« Google Readerにnote機能追加! | メイン | Think ITでGoogleガジェットの連載:第1回「Googleガジェット導入編」 »

カンブリア宮殿 - 宅配野菜の大地

久しぶりにカンブリア宮殿を観ました。今回は有機野菜を宅配している大地の特集。

「安全なものは高くても売れる」

「安くても、安全でない物は、消費者が離れて行く」

SI業界も、そういう風潮になってくれないかなぁ。

結構バグが多くても「システムにバグはつきもの」っていう言葉で、なんとなく片付けられている気がする。まあ、責任はそれなりにとらされるんだけど。

あの会社が作るシステムはバグが多いから、発注するのはやめておこう、という流れにはあまりならない気がする。

やはり金額重視なんだよなー。

提案書とかに、「このシステムを作るチームのこれまでのシステム開発の実績」とか書いて、そこに発生したバグの数とか、顧客の品質に対する満足度のコメントとか添えれば良いのに。言っても「うちの会社はユニットテストしてるので品質確保してます」ぐらいだもんなぁ。実際に提案している人がユニットテストがどんなのか知らない場合が結構あるけどね。