメールも統合管理できるようにし、ソフトとオンラインサービスの垣根をなくす。

Hotmail も容量UPしてアンチスパム機能を強化するってのも、今ひとつ魅力的なキーワードに聞こえないんですよね。

唯一興味深かったのは、

「Silverlightや、マウスオンで検索できる新技術も活用し、新しいメディアエクスペリエンスを提供する」

ってところかなぁ。新しいメディアエクスペリエンスって、どんなんだろ。