« rosy.js ログウィンドウを色んなページに表示させるBookmarklet | メイン | "社内"を捨てOSSへ »

業界の重鎮が語るIT業界不人気の理由

IT業界不人気の理由は? 現役学生が語るそのネガティブイメージ - @IT

IT業界の重鎮とは、自身ではメインフレーム開発しか行ったことがないというNTTデータ 取締役相談役で、情報サービス産業協会 会長の浜口友一氏と、TISの代表取締役社長 岡本晋氏だ。加えてIPA理事長の藤原武平太氏が答えた。


さりげに自分の会社の社長がいたりする。

学生達の意見は辛辣で、「トヨタ自動車やソニーのようなユーザー企業と違い、IT(の導入)しか行っていないNTTデータのような会社が一番謎」とか、「(情報を発信するテクノロジなのに)IT業界が何をしているのか分からないのは問題」とか。


ネガティブイメージを突きつけられた浜口氏は、「必ずしも全員が3Kではない」と反論。

この反論がちょっと笑える。

「必ずしも~でない」ってことは、3Kの人も結構な割合でいるってことでは・・・。

岡本氏も「3Kの“帰れない”は、帰りたくない人が帰れないだけ。スケジュール管理の問題だ。私は40年間近くIT業界で仕事しているが、何が一番幸せかというと退屈している暇がないことだ。技術が進歩するにつれわれわれの仕事も複雑化してくるが、一生懸命追いかけていくだけでも退屈しない。いい仕事を選んだと思う」と自らの仕事を振り返りつつ、学生に反論した。

これは近年まれに見る酷い発言だと思う。↓はてぶでも結構やり玉に挙げられてたし。

はてなブックマーク - IT業界不人気の理由は? 現役学生が語るそのネガティブイメージ - @IT

帰りたくない人が帰れない「だけ」って・・・。

あと、「技術が進歩するにつれわれわれの仕事も複雑化してくる」ってところも疑問。本当にそうですか? 本当に追いかけてますか?


「工程ごとにいろんな呼称があるが、ITコーディネータやITアーキテクトなど、具体的に何をやっているのかさっぱり分からない。横文字だけが並ぶ」と、ITスキル標準をプロモートする重鎮を前に指摘した。

僕も分からん!

いや、分からないことはないけど、そういう呼称があるってだけで、仕事がその通りに分けられるわけでもないし。


だが、学生たちは、コミュニケーション能力とは具体的にどういうことかと首をかしげる。学生の1人は「コミュニケーション能力の重要性は、就職活動をしているとどこの業種でもいわれること。だが、例えば、ドキュメント化能力のようにIT業界に限って必要な能力とは具体的に何か」と質問した。

SI業界でなく、IT業界であるならば、パソコンが好きなことなんじゃないかと思う。たまに、パソコンは仕事でしか使わない人とかいるけど、そう言う人はこの業界向いてないんじゃないかなぁと密かに思っていたりします。といっても、そう言う人が活躍する場面ももちろんあるんだけど。


Webサイトの記事ってことで、会場の雰囲気ややりとりの細かいニュアンスとか色々抜け落ちているんだろうから、あまりこの記事をもって、IT業界の重鎮達がこんなことを考えてるんだと決めつけない方が良いのかなと。(ここに書いてある発言が嘘でしたと言って欲しいという、願いも込めて)