« rosy.js 0.3.0 リリース | メイン | Object.prototype をどうしようか・・・ »

AIR MAX Japan 2007

僕的には AIR MAX って言ったらこういうやつなんですけどね。わざとかけてあるのかな。

AIRが変える日本のネットサービス--Adobe MAX Japan 2007:ニュース - CNET Japan

サイバーエージェントが現在AIRベースで開発を進めているのが、「voq photo AIR」。このツールは、デスクトップで写真を整理するためのアプリケーションで、デスク上に写真を広げ、実際に写真を並べたり重ねたりするように直感的に操作できるのが特徴だ。

AIR じゃなくて、こういうインタフェースの奴、前にいくつか紹介されてましたね。

デジタルになって、整然と一覧で見ることが出来るようになったのに、わざわざ「雑然」と「ざっくり」と整理できるようなアナログチックなインタフェースが流行だすってなんかおもしろ。


一方、ヤフーは現在、Flex 2による日本独自のウェブメールサービスを開発している。

WebメールがFlashになるのかー。

ヤフーメールがもはやスパムの温床にしかなってないからなぁ。Gmail 様々な今では、ヤフメがFlashになったところで乗り換える気は毛頭ないんだけど、どうなんだろ。やっぱり3ペインのデスクトップアプリ的なインタフェースを目指すところに限界を感じてしまうなぁ。


楽天は、開発中の楽天市場用デスクトップアプリケーションを披露した。AIRをベースにしたこのツールはデスクトップに常駐し、楽天市場で検索した商品の中からお気に入りのものをウィンドウ内にドラッグ&ドロップで登録することが可能となる。


こういうのは面白いんだけど、○○専用ブラウザって時点で、OSにインストールするデスクトップアプリとしてはちょっと限界がある気がする。

かっこよく整理されたインタフェースで、Amazon や楽天とかが見ることができるようになったら、いよいよAIR 、いやWebサービスの本領発揮なんじゃないかなぁ。

一応アプリのイメージは頭の中にあって、Amazonで検索していて、この商品に似たものが楽天市場でないかなと、ワンクリック(或いはマウスジェスチャー)すると、画面がシュイってなって、シュッと楽天の検索結果が出てきて、それでいてさっきのAmazonの画面は半透明になって背景にとけ込んでいる、みたいな。作ってみろよって話ですね、はい、すみません。