« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月 アーカイブ

2007年11月30日

iGoogle ガジェットコンテスト授賞式オフィシャルレポート

iGoogle ガジェットコンテストのページで授賞式の様子が公開されてました。

iGoogleガジェットコンテスト授賞式が開催

で、僕のインタビューの内容が載ってるんですが・・・。

今回、このガジェットの1番のポイントは「くだらなさ」です。誰も見たこともないようなものを作ってやろうという遊び心で作りました。開発のきっかけは、Google Developer Dayでガジェットの説明をしていたソフィアさんが可愛いかった事です。彼女に関心を持ってもらえるガジェットを作成できないかと思い、インパクトのあるものを目指しました。しゃべる言葉は、あらかじめ用意したものをランダムに選んでいるだけなので、特に意味はありません。

なんか、明らかに浮いてますよ。みんなまじめなこと受け答えしているのに。なんか写真も酔っぱらってるおっさんみたいになってるし。

いやね、当日の会場でガジェットの説明をするコーナーがあったんですが、みんなまじめに解説しているからちょっと会場をあたためようかと思って調子こいてしゃべった内容が大々的にフィーチャーされてますよ。

まあ、受賞作を見ても僕のガジェットだけ浮いてるしね。そらGoogleの人も「くだらない」と思うわ。

ちなみにそのソフィアさんは↓この人。

使っている人も多いと思うけど、TODO リストガジェットを作った人なんだって。

この授賞式で思いついたガジェットがあるんだけど、いつ作ろうかなぁ。年内はちょっと無理なので来年早々に着手しようかな。

もちろん実用性の低いバカガジェットですが。

2007年11月29日

健全な場ってなんだ

ヤフー井上社長に聞く:「『健全な場』が最後に勝つ」「ケータイはPC超える」「Androidはうさん臭い」 (1/4) - ITmedia News

ただちょっとよく分からないのは、Androidが「無料です」と言ってるのがすごくうさん臭いなぁと。プラットフォームというのは、何十年も継続してくれないと困る。

PCではIntelとMicrosoftがプラットフォームを作り、その間にお金もうけもしたけれど、営利事業としてやってくれたから継続する。特にメーカーからは「ちょっともうけすぎじゃないか」といううらみつらみもあるが、そのお陰でユーザーは恩恵を被った。

Androidは「無料でやります」と言っているのがうさんくさい。ちゃんとお金を取ってやるべきじゃないかとぼくは思う。「何か後ろで悪いこと考えているんじゃないのか」と思うじゃないですか。

お金を取る/取らないで健全かどうかを判断するのはどうなのかなぁ。

Google の場合、インターネットの広告事業でバカ設けしていて、どんどん使っていかないとお金がたまって仕方ないってかんじになっている。

で、それをこういう公共事業的なところに使おうとしているだけなわけで。

そりゃね、プラットフォームを独占しようとか、携帯市場をどうしたいこうしたいってのはあると思うけど、お金がかつかつの危なっかしいところが手を出したり、営利目的が全面に出過ぎて変な仕様を策定されるよりはだいぶ健全だと思うけどなぁ。

とか思ったら、↓こんな痛快なエントリが。

狐の王国 Yahoo!Japanが後ろで悪いこと考えてるんじゃないかと思ってしまう件

Googleの歴史は短いけど、無料で提供していたサービスを突然有料に切り替えたことはないよね、まだ。

2007年11月28日

Google Maps に「地形」が追加

なにげにGoogleMapsを見てみたら、右上の方に見慣れない「地形」の文字が。

クリックしてみると、今まで「地図+航空写真」だったものが、地形の地図になっていました。

↓こんな感じ。

071128_01.jpg


なんかこういう地図見ていると、地理の時間に見ていた地図帳の地図を思い出します。


↓埋め込みもできるみたいですね。


拡大地図を表示

※新橋の焼肉店にマーカーが付いてますが気にしないでください;

2007年11月27日

Geek 島耕作

島耕作シリーズという漫画があります。

知っている人も多いでしょうが、「課長島耕作」から始まり、「部長島耕作」「取締役島耕作」「常務島耕作」「専務島耕作」そして、若かりし日を綴った「ヤング島耕作」と、島耕作の出世の様子を描いた漫画です。

もし、IT系の世界で島耕作が活躍するとしたら、どんな肩書きがありえるか考えてみました。


「プログラマ 島耕作」
 :どんな難解な仕様が来ても、深夜残業の会社で同僚の女子社員とXXXすることで、なんなく解決。

「アーキテクト 島耕作」
 :どんな難易度の高いシステムでも、同僚の女子社員とXXXすることで、なんなく設計。

「Geek 島耕作」
 :島耕作が女性とXXXしながら、独自のアプリケーションフレームワークを産みだし、世界に名をとどろかせる物語。

「ブロガー 島耕作」
 :刺激的な女性遍歴を赤裸々にブログに綴り、アルファブロガーへの階段を上っていく物語。

「id:島耕作」
 :彼が書くダイアリーはどれもはてブでホッテントリ入り。まさしくスター。それもこれも女性村民と(ry


とか書いてみたけど、なんかパッとしないなぁ。

それだけ「島耕作」って名前に80~90年代の泥臭いイメージが染みついているのか、はたまたIT系の肩書きが弱いのか。

まあ、肩書きなんてのは後からついてくるもの、くらいに思っておいた方が良いんでしょうね。

2007年11月26日

手軽で使い勝手の良いCompact Calendar 2008

昨年紹介したCompact Calendar の2008年度版を、オリジナルを作っているDavid さんが発表していたので、日本語化しました。

071126_01.jpg

↓ダウンロードはこちらからどうぞ。(2007.12.4 23:00 リンク先を海の日を修正したファイルに切り替えました)

Compact Calendar 2008 (月曜始まり)をダウンロード

Compact Calendar 2008 (日曜始まり)をダウンロード

↓こちらはPDF版です。(2008.1.10 20:10 コメント欄で要望があったのでPDF版を追加しました)

Compact Calendar 2008 PDF (月曜始まり)をダウンロード

Compact Calendar 2008 PDF(日曜始まり)をダウンロード


と、実は僕が日本語化するまでもなく、id:dewdropさんが↓日本語の2008年度版カレンダーを出力するスクリプトを作られています。

compactcalendar.rb - Quietstar

なので、わざわざ日本語化することもなかったんですが、一応若干仕様に変更が加えられていた(祝日を別シートで管理)のと、オリジナルの配色版もあった方が良いかなと思って作りました。

2008.8.20 1:10 追記

ブラウザから自由な日付でCompact Calendarを作れるCompact Calendar Creatorを作りました。どうぞご利用ください。

Compact Calendar Creator

自分だけのCompact Calendarを作れるCompact Calendar Creatorを作った (でぃべろっぱーず・さいど)

2008.10.08 追記

2009年版を公開しました。どうぞご利用ください。

手軽で使い勝手の良いCompact Calendar 2009 (でぃべろっぱーず・さいど)

2007年11月25日

続・Gmail ショートカットの Cheat Sheet を表示する bookmarklet を作ったよ

Google 検索とGmail ショートカットの Cheat Sheet を表示する bookmarklet を作ったよ (でぃべろっぱーず・さいど) にてGmailのショートカットキーを表示する bookmarklet を作ってみたのですが、アメリカで先行リリースされている version2では動作しませんでした。

大きな理由は、ページの構造が変わっていたためです。
旧版では、frame を使っていましたが、新版ではiframe を用いています。

ということで、新しい方で動くGmail Bookmarklet を作ってみました。

↓Gmail1.0 ショートカット cheat sheet (日本語) ※Gmailのページでしか動作しません。
Gmail1.0 cheat sheat (ja)

↓Gmail1.0 ショートカット cheat sheet (英語) ※Gmailのページでしか動作しません。
Gmail1.0 cheat sheat (en)


↓Gmail2.0 ショートカット cheat sheet (日本語) ※GmailのページではFirefox限定です。
Gmail2.0 cheat sheat (ja)

↓Gmail2.0 ショートカット cheat sheet (英語) ※GmailのページではFirefox限定です。
Gmail2.0 cheat sheat (en)

※Gmail の方は、画面上部の「設定」から、ショートカットキーを「有効」にしておかないと、ショートカットが使えませんのでご注意を。
※(2007.11.27追記)Gmailの方は、version1.0とversion2.0でbookmarkletを分けました。version2.0の方はFirefox 限定です。

ただしこれも条件があって、Firefoxでしか動作を確認できていません。

IE7の画面で実行すると、チートシートが表示されるのですが、他の要素が消えてしまいます。

試しに、アドレスバーに javascript:alert('hoge');void(0); と打って実行してみたら、同じようにページの内容が消えてしまいました。

アドレスバーからのJavaScript 実行が制限されているようです。どうやってるんだろ。

とりあえず、上記ブックマークレットは新版のGmailでFirefox 限定ということになります。

2007年11月24日

楽天テクノロジーカンファレンス2007レポート

会社の先輩である倉貫さんを誘って、楽天の主催するイベント「楽天テクノロジーカンファレンス2007」に行ってきました。

【楽天】テクノロジーカンファレンス2007

なんか直前までプログラムとかが公開されず、どんな内容のイベントなのかもよく分からないままの参加で、第1回目の開催ということで色々と試行錯誤的な部分もありましたが、トータルで面白いイベントだったと思います。


ということで、簡単にレポートをまとめたいと思います。(本当は写真も織り交ぜながらと思ったんですが、写真撮影が禁止されていたので、それは断念しました。


オープニング 13:00 - 13:10 (楽天株式会社 取締役 常務執行役員 杉原章郎)

開会宣言みたいなものですね。
楽天は、サービスの会社であって、技術はもっていない、というイメージを払拭したいと語られてました。最近方々で楽天の技術部門の記事が載ったり、まつもとさんがフェローに就任したりしたのはそういうことだったんですね。


Eco Innovation 13:10 - 13:40 (Sun Microsystems株式会社 代表取締役社長 末次朝彦)

正直、この講演はいらなかったんじゃないかと思います。
内容は、Sunの製品紹介がメインで、楽天に関する話題が少々って感じ。タイトルのEco ってのも分からなくないんですが、オープニングに続いての講演にしてはちょっと場違いだったんじゃないかなぁ。
この講演を聞いて、「なんだか思っていたイベントじゃないぞ」と思われたエンジニアも多かったんじゃないかと。


日本発の楽天に期待すること 13:40 - 14:10 (楽天株式会社 楽天技術研究所フェロー まつもとゆきひろ)

先の講演で?マークだった人は、この講演で元気になったんじゃないでしょうか。
さすがにエンジニアのハートをがっつりとつかむような内容だったと思います。
内容は、なんでまつもとさんが楽天技術研究所のフェローになったのか、とかRuby と楽天の補完関係とか。
面白かったのは、楽天のロゴの真ん中にある赤いRのマーク。これがある意味Ruby を指していると。そう言われればそうですね。
まつもとさん的には、今後楽天発の技術をオープンソースとして展開していきたいという想いがあるようです。
話の途中でSIerが少しだけDisられたのが痛快でした(僕もSIerなんだけど)。


楽天技術研究所と未来ビジョン「サードリアリティ」 14:10 - 14:30 (楽天株式会社 楽天技術研究所 代表 森正弥)

技術研究所でどんなことをやっているかの説明。
リアリティは目の前で起きている事象だけじゃなく、色んなメディアから飛び込んでくる情報を頭の中で再構成してリアリティは作られる、みたいな。
じっくり聞いたらかなりおもしろい話なんだけれど、20分しか時間がなく、残念でした。


Lanuch Pad INNOVATION OF SEARCH / 楽天MAP 14:30-14:50

楽天発の新サービスの紹介コーナー。
携帯の検索エンジンのお話と、グループで統一された地図の話でした。
検索エンジンの方はあまりぱっとしない内容でしたが、楽天MAPの方は、技術の会社らしい新サービスの発表でおもしろかったです。

楽天マップ(α) - いつも行く場所、いつか行きたい場所。そんな場所を、ブックマークしておけるスポットブックマークサービス「楽天マップ(α)」

場所をブックマークして、それに対してコメントできたりするサービス。
どこかのマッシュアップサイトで見たことあるコンセプトですが、これが3500万人いる楽天会員に対して提供されるってのがすごいですね。
あと、ブックマークレットも提供されていて、住所が書いてあるページでそのブックマークレットを実行すると、自動的に住所らしき文言をピックアップしてくれて、ジオコーディングしてくれるという便利機能です。

楽天市場ワールド

こちらははてなワンワンワールドを彷彿とさせるようなサービス。
賞品がどこからどこへ発想されているかが延々と表示されるだけのサービスです。
これが結構おもしろくて、twittervisionを見ているような感覚になりました。


楽天における技術の取り組みと今後の新しい展開・可能性 15:00 - 15:30 (楽天株式会社 取締役 常務執行役員 安武弘晃)

タイトルに今後の新しい展開・可能性と書いてあったので、かなり具体的な話が聞けるのかと思ったんですが、大半が楽天設立当初の思い出話に費やされてしまい、後半が結構はしょられてしまったのが残念でした。
でも、楽天設立当初の超ベンチャーっぽいところはかなり面白そうなエピソードがありそうなので、それだけで1時間くらいのセッションがあっても良かったんじゃないかな。そういう話を聞きたいという人もいるだろうし。


楽天経済圏を支える楽天のシステム 15:30 - 16:00 (楽天株式会社 執行役員 和田圭)

楽天のインフラ側からのお話。これはこれでおもしろくて、データセンターの配線の設計もできるようになりました、と、ラックのbefore / after の写真があって、おもしろかったですね。
サービスがスケールアウトしていっても困らないデータセンターの配置設計とかあるらしく。できればその辺の具体的な話も聞きたかったなぁ。


この後、いくつかショートセッションが複数の会場であったのですが、13Fの食堂でブレイクタイム。タリーズのコーヒーを飲んだ後、展示会場へ。

my RakutenがiGoogle みたいにガジェット化されていたり、実際にプログラミングしている様子を展示していたり。

my Rakutenのガジェットは、Flash プレーヤがガジェットの枠をはみ出して表示されていたので、あれはiframe じゃなくinline ガジェットなのかな。だとしたら、結構セキュリティ的な問題があると思うんだけど、どうなんだろ。一般ユーザからのガジェットは受け付けなかったら良いのか。


パネルディスカッション 『これからの10年、これからのテクノロジー ~ エンジニアに求められるもの』
17:30-18:10
(楽天株式会社 代表取締役社長兼会長 三木谷浩史
楽天株式会社 楽天技術研究所フェロー まつもとゆきひろ
Adobe Systems 株式会社 代表取締役社長 ギャレット・イルグ)

で、本日のメインイベントである、三木谷さん、まつもとさん、ギャレットさんのパネルディスカッション。
エンジニアに求めること、というテーマでお話をされていました。

最後に、エンジニアに向けたメッセージを求められていて、ギャレットさんが「自分の敵や、自分を追いかけてこようとするものではなく、自分自身の内面をよく見つめて、最高のパフォーマンスを出せればなにも怖いモノはない」ということをおっしゃられていて、勇気づけられました。

まつもとさんの、心理的障壁を越えていけというメッセージも良かったなぁ。


本当はこの後懇親会があったのですが、人が多そうだったので帰って来ちゃいました。

トータルしての感想ですが、「技術の楽天」というキーワードをアピールしたかった割には、その部分がよわかったんじゃないかなぁと思います。

というのも、オープンソースへの貢献したい、というメッセージは逆にまだ今はオープンソースへの貢献がないという意味だし、RoRやってますってのも、鮮度的にはあまり活きが良くないと思うのです(RoRはまだまだこれからの技術ですが、こういうセッションで大々的に宣伝するにはちょっと弱いかと)。

タイトルに2007と銘打っていると言うことは、また次回があるわけで。次回はGoogleのように、オープンソースでこんな技術を展開しています、というような内容があることを期待することにします。

あと、楽天APIとかの適用事例とか、今後のAPI公開のマイルストンとか、その辺もがっつりやってくれると嬉しかったですね。

2007年11月23日

Google 検索とGmail ショートカットの Cheat Sheet を表示する bookmarklet を作ったよ

Google の検索オプションや、Gmail のショートカットは便利なんだけど、最初はなかなか覚えられないモノ。

たまにど忘れして、思い出したいとき、新しいウィンドウを開いたり、ページ遷移するのがなんとなくスマートじゃないと思ったので、cheatsheet を表示する bookmarklet を作ってみました。

以下のリンクを「右クリック」→「お気に入りに追加」でどうぞ。

↓Google 検索 cheat sheet (日本語)
Google search cheat sheat (ja)

↓Google 検索 cheat sheet (英語)
Google search cheat sheat (en)


↓Gmail1.0 ショートカット cheat sheet (日本語) ※Gmailのページでしか動作しません。
Gmail1.0 cheat sheat (ja)

↓Gmail1.0 ショートカット cheat sheet (英語) ※Gmailのページでしか動作しません。
Gmail1.0 cheat sheat (en)


↓Gmail2.0 ショートカット cheat sheet (日本語) ※GmailのページではFirefox限定です。
Gmail2.0 cheat sheat (ja)

↓Gmail2.0 ショートカット cheat sheet (英語) ※GmailのページではFirefox限定です。
Gmail2.0 cheat sheat (en)

※Gmail の方は、画面上部の「設定」から、ショートカットキーを「有効」にしておかないと、ショートカットが使えませんのでご注意を。
※(2007.11.25追記)Gmailの方は、ソースコードが修正されたversion2では動作しません。詳細は別エントリに書きました(こちら)。
※(2007.11.27追記)Gmailの方は、version1.0とversion2.0でbookmarkletを分けました。version2.0の方はFirefox 限定です。

bookmarklet 的にちょっとやっかいだったのは、Gmailの方。

Gmailのページってフレームで作られてるんですね。で、フレームを表示しているページのアドレス欄に子フレームのbody にscript タグを append しようとしたら「引数が違います」って怒られちゃいました。同じコードでFirefox は動いているのに。

で、試行錯誤の結果、親ウィンドウのアドレス欄から、子ウィンドウのアドレス欄にjavascriptのコードを流し込むという荒技を使ってようやく解決。

なお、cheat sheet 作成にあたり、以下のページの情報を利用させていただきました。

Google Cheat Sheets (Version 1.05)
Gmailのキーボードショートカット一覧(Gmail2.0隠れキー含む)


ソースコードはGoogle code で管理してます。

cheatsheet - Google Code

2007年11月22日

ビバ!社内SNS!

以前からちょくちょく言及している社内SNSプロジェクトが、みごと社長賞をゲットしたので、そのお祝いの会に僕も招いてもらいました。

どんな感じだったのかは、「東京湾クルーズ (くりす流)」に書きました。

なんというか、数年前までならこんな交流はなかったよなぁとしみじみ思いましたね。

久しぶりの宴会だったので、ちょっとハッスルしすぎてしまった感があり、後で反省。

大体もうすぐ30だってのに、JOJO立ちとかやっちゃねぇ(リクエストされるがままに五反田立ちとかもやっちゃったし)。ああいう役回りはもっと若い子にやってもらわないと(とか書いておいて、結局やるんだけど)。

宴席で、今社内SNSプロジェクトのメンバーになっているパートナーさんが1名来られていて、「いつもブログ拝見してますよー」とか言われちゃいました。こんな毒にも薬にもならないようなブログを見ていただけてるなんて、幸せ者ですよ、僕は。

名刺をもらって、家に帰ってからブログを拝見したら、僕も観たことのあるブログでした。「あー、ここの人だったんだー」って。

ブログやSNSがリアルな人間関係にかなり影響するようになってますよ。

2次会の席でその方(名前書いても良いか聞くの忘れたので、とりあえずこんな書き方で)に、「JavaScript最高ですよー」とか言ったら、「Shibuya.JSに参加したら良いじゃないですか!」と、背中を押されちゃいました。次何かイベントがあるときは参加するようにしよう。そうしよう。

2007年11月21日

I'm Feeling Lucky

GoogleをGoogle たらしめているI'm Feeling Lucky ボタン。

意外とあのボタンの用途を知らない人多いんですよね。

それでも1%の人はあのボタンを活用しているようで。

「I'm Feeling Lucky」ボタンはGoogleにとって年間120億円の損失だってさ | IDEA*IDEA

年間120億円ってのは、僕らからすると凄い額ですが、2兆円企業ともなると120億円って額はそれほど大きな額じゃないのかもしれませんね。いや、それよりもI'm Feeling Lucky ボタンの存在意義の方が120億円よりも勝っているということなんでしょう。

どこかのインタビューで、Google Japan の村上社長が、「Google の目指すところは滞在時間0である」みたいなことをおっしゃっていましたが、それを実現するためにはあのボタンは必要不可欠なのかもしれません。

2007年11月20日

電子書籍リーダー「Amazon Kindle」ついにデビュー!

Amazon.com にて、電子書籍リーダー「Kindle」が発売されたそうです。

Japan.internet.com E-コマース - Amazon.com、待望の電子書籍リーダー『Kindle』を発売
祝Amazon Kindleデビューと日本での出荷プランと書籍の本質を考える:坂本多聞のインサイドアウト - CNET Japan

電子書籍って流行りそうで流行らなかった分野なんですが、amazon が本気で取り組んだらなんか成功しそうな気がします。

音楽の配信方法が、apple の iTune + iPod で劇的に変化したように、このKindle も同じような変革を書籍市場にもたらしてほしいなぁと。

日本での発売はまだ発表されていないようですが、その際は色んな出版社が参加して欲しいですね。

工人舎 SHシリーズ

工人舎 SHシリーズHDD100GB WinVistaHomePremium 白モデル SH6WP10A
工人舎
売り上げランキング: 50999
おすすめ度の平均: 4.0
4 サブ用途として限れば買い得な一台

大阪に行っているときに、ヨドバシで見たんですが、これかなり魅力的。

大きさ、価格、性能のバランスが良いです。

ドライブが別売りなんですが、基本メインのPCからデータを流し込めば良いわけで。

うちの奥さんに散々魅力をアピールしたんですが、「で、それいつ使うの?」と聞かれちゃいまして。

「いや、メインのPCが使われているときに・・・」「いつも使ってるやん」

「いや、通勤途中に・・・」「座れてるの?」「いえ・・・」

「帰省したときに・・・」「子供の世話しないつもり?」

てなぐあいで、当分買ってもらえそうになさそうです。

2007年11月18日

android の情報まとめwiki

Google が提唱する携帯電話プラットフォーム android の情報まとめページだそうです。

android情報まとめ @ ウィキ - トップページ

android と言えば、android 向けソフトウェア開発にかなり高額な賞金が設定されてました。

Java で作れて、SDKも配布されているので、挑戦してみようかなぁ。

おもしろそうだし、賞金も高額でわくわくするんだけれど、日本では実機で試すことができなさそうなので、ちょっと様子を見てたりします。

2007年11月17日

JavaScript の開発環境

みなさんはどんな環境でJavaScriptの開発されてるんでしょうか。

僕が家で趣味グラミングしている環境は、apache + Eclipse with JSEclipse + ブラウザです。

Eclipse のworkspace を apache のhtdoc に指定しているので、自分が書いたものを http://localhost で確認することができます。

ローカルのファイルを開いてもJavaScriptは動作するので、apache が動いている意味はあまりないかもしれませんが、気分的なものでしょうかね。

テキストエディタとかでゴリゴリ書くこともありますが、事前にしょーもない文法エラーとかを拾ってくれるJSEclipse はかなり重宝します。

GeekになるためにはEmacs とか使いこなせないといけないんでしょうが、つい使っちゃうんですよね、
Eclipse 。

2007年11月16日

iGoogle ガジェットコンテスト授賞式レポート

iGoogle ガジェットコンテストの授賞式に行って来ました。

受賞者は17:30からリハーサルとのことだったので、職場の人に無理言って早めに退社させてもらいました。

会場は渋谷のGoogle Japan 本社、セルリアンタワーです。


拡大地図を表示

↓ひときわ目立つ豪華なビルで、東急ホテルと一緒になってるんですね。

↓17:30で結構暗い感じ。もう冬ですね。

↓授賞式の会場はこんな感じ。普段は休憩室兼食堂だそうです。

↓軽食がちょっとお洒落な感じで並べてありました。(サランラップかかってますが;)

↓別角度から。なんかお洒落なんだけどアットホームな感じです。

食事の盛りつけとか、よく見たら普通に使うコップを台にしていたり、透明なガラス皿をひっくり返して使っていたりと、新しいモノを使わずに普段あるモノでしゃれた感じで演出してあって驚きました。

↓会場には数台のPCが設置されていて、今回の応募作品すべてが試せる状態になっていました。

↓Google オリジナルブレンドのコーヒー発見。飲んでみたかったなぁ。

式が始まったのは18:30過ぎ。Google Developer Day でも挨拶をされていたマグラスみづ紀さんの挨拶で始まりました。続いて、共同開催のR&Dの方が挨拶。ベーシックの1行プログラミングコンテスト以来の衝撃を受けたとか。

で、各賞の受賞。

一人ずつ壇上に呼ばれ、トロフィーや盾を受け取りました。

↓これはグランプリに輝いたQR Editを作られた方。まだ学生さんだそうです。恐れ入ります。

しばらくの歓談の後、グランプリ、準グランプリ、特別賞、インプレス賞の6名がそれぞれ自分のアプリを紹介して、Googleの人からコメントをもらうコーナーに。

僕は、ガジェットを作ったきっかけを、Google Developer Day でiGoogle を説明していたソフィアさんがかわいかったから、と説明したら、インプレス賞を取ったToshi Hayashi さんが後のコメントで同意してくれてました。

グランプリ、準グランプリ、もう一つの特別賞作品が結構まじめ系の使えるアプリだったのに対し、僕のはちょっと脱力系のアプリだったのですが、Google の方もその点は外さず認識していただいていたみたいで良かったです。あと、U.T.では「愛」とか特別な言葉で検索すると、特殊な文言を返すような仕様にしていたんですが、そこに気づいてくれていたのも嬉しかったですね。ちゃんと使ってくれたんだなぁ。

歓談の席では、他の受賞者の方とお話ができてかなり刺激になりました。次のガジェットのアイデアも固まったし、いつ作ろうかなとか思っています。


で、賞品なんですが、僕の特別賞はYouTube グッズ。

ニット帽に、腹巻き、トートバッグにUSBメモリでした。

インプレス賞のiPod touch はちょっとうらやましかったけど、YouTubeグッズもレアものだから嬉しかったです。


↓腹巻きを早速息子に着せてみました。結構ご満悦です。

↓グッズ全体はこんな感じ。

↓USBメモリが、メタルな感じで意外とカッコイイです。

↓こんな風になります。


授賞式の模様はYouTubeとかにアップされるみたいなので、興味のある方はそちらも見てみてください。

2007年11月15日

JavaScript 勉強会 その2

JavaScript勉強会 (でぃべろっぱーず・さいど)の続き。

今回は、DOMとかAjax とかライブラリとか。

↓資料はこちら。

http://docs.google.com/Doc?id=ajhh7vcqfw52_117hjvjpz

見た目派手にするつもりが、結構たんたんと進めてしまいました。

やっぱりこの内容を質問とかの時間込みで1時間に圧縮するのは難しいなぁ。

第1回、第2回と資料を作りながら、僕自身知らなかったことを色々と身につけられました。

勉強会開催は人のためならず、ですね。

2007年11月14日

続・JavaScript で ActionScript っぽく onEnterFrame を実装してみた

昨日の続き。

作ったサンプルがあまりにもしょぼかったので、今度はもっとFlash っぽいものを作ってみました。

onEnterFrame のサンプル その2

画面左端の黒いエリアにマウスを持っていくと、にょきにょきっと伸びます。

縦にマウスを動かすとそれっぽく見えます。

動作の振る舞いを onEnterFrame に書いて、frame オブジェクトに突っ込むだけなので、Flash でアニメーションを書いたことがある人なら結構直感的に分かってもらえるんじゃないかなぁと。

onmouseover とか onmouseout をわざわざ onRollOver 、onRollOut にしてるのは ActionScript っぽさを出すためです。

Flash で言うところの、_root オブジェクトを作って、もっと階層的にアニメーションを動かしたり、ライブラリに登録したMovieClip を load したりとかしてみようかとも思ったんですが、ちょっと煩雑すぎかなぁ。

2007年11月13日

JavaScript で ActionScript っぽく onEnterFrame を実装してみた

Flash を作る際、ActionScript でタイムラインであるフレームを管理するonEnterFrame というプロパティがあります。

MovieClip クラスのonEnterFrame に関数を代入すると、フレーム毎にそれを実行してくれるので、アニメーションの表現がやりやすいわけです。

JavaScript も ActionScript も同じECMAScript の実装なわけで、じゃあ JavaScript で onEnterFrame を実現したらどうなるなるかなぁと。

で、↓こんな感じで作ってみました。

動作サンプルはこちら

エラーチェックとかちゃんとしていないので、実用的なコードではありませんが、僕がやりたいことはつかんでいただけるかと。

ただ、この方法だと、Frame クラスが管理するオブジェクトが増えれば増えるほど、動作がもっさりするのは目に見えてますね。

というか、ここまでするならFlashでええやんって話かな。

2007年11月12日

JavaScript勉強会

職場でJavaScriptの勉強会を開催しました。

JavaScript初心者のために開催したんだけど、なんかうまくまとまらなかったなぁ。

せっかくだからもっとデモをやればよかった。

一応、資料を公開しておきます。

http://docs.google.com/Doc?id=ajhh7vcqfw52_11488vf3q

口頭で補足した部分が結構あるので、これだけ見てもつまんないかも。

JavaScriptでこんなことできますよーって意味で、冒頭にmeltdown.js とか2ndlifeさんのタイポグラフィとか見せてみたんだけど、思ったほど反応なかったなぁ。みんなこういうのに興味ないんだろうか。

次回は今週木曜日を予定していて、内容はDOMとかAjaxとかライブラリとか。

今日に比べると見た目が派手になるので、もう少し食いつきも違うかなぁ。

見せ方をどうしようか・・・。

2007年11月11日

instanceof の戻り値

来週、職場でJavaScriptの勉強会を開くことになって、資料を作っていたんですが、その中でへぇと思ったことがあったのでメモ。

instanceof で何のインスタンスかが分かるんですが、

var a = 1;
alert(typeof a); // number
alert(a instanceof Number); // false
a = new Number(1);
alert(typeof a); // object
alert(a instanceof Number); // true
a = a + '';
alert(typeof a); // string
alert(a instanceof String); // false
a = new String('1');
alert(typeof a); // object
alert(a instanceof String); // true
a = true;
alert(typeof a); // boolean
alert(a instanceof Boolean); // false
a = new Boolean('true');
alert(typeof a); // object
alert(a instanceof Boolean); // true

てなかんじで、new したやつはちゃんとオブジェクトのインスタンスとして認識されるんですね。

でもって、関数は、

function a(){}
alert(typeof a); // function
alert(a instanceof Function); // true
var b = new Function();
alert(typeof b); // function
alert(b instanceof Function); // true
var c = function(){}
alert(typeof c); // function
alert(c instanceof Function); // true

どう宣言しても、ちゃんとtypeofは関数型で関数オブジェクトのインスタンスということになるんですと。

2007年11月 9日

iGoogle ガジェットコンテストの結果が特別賞に

会社から帰ってきたら、iGoogle ガジェットコンテスト運営事務局からメールが来ていました。

なんでも、特別賞を2つにすることになったらしく、入賞作品の中から僕の作品が選ばれたのだとか。

入賞作品の中からより独創的で技術的にも高度なものとして、U.T.を選ばせていただきました。

素直に嬉しいんですけど、ちょっと不安が。

これ、ガジェットである一方で、mash up アプリなんですよね。

文字を音声に変換するところは外部のサービスを使っているわけで。その辺のところを授賞式で聞いてみようと思います。

2007年11月 8日

Google Docs でアジェンダ作成

最近、職場の体制が変わったので、定期的にチームメンバの状態を確認するMTGを開こうということになりました。

で、アジェンダを作ろうかということになり、ためしにGoogle Docs で作ってみることに。

フォーマットはなきに等しく、会議名、日時、出席者が書いてあるだけ。

参加者は自分の名前の下に、仕事やプライベート、悩み事を自由な感じで書いてみました。

で、MTGのときにダラダラしゃべっても仕方ないので、1人7分程度に時間をしぼって、自分が挙げたトピックの中からいくつか補足してもらうことに。

フォーマットを自由にしたので、なんかミニブログっぽい感じになって、見て楽しいアジェンダになりました。

MTGのときはそれをプロジェクタでスクリーンに映して、赤字で議事録を書き込んでいきました。

なんかお互いがどんなことを考えているのかが分かって良い感じ。

フォーマットをかちっと決めるのも重要かもしれませんが、人の状態を見る、という目的ならこういうゆるーい感じの報告もたまには良いのかもしれません。

2007年11月 7日

iGoogle ガジェットコンテストで入賞しました!

iGoogle ガジェットコンテストで入賞しました!

iGoogleガジェットコンテスト|受賞作品決定! 審査結果の発表

受賞したのは、mash up award 3rd (MA3)にも出品していた「U.T. (Unique Translator) --- 英和・和英辞書サイト」です。

発表が10月下旬となっていたのに、なかなか発表がなかったので、やきもきしていました(毎日サイトをチェックしてましたよ・・・)。

特別賞には、MA3 で受賞していたstart command さんの名前が。この開発者の方には、マッシュアップ・カフェでお会いしたことがあって、熱くstart commandのサービスを語る姿が印象深かったです。おめでとうございます!

授賞式&パーティーが来週あるらしいので、これも楽しみ。

レポート書きたいと思います。

==2007.11.8 6:20 追記==
他にも入賞された方がブログに書かれていたのでリンクをはっておきます。
マッシュな日々 ≫ Blog Archive ≫ iGoogleガジェットコンテスト入賞!
2007-11-08 - 雑記・オブ・チョイチョイ

2007年11月 6日

Object.prototype をどうしようか・・・

rosy.js の中で、ヘルプメッセージをObjectの形で管理しようとしていて、出力するときはfor 文で回して一発だ!とか思ってたら、Object.prototype を拡張しているページだとヘルプメッセージにそれらの関数が表示されちゃってがっかり。

まあ、そうだよね。

ということで、その部分の実装を変更しようと考え中。

今は、

helpmessage : { "commands":{ "#list":"show input command list" ,"#help":"show help messages" ,"#img":"show img file list" }, "key operation":{ "up / down key":"show input command log" ,"left / right key":"easy input for rlog.d() / rlog.d('') (if input line is empty)" } }

こんな感じで持ってるんだけど、↓こんな風にした方が良いんだよね、きっと。

helpmessage : [ { "category":"commands" ,"child":[{"command":"#list","exp":"show input command list"} ,{"command":"#help","exp":"show help messages"} ,{"command":"#img","exp":"show img file list"}] }, { "category":"key operation" ,"child":[{"key":"up / down key","exp":"show input command log"} ,{"key":"left / right key","exp":"easy input for rlog.d() / rlog.d('') (if input line is empty)"}] } }]

うーん。なんかもっと良い方法ないかなぁ。

2007年11月 5日

AIR MAX Japan 2007

僕的には AIR MAX って言ったらこういうやつなんですけどね。わざとかけてあるのかな。

AIRが変える日本のネットサービス--Adobe MAX Japan 2007:ニュース - CNET Japan

サイバーエージェントが現在AIRベースで開発を進めているのが、「voq photo AIR」。このツールは、デスクトップで写真を整理するためのアプリケーションで、デスク上に写真を広げ、実際に写真を並べたり重ねたりするように直感的に操作できるのが特徴だ。

AIR じゃなくて、こういうインタフェースの奴、前にいくつか紹介されてましたね。

デジタルになって、整然と一覧で見ることが出来るようになったのに、わざわざ「雑然」と「ざっくり」と整理できるようなアナログチックなインタフェースが流行だすってなんかおもしろ。


一方、ヤフーは現在、Flex 2による日本独自のウェブメールサービスを開発している。

WebメールがFlashになるのかー。

ヤフーメールがもはやスパムの温床にしかなってないからなぁ。Gmail 様々な今では、ヤフメがFlashになったところで乗り換える気は毛頭ないんだけど、どうなんだろ。やっぱり3ペインのデスクトップアプリ的なインタフェースを目指すところに限界を感じてしまうなぁ。


楽天は、開発中の楽天市場用デスクトップアプリケーションを披露した。AIRをベースにしたこのツールはデスクトップに常駐し、楽天市場で検索した商品の中からお気に入りのものをウィンドウ内にドラッグ&ドロップで登録することが可能となる。


こういうのは面白いんだけど、○○専用ブラウザって時点で、OSにインストールするデスクトップアプリとしてはちょっと限界がある気がする。

かっこよく整理されたインタフェースで、Amazon や楽天とかが見ることができるようになったら、いよいよAIR 、いやWebサービスの本領発揮なんじゃないかなぁ。

一応アプリのイメージは頭の中にあって、Amazonで検索していて、この商品に似たものが楽天市場でないかなと、ワンクリック(或いはマウスジェスチャー)すると、画面がシュイってなって、シュッと楽天の検索結果が出てきて、それでいてさっきのAmazonの画面は半透明になって背景にとけ込んでいる、みたいな。作ってみろよって話ですね、はい、すみません。

2007年11月 4日

rosy.js 0.3.0 リリース

rosy.js の 0.3.0 をリリースしました。

rosy - Google Code

0.2.0からの大きな変更点は、コマンド入力ラインを設けたところです。

そのコマンドラインからページに対してjavascriptを実行できます。グローバル変数/関数の作成もできるので、IEでデバッグする際は結構便利かと。

bookmarklet も作っているので、色んなページにログコンソールとコマンド入力ラインを表示することが出来ます。

Rosy logging bookmarklet

ブックマークレットには、安定版を呼び出すものとSVNから最新版を呼び出すものの2種類があるので、お好きな方をご利用ください。

また、コマンド入力ラインに独自のコマンドを実装しました。

#help と入力するとその内容を確認することができます。

例えば、#img でページないのimg タグのsrc 属性を一覧で表示したり、#clear でコンソールをクリアしたりします。

あと、↓↑キーで、過去に入力したコマンドを呼び出したり、←→キーで、ログ出力のrlog.d() を簡易入力できたりします。

start rosy log window (0.3.0)

↑上記リンクをクリックすると、このページ内にログウィンドウを出現させるので、是非おためしください。

2007年11月 3日

The Future of JavaScript 行きたかったなぁ。

最近、超 Love JavaScript な僕としては、是非とも参加したかったイベント。

The Future of JavaScript -presented by Mozilla & Shibuya.JS-

行きたかったんだけど、知ったのが当日だったので、当然定員いっぱいで締め切られてました。

id:amachangのブログに ustream.tv で中継すると書いてあったので、家に帰ってみてみたら、もう最後の質問タイムのところでした。残念。

The Future of JavaScript メモ - てっく煮ブログ」のレポートで大体の内容はつかめましたが、やっぱりこういうのは会場で生の雰囲気を味わいたいですね。

2007年11月 2日

"社内"を捨てOSSへ

Seaserの比嘉さんが情報処理推進機構(IPA)のイベント「IPAフォーラム2007」の中で行った「開発を夢のある仕事にするには」という講演の内容。

上司に認めてもらえないエンジニアは“社内”を捨てOSSで行こう - ZDNet Japan

自分で開発したアプリケーションサーバがネットで動いているのを見た感動した同氏は、会社の中でフレームワークを開発するようになり、会社の中で使ってもらうようにしている。しかし、開発したフレームワークに対する社内からの「反応がなかった。みんな意見は持っていたとは思うが、正面切って“こうした方がいい、こういう機能があればいい”と言われることがなかった」と寂しいものだったようだ。

ひがさんと比べるのは恐縮ですが、この気持ち、超分かります。

"社内"を捨てると言っても、会社を辞めるわけではないというところがポイントかな。

会社の仕事をちゃんとした上で、そういう対外的な活動をすることで、会社にとっても自分にとってもメリットがある形が一番良い気がします。


「エンジニアが自分の活動を認めてもらうには、社内に閉じこもっていては意味がない。社外で自分の存在価値を認めてもらうと、会社の中で働くことにも、“助け”となる」


まさしく、これですね。


まあ、この話、逆から見ると、社内の優秀な技術者の優秀な技術を社外へ出さず、自分の会社で囲い込みたいのであれば、その技術者が納得するだけの待遇を用意しろってことで。

2007年11月 1日

業界の重鎮が語るIT業界不人気の理由

IT業界不人気の理由は? 現役学生が語るそのネガティブイメージ - @IT

IT業界の重鎮とは、自身ではメインフレーム開発しか行ったことがないというNTTデータ 取締役相談役で、情報サービス産業協会 会長の浜口友一氏と、TISの代表取締役社長 岡本晋氏だ。加えてIPA理事長の藤原武平太氏が答えた。


さりげに自分の会社の社長がいたりする。

学生達の意見は辛辣で、「トヨタ自動車やソニーのようなユーザー企業と違い、IT(の導入)しか行っていないNTTデータのような会社が一番謎」とか、「(情報を発信するテクノロジなのに)IT業界が何をしているのか分からないのは問題」とか。


ネガティブイメージを突きつけられた浜口氏は、「必ずしも全員が3Kではない」と反論。

この反論がちょっと笑える。

「必ずしも~でない」ってことは、3Kの人も結構な割合でいるってことでは・・・。

岡本氏も「3Kの“帰れない”は、帰りたくない人が帰れないだけ。スケジュール管理の問題だ。私は40年間近くIT業界で仕事しているが、何が一番幸せかというと退屈している暇がないことだ。技術が進歩するにつれわれわれの仕事も複雑化してくるが、一生懸命追いかけていくだけでも退屈しない。いい仕事を選んだと思う」と自らの仕事を振り返りつつ、学生に反論した。

これは近年まれに見る酷い発言だと思う。↓はてぶでも結構やり玉に挙げられてたし。

はてなブックマーク - IT業界不人気の理由は? 現役学生が語るそのネガティブイメージ - @IT

帰りたくない人が帰れない「だけ」って・・・。

あと、「技術が進歩するにつれわれわれの仕事も複雑化してくる」ってところも疑問。本当にそうですか? 本当に追いかけてますか?


「工程ごとにいろんな呼称があるが、ITコーディネータやITアーキテクトなど、具体的に何をやっているのかさっぱり分からない。横文字だけが並ぶ」と、ITスキル標準をプロモートする重鎮を前に指摘した。

僕も分からん!

いや、分からないことはないけど、そういう呼称があるってだけで、仕事がその通りに分けられるわけでもないし。


だが、学生たちは、コミュニケーション能力とは具体的にどういうことかと首をかしげる。学生の1人は「コミュニケーション能力の重要性は、就職活動をしているとどこの業種でもいわれること。だが、例えば、ドキュメント化能力のようにIT業界に限って必要な能力とは具体的に何か」と質問した。

SI業界でなく、IT業界であるならば、パソコンが好きなことなんじゃないかと思う。たまに、パソコンは仕事でしか使わない人とかいるけど、そう言う人はこの業界向いてないんじゃないかなぁと密かに思っていたりします。といっても、そう言う人が活躍する場面ももちろんあるんだけど。


Webサイトの記事ってことで、会場の雰囲気ややりとりの細かいニュアンスとか色々抜け落ちているんだろうから、あまりこの記事をもって、IT業界の重鎮達がこんなことを考えてるんだと決めつけない方が良いのかなと。(ここに書いてある発言が嘘でしたと言って欲しいという、願いも込めて)