« SPAM using Google I'm feeling lucky! | メイン | MashupChallenge »

AIR ベータ2 公開

そろそろ AIR アプリの開発に手を出してみようかなと思ってます。

先日、AIR のベータ2が公開されたので、どんなもんなのかと思ったら↓下記ページに変更点が詳しく紹介されていました。


Adobe AIRで作るデスクトップアプリケーション:第10回 Adobe AIR ベータ2公開|gihyo.jp

  • ByteArray.inflate()とByteArray.deflate()の両メソッドが無くなり,代わりにByteArray.compress()とByteArray.uncompress()メソッドで引数を指定する形式になりました。引数にはCompressionAlgorithm.DEFLATEまたはCompressionAlgorithm.ZLIBを渡します。
  • TransferableDataクラスとClipboardManagerクラスが無くなり,代わりにClipboardクラスを使うことになりました。クリップボードの読み書きを行う際は,ClipboardManager.accessClipboard()ではなくClipboard.generalClipboardというシングルトンオブジェクトを使います。
  • DragManager.isDraggingはメソッドからプロパティに変更になりました。
  • Doorクラスが無くなり,LoaderInfoクラスのDoor関連APIの名前が変更されました。
    • LoaderInfo.parentDoor → LoaderInfo.parentSandboxBridge
    • LoaderInfo.childDoor → LoaderInfo.childSandboxBridge
  • ・File APIのメソッド名がいくつか変更されました。
    • File.listDirectories() → File.getDirectoryListing()
    • File.listDirectoriesAsync() → File.getDirectoryListingAsync()
    • File.listRootDirectories() → File.getRootDirectories()
    • File.relativize() → File.getRelativePath()
    • File.resolve() → File.resolvePath()
  • NativeWindowコンストラクタのvisibleパラメータが無くなりました。NativeWindowオブジェクトを生成してからvisibleプロパティを設定することになります。
  • NativeWindowCapabiltiesクラスが無くなり,各プロパティはNativeWindowクラスに移動しました。
    • NativeWindowCapabilities.hasWindowIcon → NativeWindow.supportsIcon
    • NativeWindowCapabilities.hasMenu → NativeWindow.supportsMenu
    • NativeWindowCapabilities.windowMinSize → NativeWindow.systemMinSize
    • NativeWindowCapabilities.windowMaxSize → NativeWindow.systemMaxSize
  • Stage.windowプロパティはStage.nativeWindowプロパティに変更されました。
  • System.pause(),System.resume(),System.gc()の各メソッドは,デバッグモードでのみ有効になりました。ADLでの動作確認中はデバッグモードになります(-nodebugオプションを指定しない場合)。
  • System.exit()メソッドはAIRでは使えなくなりました。代わりにShell.exit()メソッドを使います。
  • Beta 1までは相対URLはapp-resource:/ディレクトリを基準としていましたが,Beta 2からはSWF/HTMLコンテンツが基準となります。

結構大幅に変わってますね。

特に、File クラス周りとNativeWindow クラス周り。

デスクトップアプリケーションとして、これまでFlash でなかった辺りの仕様がまだ固まっていない感じなのかなぁ。

まあ、勉強の意味でサンプルアプリでも作ってみようかな。