« 犬専用検索エンジン Dooggle | メイン | Adobe AIR完全解説 »

"もしかして Google " の境界値

昨日のエントリでDooggleを検索したとき、↓こんな感じで「もしかしてGoogle」のリコメンドリンクが表示されました。

070929_01.gif

ということで、どんなときに「もしかして Google 」のリンクが表示されるのか気になったので調べてみました。

※Google アカウントにログインしている状態なので、パーソナライズド検索の影響を受けているかもしれません。
※2007/9/29 23:00頃の実験結果です。

まずはベタに "oogle" で検索。

070929_02.gif

表示されました。

次に "ogle" で検索。

070929_03.gif

ダメでした。

次に "o" を増やしていきます。

"gooogle" で検索。

070929_04.gif

出ました。

"gooogle" から順に "o" を増やしていって、"gooooooogle" までは出ましたが、"goooooooogle" ではリコメンドされず。

次の、"gooooooooogle" からは「もしかして」が表示されなかった "goooooooogle" がリコメンドされるようになりました。

070929_05.gif

これ以降、もっと"o"を増やしてみましたが、最後に「もしかして」が表示されなかった検索ワードがリコメンドされるルールになってました。


次に、Google の "G" を別のアルファベットに置き換えてみます。

↓○は「もしかしてGoogle」が表示されたもの、×は表示されなかったものです。

○ Aoogle
070929_06.gif

× Boogle
○ Coogle
070929_07.gif

× Doogle
○ Eoogle
070929_08.gif

× Foogle
× Hoogle
○ Ioogle
070929_09.gif

× Joogle
× Koogle
× Loogle
× Moogle
× Noogle
○ Ooogle
070929_10.gif

× Poogle
× Qoogle
× Roogle
× Soogle
× Toogle
× Uoogle
× Voogle
070929_11.gif

× Woogle
× Xoogle
× Yoogle
× Zoogle

意外と表示されないものですね。