« Ability Mix Communicator FlyA フライア | メイン | 社内SNS導入企業に対するアンケート結果 »

rosy.js の toNumberFormat を修正

暇つぶしに JavaScript のライブラリを作ってみることにしました。 」にて、最初に手を付けたString クラスの拡張メソッド toNumberFormat に、コメント欄で会社の先輩tomさんが「負の数と小数にも対応してみてください」とリクエストしてくださったので、対応してみました。

rosy.js sample page --- extends string

<ソース>

さくっと綺麗に書けると思うんだけど、なんだかこってりしたソースになっちゃいました。美しくないなぁ。

<関連エントリ>

暇つぶしに JavaScript のライブラリを作ってみることにしました。 (でぃべろっぱーず・さいど)

コメント (1)

tom:

早速ありがとうございます。
ライブラリとして公開することはブラッシュアップすることだと思うので再度辛口突っ込み。

×小数点が2つ以上あるときにエラーにならない(たとえばNaN=Not_a_Numberを返すべき)
⇒入力の「文字列」を「数値」として解釈し、カンマ区切りの「文字列」として返す以上、数値として解釈するところでエラーになるパターンがあるはず。いまはできるだけエラーを返さないつもりみたいだけど(文字列があったら無視している)、もう少し厳しい解釈をするほうがライブラリとしての使い勝手が良いのでは?
×http://rosy.googlecode.com/svn/trunk/rosy/sample/extends_string.htmlをFireFoxで開くとなぜかソースが表示される

>美しくないなぁ。
ソースコードとして美しくないと思う点を。
\d」と「[0-9]」って等価では? ひとつのソースコードに混在させる意味はありますか?
あとaとかbとか配列の名前が可読性を損なってるのかも。一文字変数・関数って非常にGoogleっぽいけど。