« Gmail の容量が3Gに | メイン | Google Docs × iPhone »

Re: rosy.js の toNumberFormat を修正

rosy.js の toNumberFormat を修正」のコメントでtomさんからコメントいただいたので、仕様を検討。

×小数点が2つ以上あるときにエラーにならない(たとえばNaN=Not_a_Numberを返すべき) ⇒入力の「文字列」を「数値」として解釈し、カンマ区切りの「文字列」として返す以上、数値として解釈するところでエラーになるパターンがあるはず。いまはできるだけエラーを返さないつもりみたいだけど(文字列があったら無視している)、もう少し厳しい解釈をするほうがライブラリとしての使い勝手が良いのでは?

確かに。

今はかなりゆるーい解釈をしていて、途中に数字以外の文字が入っていても無視してくれちゃうわけです。

こうしたのは理由があって、例えば数値を入力する必要があるテキストフォームの値に定期的にこの関数を実行してやれば、3桁区切りの数値が常に表示されるようなテキストフォームができるんじゃないかなぁと思ったため。

でもまあ確かに、ライブラリとして出すのであれば、ご指摘の通りだと思うので修正します。

isNumber() とか isNumberFormat() とかいう関数を実装してみようかな。


×http://rosy.googlecode.com/svn/trunk/rosy/sample/extends_string.htmlをFireFoxで開くとなぜかソースが表示される

これ、何でですかね・・・。htmlの書き方がまずいのかな。うーん。


>美しくないなぁ。
ソースコードとして美しくないと思う点を。
\d」と「[0-9]」って等価では? ひとつのソースコードに混在させる意味はありますか?
あとaとかbとか配列の名前が可読性を損なってるのかも。一文字変数・関数って非常にGoogleっぽいけど。

これは確かに。正規表現書き慣れていないので、ぶれちゃうんですねぇ。統一します。

でもって、1文字変数・関数は、内部で利用するものだし、こういうところで文字数を減らしておこうという目論見です。

仕事では1文字変数・関数はNGとしているので、こういうところで試しに使ってみようかと。

確かに可読性を損なっちゃいますけどね。