« チルダ | メイン | rosy.js に mappinObj と mappingObjArray を追加 »

ECMAScript 第4版

ECMAScript 第4版の最終ドラフトが公開されたようです。

ECMAScript 第4版の最終ドラフトが公開 - JavaScriptデベロッパは注目を | エンタープライズ | マイコミジャーナル

ECMAScript 第4版 最終ドラフト

リンク先は英語なので、時間を取ってじっくり読まないと・・・。

ECMAScript 4th Editionは将来的にそのままJavaScriptに採用されることになるとみられる。

確か次世代JavaScriptはprototypeベースじゃなくなるんですよね。

せっかく覚えてきたのに、その辺の仕様が変わってしまうのは残念ですが、新しく追加される機能は結構リッチなものが多いです。

3rd Editionと互換性を保ちながらも言語機能(クラス、インタフェース、名前空間、パッケージ、プログラムユニット、アノテーション、静的型チェックと検証)、スクリプティング(構造型、ダック型、型定義、マルチメソッド)、データ型構築子(パラメータ型、アクセッサメソッド、メタレベルメソッド)、制御アブストラクション、イントロスペクションなどに及ぶ、大幅な機能追加/強化が実施されている。

これはこれで面白そう。

でも、今のJavaScriptのお手軽さはなくなりそうな雰囲気ですね。あの自由な感じが好きなのになぁ。