« rosy.js の toNumberFormat を修正 | メイン | javascript の高速化 by amachang »

社内SNS導入企業に対するアンケート結果

社内SNSは「会社の風通しを良くする」 - 社内SNS導入企業アンケート | 経営 | マイコミジャーナル

社内SNS という言葉も、割と一般的になってきた気がします。そんな中の、社内SNS利用企業に対するアンケートの結果。

アンケート結果によると、社内SNSは比較的大規模な組織で有効活用されており、導入により社内のコミュニケーションが円滑になる傾向にあることがわかったという。

前から書いていますが、うちの会社の中にも倉貫さんが作ったSNSがあります。

最近僕は社外常駐でほとんどアクセスできていないのですが、帰社日などにアクセスすると、その都度新しい人が参加&書込をしていて、徐々に広まっている感じはします。

ただ、じゃあ会社全体のコミュニケーションが円滑になったかというと、まだそこまでじゃなくて。

頭の固いおじさん連中は頑なに書き込んだりしようとしないし、若手でもブログとか書き慣れていない人は、自分の考えを書き残すことに対して抵抗があるようです。

個人的に感じている一番の効用は、おそらくSNSがない状態だったら、話もしなかったような違う部署の人とコミュニケーションを取れるようになったことだと思っています。「へー、こんなおもしろいこと考えている人いたんだ」「頭いい人いるなぁ」と、刺激になることもしばしば。

ROMでもそういう書込を見て刺激になるんでしょうが、やはりユーザとして同じ土俵に立ってこそ得られるものもあります。

サイト管理や質疑応答、場の盛り上げ役としてファシリテーター(推進役)を置いている企業は全体の55%に上ることから、ファシリテーターの存在はサイト運営上、重要視される傾向だということがわかる。

確かに、「良いコミュニティ」には「良い先導役」が不可欠だと思います。

話題を振ったり、不適切な発言を諫めたり、もめ事が起こりそうだったら事前に鎮火したり。

僕自身、コミュニティの運営とかは全くの苦手なので、この辺の役割はなかなか向かないんだよなぁ。

いわゆるブログとかメールで自分の意見を書いたり、人の意見にコメントしたりしたことない人が多い会社は、その辺のリテラシを上げるところから目標にした方が良いかも。

あと、こういうコミュニケーションツール(メッセンジャーとかもそうかな)を導入した場合は、対面でのコミュニケーションとの使い分けのセンスも重要になってくるはず。

その辺のバランスの取り方が、実は一番難しいところ何じゃないかと最近思ってます。