« jQuery1.2.2 Release | メイン | iGoogle Theme API »

Apache Wicket

↓このエントリ読んでWicket 使いたくなっちゃいましたよ。

ウェブ・アプリケーションの革命がここにある - Apache Wicketユーザーグループを始めます - 矢野勉のはてな日記

そういやJavaのフレームワークって、がっつり使ったことあるのstrutsくらいだもんなぁ。

Tapestryは、2年くらい前にSNS作って(友達登録くらいまでしかできなかったけど)それっきりだし、Seaser2 もやりたいやりたいと思ってちゃんと触ってないし。

その発想の根底にあるのは、デザインとプログラムのほぼ完全な分離と、「JavaプログラマはJavaで書くのが一番楽なんだ」という考え方です。WicketはHTMLはHTMLのまま、HTMLエディタで編集できる形式のままテンプレートとして使用します。Wicketは各種設定をすべてJavaソース内で行います。Wicketはウェブ・ページをステートフルにし、デスクトップアプリケーションを作るときのように、普通にインスタンス変数を使えるようにします*1。Ajaxによる画面のコンポーネント更新を、JavaScriptではなくJavaソースから行うことが出来ます。

そうだよねー。やっぱ言語は1つの方が作りやすいよねー。

そういう意味では、サーバサイドJavaScriptにも興味があります。

Wicketおもしろそうなんだけど、Javaアプリは、作ったアプリを簡単に公開できない(スクリプト言語に比べて)という点でちょっと二の足を踏んじゃうんだよなぁ。

安くでJavaのアプリをホスティングしてくれるサーバはないものか。

自前サーバ立てちゃうか? それはそれで結構な決心が必要なんだよね。