« JavaScript 勉強会 その2 | メイン | JavaScript の開発環境 »

iGoogle ガジェットコンテスト授賞式レポート

iGoogle ガジェットコンテストの授賞式に行って来ました。

受賞者は17:30からリハーサルとのことだったので、職場の人に無理言って早めに退社させてもらいました。

会場は渋谷のGoogle Japan 本社、セルリアンタワーです。


拡大地図を表示

↓ひときわ目立つ豪華なビルで、東急ホテルと一緒になってるんですね。

↓17:30で結構暗い感じ。もう冬ですね。

↓授賞式の会場はこんな感じ。普段は休憩室兼食堂だそうです。

↓軽食がちょっとお洒落な感じで並べてありました。(サランラップかかってますが;)

↓別角度から。なんかお洒落なんだけどアットホームな感じです。

食事の盛りつけとか、よく見たら普通に使うコップを台にしていたり、透明なガラス皿をひっくり返して使っていたりと、新しいモノを使わずに普段あるモノでしゃれた感じで演出してあって驚きました。

↓会場には数台のPCが設置されていて、今回の応募作品すべてが試せる状態になっていました。

↓Google オリジナルブレンドのコーヒー発見。飲んでみたかったなぁ。

式が始まったのは18:30過ぎ。Google Developer Day でも挨拶をされていたマグラスみづ紀さんの挨拶で始まりました。続いて、共同開催のR&Dの方が挨拶。ベーシックの1行プログラミングコンテスト以来の衝撃を受けたとか。

で、各賞の受賞。

一人ずつ壇上に呼ばれ、トロフィーや盾を受け取りました。

↓これはグランプリに輝いたQR Editを作られた方。まだ学生さんだそうです。恐れ入ります。

しばらくの歓談の後、グランプリ、準グランプリ、特別賞、インプレス賞の6名がそれぞれ自分のアプリを紹介して、Googleの人からコメントをもらうコーナーに。

僕は、ガジェットを作ったきっかけを、Google Developer Day でiGoogle を説明していたソフィアさんがかわいかったから、と説明したら、インプレス賞を取ったToshi Hayashi さんが後のコメントで同意してくれてました。

グランプリ、準グランプリ、もう一つの特別賞作品が結構まじめ系の使えるアプリだったのに対し、僕のはちょっと脱力系のアプリだったのですが、Google の方もその点は外さず認識していただいていたみたいで良かったです。あと、U.T.では「愛」とか特別な言葉で検索すると、特殊な文言を返すような仕様にしていたんですが、そこに気づいてくれていたのも嬉しかったですね。ちゃんと使ってくれたんだなぁ。

歓談の席では、他の受賞者の方とお話ができてかなり刺激になりました。次のガジェットのアイデアも固まったし、いつ作ろうかなとか思っています。


で、賞品なんですが、僕の特別賞はYouTube グッズ。

ニット帽に、腹巻き、トートバッグにUSBメモリでした。

インプレス賞のiPod touch はちょっとうらやましかったけど、YouTubeグッズもレアものだから嬉しかったです。


↓腹巻きを早速息子に着せてみました。結構ご満悦です。

↓グッズ全体はこんな感じ。

↓USBメモリが、メタルな感じで意外とカッコイイです。

↓こんな風になります。


授賞式の模様はYouTubeとかにアップされるみたいなので、興味のある方はそちらも見てみてください。