« 明日はいよいよGoogle Developer Day 2008 Japan !!! | メイン | Google Developer Day 2008 (写真編) »

Google Developer Day 2008 レポート(速報版)

Google Developer Dayの会場に着きました。まとめは後でしますが、速報版としてリアルタイムに更新・追記していきます。

↓こっちでもつぶやきます。

http://twitter.com/chris4403

ちなみにこれは、サポータールームから書き込んでます。眺めが良いです。

基調講演

基調講演の前には昨年から1年間のAPIのリリースのダイジェストムービーが流れてました。改めて見ると、すごい量。昨年はリリースの年だったんですね。

GDD08の開催の挨拶はGoogle Japanの村上社長。

自社ポロシャツに綿パンで登壇するあたりがさすがGoogle。(褒め言葉です)

挨拶の後、駆け足でおりていく姿も素敵。

続いて、及川さんからのプレゼン。

去年はここで、GearsとかMappletとかのサプライズがあったんですが、今日は、OpenSocial / Android / Google App Engine のまとめ的な発表でした。

Googleが何を目指してこれらのAPIを提供しているのかの総括。

AndroidとGoogle App Engineについては、それぞれ別のエンジニアの方がデモをしていたのですが、Androidのデモはすごかった。

Mapを表示して、そこからGoogle Street Viewを表示。で、携帯の筐体を移動させると、その角度/方角を取得して、Street Viewの映像が動きます。これはかなりおもしろいアプリが作れそう。

コンテンツさえそろえば、○年前の今の地点からの風景とかを表示したりできるんじゃないかなぁ。夢が膨らむデモでした。

Google Maps API for Flashのデモは、GDDサポータであるあんどうさんのフライトシミュレータを、自作のオリジナルデバイスで操作するというのだったのですが、マップが表示されずデモは午後のセッションの中でということになりました。本番でのデモには悪魔が棲んでますね。

その他の内容は、また別途まとめエントリで書きます。

お昼ご飯

サポータには控え室を用意していただいていて、お弁当を食べながら他のサポータ達と意見交換しながらこのエントリを書いてます。

Google Data API

午後最初のセッションは、Google Data APIのセッション。

Google Apps やGoogle Calendar 等のアプリで蓄積されたデータを、APIを使ってCRUDできますというサービス内容の紹介でした。

使ったことがない人向けの内容ということで、それほど深くつっこんだ内容ではありませんでした。

要は、「こんなに便利で簡単だから、みんな使ってね」という内容。

確かに、他のAPIに比べてビジュアル的な要素がないAPIなので、目立たないんでしょうね。

ただ、普通に便利なAPIだと思うので、日本での開発者コミュニティのサポートで、もっともっと盛り上がっていくんじゃないでしょうか。

OpenSocial コードラボセッション

今からOpenSocialのコードラボセッションです。

最初に簡単な解説があって、作りたいもののブレストでいくつかリストアップ。挙げられた作りたいものの中から、自分の作りたい物に近いイメージの人たちが集まって、ハッカソンしました。

僕は、友人にタグ付けしたり、メッセージを送信したりするガジェットを作るチームに。3名チームでしたが、僕を含め全員がOpenSocial一夜漬けということもあり、結構基本的なところでつまづきを繰り返してしまいました。

が、最終的に、「hoge」タグをつけるガジェットまでこぎつけました。

なんとか形になって良かった。

その後、チーム毎に作った物の発表会。カバラ占いや、ビデオチャット、フィードリーダ、位置情報や足跡アプリなどなど。すごいなぁ。

というわけで、今から懇親会っぽいやつです。