« Google Maps API for Flash Release! | メイン | Google Developer Day サポーター »

これぞまさしく大規模開発 in SIer

会社の先輩がブログで書いていたのが、SIerでの大規模開発をうまく例えていておもしろかったです。

2008-05-16 - 岡村日記「今からエベレスト登れ。期間は1ヶ月」

大規模システム開発について、最近思うことを寓話として。

「今からエベレスト上れ。期間は1か月」
上司からそういう指令を受けてあなたは今、ボンベイの港に降り立った。
(現実にはありえないだろうけど)エベレストが遥か彼方遠くに見えているものとする。
「おまえがパイオニアだ。道は自分で切り開け」 そんなふうに激励されて、日本を出発してきた。

そうそう。いつだって「パイオニア」とか「先駆者」とか、そういう言葉で調子よく勢いづかされる。

どうにかこうにか麓まで着いたとする。
(それまでに思いがけず時間がかかってしまったため、
1か月という目標は投げ出され、2か月先だったり1年後になっていたりする)

最初に提示された期間はいったい何だったんだ。延ばすことができるなら、もっと早く判断して欲しかった。なんて思っちゃうんですよね。

段々分かりかけてくるが、「じゃあその無線を使うためのバッテリーって?」
「え?こんなに大きいの?1人で俺運べるの?」ってことになる。
装備一式運ぶのにどれだけ現地の人を雇えばいいのだろう?
悩んでも仕方ないからエイヤで決める。3人。

でた、必殺の「エイヤ」。僕は「エイヤ」で、というか感覚で決めちゃうんですが、Excelとかで細かく表作って、何百行にも渡って細かい機能を積み上げて、緻密に見積もるのがSIerのお仕事。そういう作業が苦手な僕は、この時点でSIer失格ですか。そうですか。

「よくこんな状態で登ろうとしたな」と陰でこっそり言われる。
足手まといになるだろうから、彼らはあなたに「ついてこい」とは言わない。
「中断して、計画を見直しなさい」というのが最終的な意見となる。
しかしあなたはここまで来た以上引き下がれない。
上司に意見を求めても、同じこと。

はしご外されちゃうんですよね。分かります。先仁も後にも行けない状態というか。責任の所在がふわふわしたまま、胃が痛くなる日々。

何か本質的な部分で、あなたが人として期待するものは得られない。

あるある。

毎年のように上積みされていく売上目標の成長度に、現場の生産性や成熟度が追いつかないんですよね。

売上目標、利益目標を達成するために、「大物」プロジェクトばかりを物色してねらい打つようになる上層部と、現場との温度差は広がるばかりですなぁ。

今週のイブニングに掲載されていた「ヤング 島耕作」では、トップの目標ややり方に異論を唱えた地方のとある部長が、会長や社長の目にとまって、「あいつは会社のことを考えてる」なんていって本社に抜擢されるんだけど、このシーンに漫画・ドラマとしてのカタルシスがあるってこと自体、実際はこんなことありえないってことを証明してるんだよねー。

コメント (1)

オケムラ:

サンキュー。
今作は会心の出来です。